Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の34件の記事

2007/02/28

おいしいおみやげ(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの知ってる各地のおいしいおみやげを教えてください。」
名古屋だったら坂角のえびせんべいと両口屋是清のどらやき。
 広島ならもみじまんじゅう。
 京都はそばぼーろ。
 松山なら母恵夢(ぽえむ)。

 お菓子ばかりじゃん…
 
 

2007/02/27

献立(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの好きなおかずはなんですか?」
卯の花ですね。
 夜一人で夕食を食べないとならないようなときは、必ずこれを買ってきます。
 でも、スーパーとかのパックだと量が物足りないなぁ…
 あれくらいの大きさのパックなら、3個ぐらいは平気で食べちゃいますね。

 血圧が心配になりそうだけど……

二ツ目勉強会@ 池袋演芸場

三遊亭歌彦 :浮世床

古今亭志ん八:粗忽長屋

古今亭志ん公:茶の湯

-仲入り-
林家ぼたん :明烏

春風亭朝也 :竹の水仙

開口一番は誰だったかは知らない。たぶん歌すみさんだったろうけど。
志ん八さんの出番の時になぜかめくりが「志ん公」となっていたのが御愛嬌。ま、「東京かわら版」も同じミスをやってたけれど…(^_^;)
トリだと思っていた歌彦さんがいきなりの出番とは思わなかった。
今日は「茶の湯」で小僧さんをかわいらしく演じた志ん公さんがよかった。
携帯電話からなので、今回はここまで、じゃ…

2007/02/26

今一番聞きたい曲(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの今の気分で聞きたい曲は何ですか?」
 山崎ハコの「気分をかえて」、あるいは中島みゆきの「幸福論」かな?
 
 後者はかなり後ろ向きかもしれないけど、でもそんな気分なんですよ、今は……

2007/02/25

隠れ肥満だったわたくし

 こういうタイトルだと、西原理恵子みたいだけど…

 妹が体脂肪計なるものを持ってきた。
 で、早速小生の体脂肪率を測ってみたら、24.8。BMI指数は22.6。隠れ肥満とのご託宣である。
 そういえば、腹が出てきたなぁ、とは思っていたが、こうやって数字に出されると、「……」である。
 そんなにドカ食いしている自覚はないんだけどねぇ……
 

今日の黒門亭

今日の黒門亭
満員札止でした。
残念…

2007/02/24

ケータイ編集ソフトを買う

 それまでケータイ編集ソフトを入れていたCASSIOPEIA FIVAがお亡くなりになってしまったので、ThinkPadにケータイ編集ソフトを入れることとした。
 えーと、家には確か携帯マスターを使っていたので、そのパッケージを探したが見つからない(←少しは部屋を整理しろよ)。携帯マスターの前に使っていたあのジャストシステムが出してい「た」(「る」でないのは、もうリリースされていないから。)、「ケータイ!Gobile2」ならすぐに見つかったのだが…

 結局、仮に見つかってもケーブルがそのままでは使えるかどうかわからん、という理由をつけて池袋までケータイ編集ソフトを買いに行く。携帯マスターもあったのだが、何を思ったか(値段が安かったからだろ?)、ソースネクスト携快電話を購入した。

 早速インストールしたのはいいんだが、インストール時の挙動がマニュアルどおりでなかったり(USBドライバーをインストールしたら、再起動がかかるはずがかからなかった)、オンラインアップデートに失敗したり(再インストールしても結果は変わらず)と散々セットアップには苦労させられた。
 さらに、困ったことには携快電話は小生の使用しているケータイ(DoCoMoのSH505iS)では、メールのバックアップは出来てもリストアは出来なかったのだ。

 そういえば、最初にケータイ電話編集ソフトを買った時(このときのケータイはD503iS。今は親父が使っている)、携快電話をはずした理由は、メールはバックアップできても、リストアできない、と言う点がネックになっていた。
 全然学習していないじゃん……

