Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の34件の記事

2007/03/31

きのうぴょんたろが(BlogPet)

きのうぴょんたろが、アサダは賀で公演したいなぁ。
ただ入船まで新作するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2007/03/30

オススメブログ(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたのオススメの面白いブログを教えてください。」
 柳家小袁治師匠のBlog、日刊マックニュースが目下のお勧めです。
 毎日、よくネタがあるもんだなぁ、と感心しながら読んでいます。ちなみに、同業の人も結構目を通しているとか。
 うらやましい…
 

2007/03/28

落語「通」検定2級認定証が来た

Rakgo22_1
  YAHOO!インターネット検定の中の一つ、落語「通」検定2級の認定証が届いた。
 落語「通」検定には、難しい順に1級、2級、3級とあって、2級以上で合格すると、認定証がもらえる。1級の認定証があると、2007年8月30日までの間は、落語協会会員の興行では、寄席の入場料が割引になる、というおまけつき。もっとも、特別興行は対象外となり、その他の割引特典との併用も出来ないけど。

 こうなったら、1級めざしてがんばってやろうじゃないの。もっとも、1級は50分で50問解かないといけないし、受験料は3,000円(ちなみに2級は2,000円、3級は500円)とちょっと張るんだよなぁ… 一発で通ればいいんだけど、通るかなぁ?
 

顔文字使ってます?(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたが気に入っている顔文字と使い方を教えてください。」
気に入っている顔文字は…

 (^^ゞ:柄にもないことを言ってしまったとき。
 (^_^;):その場の雰囲気を和らげるため。
 
 よく使うのはこのあたりかも。
 今はこういうのもIMEの標準辞書に入っているんですよね。
 今はなきWXシリーズはサポートステーションSAISWXからこの手のユーザ辞書がDLできたし、WX-Gには標準でついてきましたっけ、擬似倍角辞書とともに。。
今のMS-IMEにも顔文字は入っているけど、WX-Gに比べると、少ないような気がするのは気のせい?

2007/03/27

4月からの黒門亭

 週末に落語協会の2階和室を使って行われる落語会の黒門亭、土曜日の運営が変わるとか。

 ①土曜の昼席、夜席通し券が1日10枚限定に。

 ここ最近は満員札止になることが多く、せっかく来たのに入れない、とクレームが殺到したのが原因だろう。小生も一度札止を食らったことがあるが、この日来た客の中に、しきりに食い下がっていた人がいたのを見たことがある。
 昼間に通し券が40枚(黒門亭の定員)売れてしまうと、夜の部から見に来ようとした人が来たのに入れなくなる、というのが問題になったのかもしれない。それに、通し券だと昼、夜それぞれ買うと2,000円(かわら版割引とシニア割引なら1,600円)のところが、1,500円となるので、通し券が売れすぎると、売り上げが伸びない、というのもあるのかもしれない。
 そんなせこい理由ではなく、少しでも多くの人に見てもらいたいから、と言うのが理由だろうけどね。

 ②土曜夜席の始まりが17:30からに。
 
 一応、昼の部、夜の部は2時間ずつというのに変わりはない。ただし、ここ最近は通しで2時間ではなく、途中に中入りを入れるようになったし、演目によっては、時間が延びてしまったりで、昼席の終演と夜席の開場がかぶったりすることもままある。
 入れ替わりでごたごたするのを避けるためにこのようにしたのだろう。
 

 ここ最近はぎりぎりに行くと札止を食らうくらい、人出が多いからなぁ…
 これもご時勢かな?

 

 

さくらの日(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「お花見はしましたか?まだの人は、どんなお花見をしますか?」
花見にはまだ行っていません。

 で、どういう花見をしたいのかと言うと、小生はサクラではなく、カタクリを見たい。
 ところが、カタクリの花は咲いている場所が限られる上に、晴れている日の日中でないと花が咲いているところが見られないから、よほど条件がよくないと見ることが出来ません。
 この間の土日は天気がよくなくて見ることが出来ませんでした。今度の土日も天気はあまりよくはなさそう。4月の7,8日にかけるしかないかな?

