Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 03月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | Thinkpad R500がやってきた »

2010/03/08

山手線の7号車と10号車の話

 6月から、山手線の駅にホームドア(と言っても、天井まであるわけではなく、腰くらいまでの高さなので、「可動式ホーム柵」とか「ホームゲート」と言ったほうがいいらしい)が導入される。まずは目黒駅と恵比寿駅に先行導入し、全駅設置は2017年度になるらしいけど。
 その絡みで、今山手線電車の7号車と10号車に組み込まれている6ドア車は4ドア車に差し替えになる。これは、
田端~田町間で方向別複々線となっている京浜東北線の電車、E233系1000番台に合わせてのこと。209系は6号車が6ドアだったけど、E233系1000番台では、ラッシュ時の混雑率も最近は下がってきたことと、座席数を増やし着席機会を増やす、ということで、4ドアのみになったから。

 さて、ここで問題になるのは、実はドア配置。実は、同じ4ドア車でありながら、E231系やE233系は先頭車と中間車で、ドアの配置が若干ずれている。
 E231系の場合は、
 先頭車:0-D-6-D-7-D-7-D-3または3-D-7-D-7-D-6-D-0(Dは客用ドア、数字は片側の座席定員。以下同じ)
 中間車:3-D-7-D-7-D-7-D-3
 E233系1000番台の場合は
 先頭車:0-D-5-D-7-D-7-D-3または3-D-7-D-7-D-5-D-0
 中間車:3-D-7-D-7-D-7-D-3
となる。
 さらに山手線は11両編成、京浜東北線は10両編成なので、線路の定期保守のために京浜東北線の電車が方向別複々線区間で、山手線の線路を走る場合、単純に考えると10号車はホームドアとドアの位置が合わない。
 ということで、10号車は京浜東北線の先頭車に合わせて、中間車だけど、11号車側より、4-D-5-D-7-D-7-D-3というドア配置になるそうだ。番台もサハ231形4600番台となるみたい。ちなみに7号車はサハ231形600番台かな?
 実は帰りに乗った電車が7号車、10号車を4ドア車に差し替えた編成だったんだけど、いつもは6ドアの所が4ドアになっているのにはいささか面食らった。まあ、これは慣れだろうけど…
 では、今まで7号車と10号車に組み込まれていた6ドア車(サハ230形500番台)は、というと、廃車にするとの事。まだ10年も使っていないと言うのに…
 埼京線のサハ205置き換え用(これで、埼京線のサハはみんな6ドアに)と言うわけには行かないか…
 編成美が乱れるしなぁ…

 ↓ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
 

 

 

« 03月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | Thinkpad R500がやってきた »

乗り物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山手線の7号車と10号車の話:

« 03月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | Thinkpad R500がやってきた »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