 ま、今のケータイは一度水没(爆)させて以後、調子があまりよろしくないので、いずれは買い換えないといけない、とは思っているのだが、良く考えたら、DoCoMoのmovaを使う限りは、メールはバックアップだけで、リストアはできないんだったなぁ……

 端末よりソフトを更改しなくてはだめだな……

ごまめが(BlogPet)

ごまめが
オープニングや中盤のパソコンである弾丸の摘出手術の間に流れる歌もこの映画の内容に厚みを持たせたと思います。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2007/02/23

パソコン(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの使っているパソコンはなんですか?」
今使っているのがIBM ThinkPad R31のカスタムバージョンです。市販されていたものだと、2656-48Jというものに相当するものだったと思います。
 これは購入した当時の仕事の関係で(部門内のPCのユーザーサポートが仕事だった)、Windows2000の教材と言う感じで買ったものでした。
 このほかにも、東芝のDynaBook2550XとかLibretto 100とかPanasonicのLet's NOTE(noteになる前。AL-N1T513というのが正式型番だったと思う。)とかカシオのCASSIOPEIA FIVA 206とかも使っていましたが、陳腐化したり、故障したりで今は使っていません。仮にそういうことがなかったとしても、今では顔を覆いたくなるほどのロースペックですけど。
 
 このPCでも、Windows Vistaはぎりぎりのスペックですから、OSのアップデートをしたところで、快適には使えそうにないんですよね。
 そろそろ新しいPCを、とも思うのですが、先立つものが……
 あ〜あ。
 

2007/02/22

クルマ(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの好きな自動車はなんですか?」
小生はスバリストなので、当然スバル車の中から選ぶこととなります。
 学生時代はレオーネツーリングワゴンが憧れの車でした。
 レガシィが登場して、ツーリングワゴンがレガシィに移ってからはレガシィツーリングワゴンのファンでした。
 でも、レガシィツーリングワゴンは今は3ナンバーに移行してしまったので、今はインプレッサスポーツワゴンが憧れの車です。こっちはまだ5ナンバーだし。

 本当は乗せられるくらいなら運転したい方なんだけど、諸事情があって、今はカタログとかインターネットのサイトを見て憂さを晴らしてます。

 ところで、ここで言う自動車とはどういう種類のものを言っているのでしょうね。たぶん自動車=乗用車であろうと解釈してこのような答えになりましたが、商用車も入れていいよ、となると、日産ディーゼル4Rシリーズとか、Uシリーズ、RAシリーズの富士重工ボディのバス、と言う回答になるんだけど……

GOLD RUSH@池袋演芸場

  三遊亭歌すみ:二人旅

  三遊亭金時 :不動坊

  三遊亭金也 :井戸の茶碗

  -仲入り-

  柳家小菊  :粋曲

  三遊亭金八 :猫の災難

 入りは3割~4割くらいだった。
 金時師匠の「不動坊」は面白かったけど、幽霊登場時に「ネトリ」(大太鼓をドロドロドロと叩いているところへ能管がひゅ~~と入る曲)が入ればもっとよかった。
 金也師匠の「井戸の茶碗」は侍の台詞が硬すぎるという感じ。もう少し柔らかくても侍の感じは出ると思う。
 金八師匠の「猫の災難」は正当な滑稽噺と言う感じと言う感じでよかった。
 この次はいつかな?