 変わり者だなって? 花見より、墓見に行くよりはいいでしょ…

 #わかるかな、この意味。

2007/03/26

地元自慢対決(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの地元はどんなところですか?地元自慢をしてください。」
小生の地元は、「北の田園調布」の別名を持つところです。もっとわかりやすく言うと、線路に入った女性を助けようとして、命を落としたおまわりさんのいた交番のあるところです。
 いいところと言えば、緑豊かなお屋敷が多いところでしょう。
 その反面、商店街が発達していないのが難点かな?
 駅の南側はそうでもないけど、北側でそれが顕著なんだよなぁ…

2007/03/25

新作台本作品集-第1回落語協会噺の息吹-@池袋演芸場

 三遊亭玉々丈:無学者

 三遊亭亜郎  :

 三遊亭丈二  :

 桂才賀     :

 笑組      :漫才

 入船亭扇治  :夏の縁側

 三遊亭円丈  :

 -仲入り-

 柳家小ゑん  :カレー会議

 三遊亭金馬  :カッパホソ

 アサダ二世  :奇術

 古今亭志ん五;娘さんをください

 池袋演芸場2007年3月下席は、落語協会で募集している新作落語台本の中で優秀な作品を集めての口演。
 初めて聞く噺ばかりだったので、ネタ出しされているもの以外は、何が何だかわからないというものが多かった。
 それはいいとしても、客種は今回はあまりよくなかったような。仲入りの後は、口演中に大声で話しているばーさまがいて、小ゑん師匠は非常にやりにくそうだった。そのばーさまの方を何度かにらんでいたっけなぁ…
 そのばーさま、金馬師匠の公演が終わるまで、でかい声で私語を続けて、周りの顰蹙を買っていた。しまいには、「場内放送で口演中に私語は慎んでください」とまで、言われる始末。ただ、その放送は、金馬師匠の口演後、そのばーさまがいなくなってから流されたので、意味はどれほどあったのかはわからなかかったけど。

 昨日のトリは金馬師匠。もしかしたら、昨日はもっとひどかったのだろうか?
 
 
 

 

マイブーム(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの中で今ブームになっているものはありますか?それはどんなものですか?」
落語です。
 子供の頃はけっこう演芸番組をテレビやラジオでやっていたので(その頃から今まで続いているのってテレビでは「笑点」くらいですね。ラジオだとTBSラジオ系の「ラジオ寄席」、NHKの「上方演芸会」くらいかな? 「真打ち競演」はどうだったろう)、よく見たり聞いたりしていました。

 暫く、雌伏期にあったものの、うつ病でダウンした時に木久蔵師匠の本を手にする機会があったこと、また、落語立川流破門後、今は名古屋を根城にしている雷門獅篭の落語会にちょくちょく行ったことから、やけぼっくいに火がつくように盛り返してきましたね。
 今も暇を見つけては、寄席ないし落語会には足を運んでいます。

 このおかげで、「あっちの岸」に行かずに済んだのですから、ありがたいことです。わーっと盛り上がらなくてもいいから、長続きして欲しいですね。

2007/03/24

空模様が恨めしくて…

 天気予報で、今週末は天気がよくない。それも、土曜よりも日曜が、と聞いていた。土曜日は、雲が多いけどまあ何とか日が差さないでもないらしいが、日曜日は完璧にだめだと。

 ということで、今日清水山までカタクリの花を行って来るつもりだったが、午前中こそ日が差したものの、午後からは曇り。カタクリの花は晴れた日の日中でないと開かない、と聞いているので、今週は断念した。
 当初の予定では、その後黒門亭夜の部に行く予定だったが、これもキャンセル。ほとんど家に引きこもっていた。インスタントコーヒーの安売り(TストアとSストアで100g298円)をやっていたので、それを買いに行ったのと、タバコを買いに行くくらいしか外には出なかった気がする。
 明日は池袋演芸場に行くつもりだったけど、今日に回して、明日を休息にしたほうがよかったかな? 

