Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« radikoガジェット Adobe AIR2.0.3に対応 | トップページ | 熱中症か冷房病か »

2010/08/29

メモリが不足しています、って…

 MS-Windowsにはかつては2つの系列があった。
 一つはコンシューマ向けのMS-Windows 1.0からMS-Windows Meにつながる、MS-DOSの延長線という感じのもの。もう一つはビジネス用途のMS-Windows NTの系列。MS-Windows XPからは、コンシューマ向けもMS-Windows NT系のカーネルに一本化されて、安定度は増したはずだった。
 さて、2月に新しく買ったPC OSはMS-Windows 7 Home Premiumである。 MS-Windows 7だから、カーネルはNT系のもののはず。
 にもかかわらず、1日くらい連続で使っていると、メモリ不足を訴えてくる。その前使っていたPCのOSはMS-Windows 2000 Professionalでメモリは1GBしか積んでいなかったが、数日連続で稼働させてもこのようなことはなかった。
 今使っているPCはメモリを4GB積んでいる。そのうち、1GBはグラフィックに取られているが、それでも3GBはメインメモリに割り当ててある。これはMS-Windows 7の32bit版で使用可能な最大領域である。それを割り当てているにもかかわらず、メモリ不足を訴えるってどういうことだろう? もしかして、コンシューマ向けだからメモリ管理が甘いのだろうか?
 だとしたら、カーネルをNTベースにした理由ってなんだろうな。最大で扱えるメモリの量を増やすためだったのかな? がっくりかも。

 blogram投票ボタン

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« radikoガジェット Adobe AIR2.0.3に対応 | トップページ | 熱中症か冷房病か »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 kenjiさん、こんばんは。
 確かにWindows系のOSは安定度に難があるのは認めます。
 でも、昔OSがWindows2000 ProfessionalのPCを1月に1度しか再起動させなかったけど、それでも何とかなっていました。負荷が少なかったからかもしれないけど。
 Windows7はWindows2000と同系のカーネルだけど、その割には安定性がどうも、という気がするんですよ。
Vistaよりはましだとは聞いていたんだけどなぁ…

こんにちは。

うーん・・・。windows系のOSを一日以上連続稼働させるというのが、そもそもリスキーな行為じゃないかなあ?と私などは思いますが。実質24時間連続稼働させていても、一日一度はリブートさせろ、と聞いたことがあります。windowsというのは、そういうOSなのだと私などは認識しています。善し悪しはともかく。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモリが不足しています、って…:

« radikoガジェット Adobe AIR2.0.3に対応 | トップページ | 熱中症か冷房病か »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