2007/02/20

映画(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「心に残った映画を教えてください」
本数に制限はなさそうですね。
 では…

 「エレジー」
 今はなきトルコの映画監督であり、アクション俳優でもあった、ユルマズ・ギュネイの作品です。
 彼の日本で公開された作品は、どちらかと言えば「社会派」が多く、お行儀良く鑑賞しなければいけないような感じのものが多いけれど、こちらはそういう要素も含みながらも、純粋にアクション映画としても楽しめる作品です。
 それから女性を弱いもの、抑圧されたものとしてとらえがちだったギュネイの映画の中では珍しく、ギュネイが演じる主人公を山賊と知りながら治療をする女医が珍しく大きな存在として描かれています。
 ちなみに、映画の随所で出てくる落石のシーンは、特撮やCGなどではなく、すべて本物の岩だったとか。撮影も命がけだったでしょうね。
 また、オープニングや中盤の山場である弾丸の摘出手術の間に流れる歌もこの映画の内容に厚みを持たせたと思います。この歌が何の歌なのかわからないのが残念ですが…

 「Uボート」
 魚雷で撃沈されたドイツの潜水艦のサバイバルシーンを従軍記者の視点で描いた映画です。
 これも音楽が効果的に使われています。
 ラストシーンが戦争の空しさ、愚かしさを良く伝えていると思います。

 「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
 パリの下町で小さな商店を営む初老のトルコ人とその向かいに住むユダヤ系の少年の心の交流を描いた作品です。
 トルコ人に関する偏見(トルコ人がアラビア文字を未だ使っているとか。実際には80年近く前に、アラビア文字からローマ字に正書法は切り替わっています。イブラヒムおじさんの年代でも、アラビア文字で読み書きをする習慣はなくなっています)が若干感じられるものの、ストーリーは素直なものです。
 ユダヤ系の少年と故郷に向かっていく珍道中は見物です。あと、少年の筆下ろしのシーンは爆笑物。シーンそのものは映らないけど……

 「サマリア」
 予告編を見て思いました。

 「儒教の国、韓国でこんな映画はあり?」

 その昔、背番号の入ったTシャツを着ているだけで、軽犯罪法に触れた、と言う国らしからぬ映画です。
 友達の援助交際を止められなかった少女が、彼女の死後、代わりに援助交際を始めると言う話。しかも、彼女の父親は刑事。
 ラストの父親に車の運転を習うシーンでは、父親に援助交際が発覚しそうになり……
 主人公を演じた女性が中森明菜に良く似ていました。
 まあ、こんな映画なので日本でも「R15」指定でした。

 邦画はないのかって?
 見そびれてしまったり、見たには見たけど印象が薄かったりで、こんなんなってしまいました。すみませんm(__)m。
 
 

2007/02/18

五六の會@江古田浅間湯コミュニティーホール

 リクエスト結果発表 

 柳家右太楼:釜泥

 柳家さん弥:大工調べ

 -仲入り-

 柳家さん弥:初天神

 柳家右太楼:湯屋番

 今回入場料と引き換えにいつものアンケートやチラシの他にもうひとつリクエスト用紙を。
 なんでも、二人とも一席は客席からのリクエストでやるとか。そのため、初めはリクエスト集計結果発表。仲入り後にリクエストの多かった噺をやるという趣向だそうで。
 さん弥さんの初天神は師匠のさん喬師とはうって変わったダイナミックな演技でした。右太楼さんの湯屋番はわりと手堅くまとめた感じだったかな。
 ちなみに、次回は1周年記念(だったかな?)だそうで、二人とも長講を一席ずつやるとか。
 楽しみですねぇ……

鈴本早朝寄席@ 鈴本演芸場

鈴々舎馬るこ:ちりとてちん

入船亭遊一 :悋気の独楽

柳家初花 :ツンデレラ

柳家喬之助 :錦の袈裟

馬るこさんの「ちりとてちん」はなぜかイラン人と中国人が登場。
初花さんの「ツンデレラ」は童話「シンデレラ」の改作。内容は聴いてのお楽しみ。
遊一さんと喬之助さんはごくオーソドックスに。
今日の一押しは「ツンデレラ」かな。新作落語にありがちなテンションの異様な高さは気になったけれど…