ほんとうは(BlogPet)

ほんとうは、ごまめは

昨日東京でもソメイヨシノが開花したということで、東京でもぼつぼつカタクリの花が咲く頃(カタクリとソメイヨシノは大体開花時期が重なる)だろうと思って、行って見たが まだぽつぽつと咲いているくらいだった。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2007/03/23

東京都内乗合バス・ルートあんないNo.14(その2)

Tkbus14 昨日の記事で書いた、東京都内乗合バス・ルートあんないNo.14を会社の帰りに入手してきたので、そのレポートである。

 No.14はNo.13までと大幅にデザインや使い勝手が変わってきた。サイズがA5変型判になったことは既に触れたが、それ以外にもいろいろそれまでとは変わったところが多い。

 まず、ページ数の増加に伴って、それまでのペラをまとめたものと言う感じから、きちんとした冊子形態に変わったこと。今までの形態だと、ともするとばらばらになりやすい感じだったものが、しっかり手に持って見ることができるようになり、扱いやすさは向上したと思う。

 また、それまでターミナル単位でページを分けていたのを、「かながわのバスマップ」のように地域別に分けるようになった。さらに、それまではただ路線図だけだったのを、全体を63のメッシュ白地図に区分し、そこに路線図を重ねるようにしたため、この地域にはこの路線が走っている、ということがわかりやすくなった。また、この施設のもよりのバス停はどこである、ということもつかみやすくなった。もっとも、地図がごちゃごちゃしないように、番地等は省略されているけれども、どの道路に路線があるかがわかるだけでも、わかりやすくなっただろう。そもそも、この地図はバスの路線図であって、市街地図ではないから、市街地図のように所番地まであまり詳しく載せてしまうと、虻蜂取らずとなりかねない。

 系統一覧表がついたことも、従来とは違う。これは、白地図に路線図を載せた関係上、多くの路線の集まる地域ではごちゃごちゃしてわかりにくい、と言う点を補うためだろう。せっかく系統一覧があっても、どこの事業者が走らせているかわからなければ意味はない、と思われるかもしれないが、メッシュ白地図のほうで起終点には事業者と系統番号が掲載されているから、それを見ることでそこは何とかなると思う。「かながわのバスマップ」では、起終点に系統番号はあっても、どの事業者までかは載っていない。もっとも、事業者ごとに色分けはしているが。

 もっとも、それまでは気にならなかったが、今回は気になったのが、主なターミナルを発着するバスの運転間隔の表記が簡素化されたこと、それも、困ったことに、平日日中20分に1本間隔と平日日中20分間隔以上の区別がつけにくいことだ。前者は薄い黄色、後者は白なのだが、黄色が薄すぎて判別しにくい。
 深夜急行バス、深夜中距離バスも、起終点と主要経由地のみとなってしまったのも残念である。さらに島嶼部の路線も掲載されなくなった点も。

 ともあれ、2年おきにきちっと出してくれるところは、東京バス協会の律儀なところ。No.15はどのようになるだろうか?

 

眠気解消法(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「暖かくてつい眠くなりますが、あなたの眠気解消法はなんですか?」
春眠暁を覚えず、どころか年がら年中眠たがっています。
 眠気を覚ます方法と言えば、タバコとコーラかな?
 昔はコーヒーでもよかったのですが、今は体が慣れてしまってこれくらいでは効きません。強力エスタロンモカでもだめです。

 一番確実なのは、眠くなったら寝る、でしょうけど、なかなかそうは行きません。難儀なもんです。

2007/03/22

東京都内乗り合いバス・ルートあんないNo.14発行

 都内を走る路線バスのPASMO対応状況を調べていたところ、小田急バスのホームページ、「東京都内乗合バス・ルートあんないNo.14」が3/20に発売された、との記事を見つけた。No.13が2005年に発売されたので、例年のように2年ぶりのことである。価格は1,260円。No.13の税込み1,000円から上がったが、その代わり厚みはNo.13の110ページから、248ページと倍以上に厚くなった。
 サイズは、No.12、13で使われたA4判では大きすぎる(No.12はB6変型判もあった)と言う声があったのか、A5変型判になっている。No.13は正直に言って持ち歩くにはちと大きすぎる感があったので、この辺は歓迎したい。でも、今度は厚くてかさばると文句が出るかな?
 詳しくは入手できたら、続報を入れよう。

