Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 福袋演芸場第94回、”春風亭一之輔卒業公演「一之輔被害者の会」” | トップページ | 久々にどっと来ている »

2012/05/07

「焼き」牛丼などというものを食べてみる

 ここ最近、夕食は牛丼屋で済ませることが増えてしまった。
 何と言っても他に比べて、安くあげられるというのが大きい。ご飯にサラダを付けて、500円でお釣りが来るというのはなかなかない。会社の近所のカレー屋のチェーンだと、サラダをつけると500円オーバーだからなぁ。まあ、ミニサイズにすると何とか収まるけど、牛丼屋だと、ミニサイズにすれば400円でお釣りが来る。
 ここ最近は松屋に行くことが多いが、いつも松屋では正直言って食傷気味になる。たまにはどこか変わったところで、と思ったら、「東京チカラめし」というところで、焼き牛丼と言うのを売っているというので、会社の帰りに寄ってみた。
 普通牛丼というと、牛肉の薄切りとタマネギを煮込んだものがご飯の上にかかっているが、こちらは焼いた牛肉をご飯の上に敷き詰めてある。しかも具は肉だけで、肉の厚めに切ってあるので、ボリュームから言うと、同じ並を頼んだとしても焼き牛丼のほうが威圧感がある(写真撮っていなくてすみませんm(_ _;)m)。
 出てくるまでの時間は、焼き牛丼のほうが長め。というのも「普通の」牛丼は予め具の方は大量に仕込んでおけるから、ご飯よそって具をかけて出来上がりだが、こちらは注文を受けてから肉を焼くので、その分だけ時間がかかってしまうという次第。で、焼いた肉だから、いきなり頬張ったら、
 「あぢ~っ!!」
となるかなぁ、と思っていたが、そんなことはなかった。ちょっと拍子抜けである。
 で、肉が熱くなかったせいか、ボリューム感は感じたけど、満足感は…という感じだったなぁ…
 丼一面に敷き詰められた肉をハフハフ言いながら食べたかったよぉ。

 ポチッとよろしく!

 ブログランキングならblogram

 にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

« 福袋演芸場第94回、”春風亭一之輔卒業公演「一之輔被害者の会」” | トップページ | 久々にどっと来ている »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23054/54658446

この記事へのトラックバック一覧です: 「焼き」牛丼などというものを食べてみる:

« 福袋演芸場第94回、”春風亭一之輔卒業公演「一之輔被害者の会」” | トップページ | 久々にどっと来ている »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

無料ブログはココログ