2007/02/17

光る二ツ目の会(16)@黒門亭

 三遊亭歌ぶと:子ほめ

 古今亭菊六 :幇間腹

 桂きん治   :短命

 -仲入り-

 入船亭遊一 :浮世床

 三遊亭きん歌:明烏

 寄席では普段切れ切れにしか聴けない「浮世床」今回はみっちり聴けたのが○。それにしても、遊一さん光る二ツ目の会に一度も出ていなかったとは今回はじめて知りました。
 きん歌さんの明烏はうぶな若旦那の表現が可愛かったです。
 客の入りはざっと数えて7割くらいだったと思いますが、この前遊一さんが出たときのように、若い女性がどーっかんと真ん中に陣取っていて、それ以外は隅っこで小さくなって…ということはなかったです。
 それでも、普段よりは若い女性は見かけたかな?
 

だよ♪(BlogPet)

広い標準や福々しいるいとか生まれたときこそ
レベルをダイエットすればよかった?
ごまめは50~60kg凸凹とかを退会しなかったよ
物心と倶楽部など気が付くと累痩(るいそう)
ダイエットと言う感じだった


 う~む、てんや倶楽部は退会しようかなぁ……
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2007/02/16

寒天の日(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「今日は寒天の日です。寒天はダイエットに効くとの噂がありましたが、あなたは試してみましたか?
ダイエット、というわけではないのですが、寒天麺と言うのを食べたことがあります。弟の勤務先である食品メーカーからお試しと言う形で送ってきた物です。
 味は悪くはないのですが、いかんせん量がないので、そんなに大食でもない小生でも物足りないなぁと言う気はしました。却ってドカ食いしてしまうのではないかという懸念は残ります。
 こんなのでダイエットして大丈夫なのかなぁ?

2007/02/14

Red Pepper新火曜寄席@新橋RedPepper

 鈴々舎わか馬:金明竹

 三遊亭きん歌:唖の釣

 鈴々舎わか馬:紋三郎稲荷

 客は10人いないくらいだったかな。なんでも、きん歌さんのファンが年4回の勉強会に顔を出したら、義理は果たした、とか言う感じで、来ないのが一因だとか。
 でも、金明竹がみっちり聴けた(前座さんがよくやるけど、たいていは旦那が出かけたところから始める事が多い)のは収穫だったなぁ……

2007/02/12

ダイエットと言う言葉は我が辞書になし

 物心付いて以来、そう思っていた。
 生まれたときこそ過熟児(出生時の体重が4000g以上だとこう言われる。ちなみに、小生は4200gだった)で、生まれて数ヶ月くらいまでは福々しかったようです。
 しかし、福々しい=健康と言うわけではなかったようで、気が付くと累痩(るいそう。やせすぎのこと)のレベルを行ったり来たり、と言うレベルにまで、やせこけていた。数年前までは、一時的には65kgにまで乗ったものの、大体は50~60kg台の間をうろちょろ、と言う感じだった。

 ところが今はこれが70kg凸凹と言う感じになっている。気が付かないうちに太っていたらしい。まだ、許容レベルの範囲内(67kgあたりが標準)にはあるものの、油断をしていたら、70kgの壁はやすやすと越えてしまうかもしれない。ダイエットと言う言葉に

 「あっしにゃ~かかわりえーのねーことでござんす」

と言っていられなくなったかも。

 う~む、てんや倶楽部は退会しようかなぁ……

今週末は落語ウィーク(3) 福袋演芸場@ 池袋演芸場

柳家喬之助:三人無筆

春風亭朝之助:寝床

古今亭菊朗:調合

五街道佐助:夢金

今回は3月に真打に昇進する人の卒業公演(出演できるのは二ツ目だけだから)。100人入れるかどうか169人入って立ち見も出る盛況でした。
後ろを見たらカメラもあったので、ビデオ録りもしたようです。インターネット落語会でそのうち流れるかも。