2007/03/21

福袋、そして清水山

  3月21日、春分の日、旗日(はたび)である。 ということは、池袋演芸場で旗日限定の二ツ目の落語会「福袋演芸場」がある(福袋演芸場のある日は旗日だが、旗日には必ず「福袋演芸場」がある、と言うわけではない)。そう思ったら、休日だと言うのに、いつもと同じくらいの時間に目が覚めてしまったので、池袋演芸場へ。

 前回(2月12日)は、今日から真打に昇進する人の「卒業公演」ということで、立ち見も出るくらいの入りだったが、今日はそれに比べれば、人は少ない。とはいえ、座席はほぼ埋まったと言う感じである。

 福袋演芸場(第53回)「春らんまん 福袋」

 浮世床   :柳家ろべえ

 片棒     :春風亭朝也

 小田原相撲:桂笑生

 -仲入り-

 千早ぶる- :三遊亭天どん

 花見の仇討:古今亭志ん公


 情けないことに仲入り前はかなり寝ていた…(..;) 決して、つまらなかったわけでも、デキが悪かったと言うわけでもない。いつもより早めに起きてしまったので、寝足りなかっただけである。でも、小生の前に座っていたおっさんみたいに、ず~っと寝っぱなし。寝たいなら、家で寝りゃいいのに、って、小生も他人のことは言えた義理ではないか…(^^ゞ

 その代わり、仲入り後は気持ちを入れ替えてしっかり聴いたつもり。天どんの「千早ぶる-」、かの古典の「千早振る」をそのままやるのか、と思わせておいて、単なる古典の改作どころか、全く別のストーリーにしてしまったのには驚いた。千早振るではなくて、「千早ぶる-」となっているのには、言われるまで気が付かなかった。


 福袋演芸場がはねた後は、練馬区の清水山憩いの森へ行く。
 昨日東京でもソメイヨシノが開花したということで、清水山でもぼつぼつカタクリの花が咲く頃(カタクリとソメイヨシノは大体開花時期が重なる)だろうと思って、行って見たが まだぽつぽつと咲いているくらいだった。花芽をつけている株はそこそこあったけど。もう少し待たないと花が咲きそろわないかもしれない。見に来た人の中には芦ヶ久保の群生地に咲くカタクリはもっと花が大きいとか言っていたな。時間があれば一度見てこよう。

 3月18日から、首都圏民鉄やバスでもPASMOというICカードシステムが稼動し、Suicaとの相互利用が可能になった。PASSNET、Suicaと両方持つ意味はなくなったので、小生はSuicaに一本化することに。
 ついでだから、定期も一本化してしまうことにしよう。これで、定期券、Suica、PASSNETとばらばらに持っていたのが1枚で済む。
 あと、バス共通カードも、といいたいところだが、バスの場合、全線一斉に使える事業者が、都営バス(ただし、コミュニティ路線である江東01系統は除外)、川崎市営バス(快速「ミューザ」は除外)に限られるため、当面は移行はできそうにない。さらに、残高管理も結構面倒になりそうなので、もうしばらくは磁気共通カードを使うこととしよう。おそらく、完全に移行できるまでは後数年はかかりそうだけど……
 

2007/03/20

桜の花が咲いたとな……

 全国のトップを切って、東京でソメイヨシノが咲いたそうな。
 当初の予想よりは遅れたけど、平年よりはこれでも早いらしい。
 ソメイヨシノが咲く、というと、そろそろ清水山いこいの森とか野山北公園あたりのカタクリも咲き始める頃だ。
 明日は、福袋演芸場の後に、せめて清水山の様子でも見に行こうかな?

2007/03/18

バースデイプレゼント♡@黒門亭

 三遊亭たん丈:八九升

 鈴々舎わか馬:お血脈

 春風亭栄枝  :都々逸坊扇歌

 -仲入り-

 三遊亭金八 :くしゃみ講釈

 古今亭菊之丞:稲荷俥

 実は今日は小生の誕生日。それを意識していたわけではないだろうけど、ひいきにしているわか馬さんが、これまた好きな噺のお血脈をやってくれたのには感激。
 また、稲荷俥、都々逸坊扇歌といった、あまり耳にしない噺も聴くことができてラッキーでした。
 

2007/03/17

新作派勢ぞろい@黒門亭

 春風亭正太郎:牛ほめ

 三遊亭ぬう生:口入屋

 夢月亭清麿 :お楽しみ

 -仲入り-

 三遊亭丈二 ;夢の酒

 川柳川柳   :ご存知(歌謡曲談義)


 今回は前座の正太郎を除けば、新作派の面々が登場。前回川柳師匠が出たときは、満員札止を食らったので、今日は開演1時間前には着くように行く。思ったより空いているなぁ、と思ったら、開演前にはもういっぱい。ほとんどが川柳師匠のファンだったようだ。
 その川柳師匠、ネタが「ご存知」となっていたので、「ガーコン」をやるもんだと思い込んでいたら、歌謡曲談義。やられた、というか、そりゃないよ、というか…
 
 そういや、2月25日に出演した時は、映画談義だったとか、知り合いに聞いたなぁ… ガーコンは寄席でさんざんやっているから、ここまで来て、それをやることもないだろう、ということなのかな? 

食パン(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの食パンの食べ方を教えてください。たとえば“耳だけ残す”とか。」
特別変わった食べ方はしないと思います。
 トーストにはすることもあり、そのまま食べることもあり。まあ、古くなってきたら、トーストすることが多いけど。
 でも、基本はそのまんまかぶりつくかな? ご飯と違って、それなりに下味もついているし……

奇数月なのでトリはきん歌は(BlogPet)

杢兵衛大尽を表現したかった
五右衛門が見得を切るところなどは「田辺凌鶴の講談を聴く会」
もあるそうだ
五右衛門が見得を切るところなどは、抱腹絶倒

 きん歌と鈴々
舎わか馬:
お見立て
のJazz喫茶、RedPepperでは新橋演芸場と称して毎週火曜日に落語会が開かれる
また、毎月第3月曜日は「田辺凌鶴の表現がよかったと思う」


 来月が、厩火事などをRedPepperしなかった
奇数月なのでトリはきん歌は、抱腹絶倒


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2007/03/16

悪い映画(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたが最悪だったと思う映画を3つ教えてください。」
「フィラデルフィア・エクスペリメント」
 
 ストーリーがありきたりすぎ。
 興行的には失敗したと聞いたけど、さもありなん、というできでした。
 正直言って、ただでも、いや金をもらってでも、もう一度見ようとは思いません。


 「赤ちゃんに乾杯」

 はっきり言って、ストーリーが虫がよすぎ。
 フランス映画なのに、アメリカ映画的なエンディングと言うのも許しがたし。
 監督のコリーヌ・セローって世の中なめてかかっているな、と言うことだけはわかったような気はしたけど。

 「さらば宇宙戦艦ヤマト」以後の「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ

 「さらば」と銘打った以上、その後はたとえファンが続編を望んでも、その続きは作らない、というのが、作者の良心なはず。
 「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」の封切りの広告を見たときは、裏切られたという感でいっぱいだった。「さらば」で終わりだと思っていたのに、さらに続編を突きつけられては、戸惑うしかないではないか。
 もちろん、「新たなる旅立ち」以降の「ヤマト」は見ていない。それだけ、許しがたかったからだ。
 今でもこのことは許す気が起きない。たとえ、日本と北朝鮮、アメリカとイランが国交を正常化しようと、このことは許すまい。

 で、小生はそのまま死んでいくだろう……

2007/03/15

為れるものなら、為れたなら……

 小生、なりたいものは透明人間でございます。

 とことん存在感のない存在になりたく思います。いるのかいないのかもわからないくらい。
 楽にもされず、苦にもされず、そうして、ひっそりと息絶えてしまいたい、それが小生のささやかな願いでございます。
 そうまればいいんですけどね……

2007/03/13

新火曜寄席きん歌・わか馬二人会@新橋Red Pepper

 三遊亭きん歌:厩火事

 鈴々舎わか馬:お血脈

 三遊亭きん歌:お見立て

 新橋のJazz喫茶、RedPepperでは新橋演芸場と称して毎週火曜日に落語会が開かれる。また、毎月第3月曜日は「田辺凌鶴の講談を聴く会」もあるそうだ。

 今日は第2火曜日なので、出演者は三遊亭きん歌と鈴々舎わか馬。奇数月なのでトリはきん歌。

 今月は先月と違って、15人くらいの入り。わか馬のお血脈がよかった。五右衛門が見得を切るところなどは、抱腹絶倒。
 きん歌は、杢兵衛大尽の表現がよかった「お見立て」の方がよかったと思う。

 来月がわか馬がトリ。何をやるのかな?
 