2007/02/11

R31メモリ増設

 今更ながら、ThinkPad R31のメモリを1Gに増設した。
 もともとこのPCはメモリを512MBで購入したものだった。メモリは1GBまで増設できるとのことだったので、512MBのメモリを買ってきて、「へへへこれでメイチ増設(1GB)」と思っていたら、なんと256MB×2で、512MB。仕方なく購入時のメモリ1つ512MBに差し替えて、しばらく768MBで使っていた。
 しかし、これで1GB化をあきらめたわけではない。いつかは1GBにしてやると思い、今日思い切って、残りの256MBのメモリを512MBに差し替えた次第。
 Windows Vistaでも入れるのですかって? Celeron 1.06GMz、メモリ1GBじゃあ、目いっぱいメモリを積んで、やっとVistaの要求するスペックを最低限満たす程度。とてもじゃあないけど、ストレスが溜まりそうで、やってられん。

 それにしてもなぁ、メモリを512MB増設するつもりが、メモリを総取替えする羽目になるとはなぁ……
 これなら、最初からメモリを1GBにして購入すればよかったなぁ……

今週末は落語ウィーク(2)

 今日は鈴本早朝寄席です。

 古今亭朝太  :壷算

 林家ぼたん  :辰巳の辻占

 柳家太助   :幇間腹

 鈴々舎わか馬:ねずみ

 今回は立ち見も出るような盛況だったそうです。よほど好きなのか、よほど家にいられない事情がある人が多かったのでしょうか? 小生ですか? そりゃもちろん……
 なお、今回行かれた人から聞いた話では、落語協会インターネット落語会の収録も兼ねていたそうで、それも人手の多さにつながったのかもしれません。
 いつ見ることができるのかな?

 

  

飲み物(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたはコーヒー派?紅茶派?」
コーヒー派です。
 紅茶も嫌ではないのですが、コーヒーと紅茶が並んでいたら、たぶんコーヒーを取ると思います。
 濃厚な味と香りが好きなんでしょうね、きっと……

2007/02/10

今週は落語ウィーク(3)あるいは今週末は落語ウィーク(1)

  今日は、午後から黒門亭昼席、池袋演芸場夜席と連荘。

 まずは、黒門亭昼席。

 春風亭正太郎:狸の札

 林家ぼたん  :万病円

 橘家竹蔵   :湯屋番
          寄席の踊りから「かっぽれ」

 -仲入り-

 柳家福治   :厩火事

 三遊亭若円歌:天災

 お目当てが誰かはわからないけど、かなりの入りでした。8割がた席が埋まったようです。
 竹蔵師匠の寄席の踊りの芸が細かかったです。「そこまでやるか?」という感じだったけど。 

 黒門亭がはねた後は池袋演芸場夜席へ。

 柳家小きち  :寿限無

 鈴々舎わか馬:あくび指南

 さん作改メ
 柳家さん若  :真田小僧

 ホームラン   :(漫才)

 橘家蔵之助  :お血脈

 林家時蔵   :無精床

 三増紋之助  :(曲独楽)

 柳家権太郎  :佐野山

 -仲入り-

 柳家喬之助 :色黒で大柄で芋を食べながら出てきた女郎さんが廊下の腐ったところに足を突っ込んで抜けなくなる噺なんですが、題名は知りません。

 柳家三三   :権助提灯

 林家正楽  :(紙切り)

 柳亭市馬  :御神酒徳利

 2/8に行ってきた人の話では、錚々たる出演者でも満席にならないのは、なぜ? との話だったけど、今日は楽日でかつ土曜日だったせいか、いっぱいの入り。
 蔵之助師匠は目をむいてお血脈を熱演し、権太郎師匠は佐野山にたらちねなど他の相撲取りの出てくる噺を練りこみ、最後は「相撲の八百長は今に始まったことじゃなかったんだ」でやんやの喝采。
 市馬師匠の御神酒徳利は鴻池の支配人を関西弁で演じる(ここまでやる人はあまり見たことがない)など、芸の細かさで本当に飽きずに済みました。