2007/03/12

タイムマシン(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「過去と未来、いけるとするとどちらに行きたいですか?また、行ったら何をしますか?」
未来は放っておいても行きますけど、過去はそうは行きませんよね。
 ゆえに行きたいのは過去です。
 行ったら何をするのかって?
 今に至るまでの生活のゆがみの矯正、とでも行っておこうかな?

2007/03/11

そばorうどん(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「日本の二大麺。そばとうどんならどちらが好きですか?。」
そばとうどん、実は両方とも好きです。
 
 でも、敢えて言えばうどんかなぁ?
 うどんは関西風のつゆでも関東風でもどちらでも大丈夫ですが、そばは関西風のつゆだと返しをケチったような感じがして、どうもだめだな……
 

IMA寄席(第206回)@光が丘IMAホール

 春風亭正太郎:牛ほめ

 いなせ家半七:うどん屋

 春風亭正朝  :替り目

 先月半ばに正朝師匠がアキレス腱を切って入院してしまい、どうなることやら、と思っていましたけど、何とかIMA寄席の前に退院できた、ということで、予定通り開催されました。
 正朝師匠は、松葉杖で高座に上がり、釈台に寄りかかっての口演。演題も奥様に心配をかけた(師匠がアキレス腱を切った翌々日がお嬢さんの結婚式の日だったそうで。式は教会でやるので、当然「『花嫁の父』の義務」はどうなる、痛む足をかばいつつやったそうです。その後で、医者に

 「歩いちゃだめだって言うのに、何で歩いたんですかっ!?」

と大目玉を食らったとか)から、と「替り目」を。

 今回の件で、相当堪えたようですね。

2007/03/10

が書きました(BlogPet)

きょうは、ごまめが天狗へ選択するはずだったみたい。


今日、ごまめが
携帯マスターもあったのだが、何を思ったか(値段が安かったからだろ?)、ソースネ着メロストの携快電話を購入した。

って言ってたけど…*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

倶楽部ぼたん第16回@駒込ソフィアザール

 林家ぼたん:転失気

 三升家勝菜:真田小僧

 -仲入り-

 三升家勝菜:二十四孝

 林家ぼたん:夢の酒

 今回のゲストは三升家勝菜。
 落語協会の二ツ目では最年長(ぼたんさんは「長老」と紹介していた)だけあって、落ち着いているけど、少々地味な感じだった。落語会に身を投じる前は、葬儀屋に勤めていたというのもあったのかな…
 

2007/03/07

E233系、常磐緩行線にも登場する

  JR東日本のプレスリリース

 東京メトロ千代田線に乗り入れているJR東日本常磐緩行線にもE233系が導入され、201系の地下鉄乗り入れ仕様版の203系、旧国鉄のVVVFインバータ試作車207系(JR西日本と違って、JR東日本の207系は試作編成1本のみしか在籍していない)を置き換えるとのことである。デビューは来年の夏頃だそうだ。

 E233系を名乗るだけあって、地上線仕様のE233系同様主要機器は二重化されているが、地下鉄乗り入れの制約上、地上線仕様のように裾はしぼらずにストレートとなり、また前面に非常脱出用のドア(JR東日本のプレスリリースでは「非常用前面貫通口」となっているが、前面中央ではなく進行方向右側に寄せて設けられるので、中間に先頭車が入った場合、通り抜けは出来ない)が設けられるのが外見上の違いとなる。簡単に言ってしまえば、東京メトロ東西線乗り入れ仕様のE231系800番台のE233系版という感じになろうか。

 ところで、気になるのは番台である。地下鉄乗り入れ仕様と言うことで、番台を分けるのは確実なところ。
 千代田線に最初に乗り入れたのが、103系1000番台、203系、207系(正確には試作車なので900番台)は、独自の型式を起こしたけど、それに続けて投入されたのが、209系1000番台。E231系の東西線乗り入れ仕様は1000番台が近郊形仕様に割り当てられたので、800番台になったけど、E233系はそういうこともなさそうなので、1000番台で落ち着くのかもしれない。

 ま、あとは来年までのお楽しみとするか…… 

2007/03/06

鐙の会@高円寺GALLERYノラや

  昨日3月5日(月)は、例によって鈴々舎わか馬の鐙の会へ。

  鈴々舎わか馬:天狗裁き長屋の花見

 今回は行くなり、せいこ(ノラやのおかみさん)さんに「予約間違っていれてたでしょ」と突っ込まれました。
 と言うのも、ノラやのWebサイトから予約をした時に鐙の会ではなく、三遊亭神楽、田辺一凛二人会の方に選択していたようで。結局、「こいつのことだから、鐙の会」と間違えたんだな、ということで済みましたが。

 噺の方は、花粉症の話から「天狗裁き」、そして、ソメイヨシノにはまだ早いけど、桜がぼつぼつ咲きだしたから、ということで、「長屋の花見」。あいも変わらずの滑稽噺で大いに笑ってきました。

 その帰りは、散々でした。コートを着ようとした時に眼鏡のレンズは割るは、山手線の外回りのダイヤが乱れまくって、埼京線のラッシュにもまれるは。
 先月、そてつ寄席に行かなかった報いでしょうか、文左衛門師匠……

2007/03/04

こみち効果かな?@黒門亭

 土曜日の黒門亭は、昼の部、夜の部とある。
 というわけで、久々に通しで聴いてみた。

 昼の部

 柳亭市丸  :子ほめ

 柳亭こみち :たらちね

 むかし家今松:風の神送り

 -仲入り-

 翁家さん馬 :薮入り

 柳家三三  :三味線栗毛

 夜の部

 柳家生ねん  :二人旅

 橘家二三蔵  :兵庫舟

 林家時蔵   :一分茶番

 古今亭菊千代:星野屋

 昼の部はこみちさん目当てで来た人が多かったのか、満員札止。そういや、ゲストがこみちさんだった先月の倶楽部ぼたんも、始まって以来の大入りだったとか。
 夜の部もトリが菊千代師匠(こちらも女性)だったのに、こちらはゆうゆう足を延ばせる程度の入り。
 こみち効果、恐るべし、という感じでした。

続きを読む "こみち効果かな?@黒門亭" »

2007/03/03

ソースネ着メロストの携快電話を購入した(BlogPet)

今日、ごまめが
携帯マスターもあったのだが、何を思ったか(値段が安かったからだろ?)、ソースネ着メロストの携快電話を購入した。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2007/03/02

着メロ(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの携帯の着メロ(着うた)はなんですか?」
個人的には着メロだの着うたというのは好きではありません。あれはもうナルシシズムの極致、と言ってもよいのではないでしょうか?

 だいだい、着信音って自分にだけわかればいいことでしょう? それを何が面白くて他人にまで聴かせるのでしょうか?

 そういうわけで、小生の場合、ケータイの着メロは工場出荷時のままです。さらにマナーモード設定としていますから、ブーンと言う本体の振動する音くらいしか、させてません。

 とはいうものの、メールのほうには一応着メロは設定しています。その曲の名はこともあろうに



  「やぎさんゆうびん」




 全く何考えているんだか…(~_~;)

2007/03/01

菊朗マンスリー最終回@お江戸両国亭

  古今亭菊朗:寄合酒

  柳家生ねん:狸の鯉

  古今亭菊朗:厩火事

  仲入り

  古今亭菊朗:文七元結

  3月21日からは真打に昇進して、名前も古今亭菊志んと改まるので、古今亭菊朗としての勉強会は今回が最後。最後は「文七元結」という人情噺で締めました。
 3月、4月は真打昇進襲名披露興行が続き、その後も真打昇進がらみの披露パーティーがしばらく続くので、個人の勉強会は夏くらいにならないとできないようです。

 とにかくお疲れ様でした。菊志ん「師匠」として、今後はどういう活動を始めるのか楽しみです。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