 さて、明日は鈴本早朝寄席。
 ぼたんさんとわか馬さんが出る以上は意地でも行かなくては……

でもごまめと泥も帰宅ー(BlogPet)

きのう、政談するつもりだった。
でも光が丘へごまめで身支度したかった。
が光が丘で転運転するはずだったみたい。
がぴょんたろは常識みたいな出演するつもりだった?
でもごまめと泥も帰宅ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

今週は落語ウィーク(2)

 今日は、駒込ソフィアザールでの倶楽部ぼたん。

 林家ぼたん:芋俵

 柳亭こみち:やかん

 -仲入り-

 柳亭こみち:紙屑屋

 林家ぼたん:三年目

 今回のゲストは初の女性。しかも、昨年の11月に二ツ目になったばかりの柳亭こみちさん。そのせいか始まって以来の入りで、20人くらいを想定していたところに30人も来たそうだ。ぼたんさんも、「今後は『ぼたん、こみち二人会』にしようか」とか思ったとか…

 やはり「三年目」のオチは「髪が伸びるまで…」だなぁ…
 これを「毛が伸びるまで…」とやる人もいるんだよなぁ…
 確かに髪の毛ともいうくらいだから、毛ではあるんだけど、ただ毛と言われてしまうと、別な毛の方をイメージしてしまうんだよね…
 ぼたんさんは、もちろんここを「髪が伸びるまで」とやったけど…
 

2007/02/08

トラックバックスパム、再び

 ここしばらくなりを潜めていたトラックバックスパムが今週当たりから、復活しだした。
 最初は、IP規制リスト追加後削除していたが、そのうち面倒になり、スパムを選択後「ニフティに追加して削除」をクリックすることで、済ませていた。
 これで安心と思って、「お知らせココログ」を見たら、今のところは情報収集の段階だとか…
 まだまだトラックバックスパムとの戦いは自衛に徹するしかなさそうだ。
 これらの結果はいつスパムフィルターに反映されるんだろうねぇ……
 

2007/02/07

動物について(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたが現実に飼ってみたい動物は何ですか?」
アルテミア・サリーナという小さな甲殻類。
 いわゆるシーモンキーですね。
 子供の頃ブームになりましたが、まだあるでしょうか?

今週は落語ウィーク(1)

 今週は1週間のうち4日は落語会に行く予定になっている。
 月曜日は高円寺GALLERYノラやでの鈴々舎わか馬の勉強会、「鐙の会」。
 火曜日は70回目を迎えた板橋落語会。
 金曜日は駒込ソフィアザールで倶楽部ぼたん。
 土曜日が黒門亭、出演者によっては池袋演芸場夜席にも顔を出す予定である。

 とりあえず中間報告。

 月曜日の鐙の会。
 今回は「堀の内」「道具屋」を連続で。これらの話は伸縮自在で寄席では途中で切られることが多いが、今回はそういう制約がないから、たっぷり最後まで。打ち上げには橘家文左衛門師匠登場。17日の落語会、「大塚そてつ寄席」のちらしと手拭まで頂戴する。う~む、17日は御徒町の黒門亭の後、大塚のそてつによって、となりそう…

 火曜日は板橋落語会。
 年3回、板橋区文化会館で板橋区在住の落語家6人によって開かれる会である。今回は

 開口一番   :(たぶん)柳家ごん坊

 湯屋番     :柳家右太楼

 看板のピン  :鈴々舎鈴之助

 猿後家   :春風亭朝也

 百川(ももかわ):柳家小権太

 花見小僧    :三遊亭萬窓

 御神酒徳利  :鈴々舎わか馬

 前回もそうだったが、今回もサラ口(一番最初)はモニターで見ることに。これでも終業後いち早く会社を出て駆けつけたつもりだったんだが……
 贔屓目ではないけど、トリのわか馬さん。立派でした。11日の早朝寄席も見に行きますよ。

2007/02/04

好きな食べ物(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたは好きな食べ物がメニューにあるとき、先に食べる派ですか?後で食べる派ですか?」
だいたいは先に食べます。
 なるべくなら食卓にあまり長くいたくないんです。
 後に残しておくと、それだけ長くいざるをえなくなりますから、そう、さっさと……

 なんで人間は食べないと生きていけないんでしょうか?

落語三連荘

 土曜日だというのにどういうわけか珍しく目が覚めたのは7時前。

 そうか、今日はIMA寄席のある日だった。というわけで、そそくさと飯を食い身支度をして、光が丘のIMAホールへ。
 光が丘へは、バス一本でも行けなくはないが、この路線、午前中は40分に1本くらいしか走っていない。しかも、そのバスの通るバス停までは、踏切を越えていかなければならないので、例によって、成増まで電車、そこからバスという比較的堅いルートを通ることに。成増駅から乗ったバスの運転士が女性だったのにはびっくりしたけど、このバスでのIMAホールへの最寄バス停になる、光が丘団地で全員客が降りてしまったのは、何かちょっとかわいそうだった。
 それはさておき、今日のIMA寄席。

 春風亭正太郎:「穴子でからぬけ」

 古今亭志ん馬:「蛙茶番」

 春風亭正朝 :「ねずみ」

 朝太郎が与太郎の話を始めたので、てっきり「牛ほめ」かなぁ、と思っていたら、これをやったのは意外だった。もっとも、この前に聴いたのもやはり前座の三遊亭たん丈(眼鏡をかけると故ジョン=レノンそっくりだという話を聞いたことがある)だったので、これは前座噺らしいけど、あまりやるのは聴いたことはない。寄席でよく聞いた前座噺といえば、「転失気」「道灌」「たらちね」「子ほめ」「やかん」というあたりが多かったりする「寿限無」はここ最近聴いた記憶がない。三平一門で最初に習うという「味噌豆」なんて噺はなおさらだ。

 それはそうと、今回は気になることがあった。演者でなく、観客のほうだけど。
 こういうところは、ケータイの着信音を鳴らした人がいるんだよねぇ…しかも4回も。ケータイの電源を切る、せめてマナーモードにするくらいは常識なんだけど。とかくと、若者のように思えるけど、下手人はいい歳したオバサン。隣あたりで鳴らしたらケータイ採り上げて、電池引っこ抜いてやろうかと思ったよ。電源の切り方もご存じないようだったから。(ーー;)

 IMA寄席がはねた後、さくら水産で昼食をとり、一旦帰宅。こんどはNHK教育の「日本の話芸」。
 出演は八代目橘家圓蔵師匠。演目は「穴泥」。これは理屈抜きで面白かった。この師匠はどんな時でも高座では全力投球、って感じの師匠だから、見ていてほっとする。この師匠の噺が聴けるのは本当にありがたいことだ。

 そして、夕方は黒門亭。なんでも、昼の部からの通し券を買った人が多かったらしく、今日も大入り。なんでも、夜の部は昼からの通しの人も合わせると46人いたとか。
 夜の部は今日は節分と言うことにちなんで、サブタイトルが「豆でダイズにしてください」。というわけで、演題は前座を除けば、ことごとく豆にちなんだ噺。

 古今亭だん五:転失気

 柳家初花   :千早振る

 五街道雲助 :鹿政談

 五街道佐助 :豆屋

 古今亭菊生 :ちりとてちん

 節分で使う、鬼打ち豆は大豆から作るので、本当なら大豆とか大豆から作ったものでそろえるつもりだったのだろう。でも、ここで佐助さんがチョンボ。「豆屋」で扱う豆は大豆ではなくそら豆だったのを失念していたらしい。でも、今まで聞いた佐助さんの噺でこれが一番面白かったから、その辺はチャラにしておこう。本人も楽しそうにやっていたことだし。そら豆でなく枝豆(大豆の未熟なもの)だったら、どうなったのかな?

 ちなみに、これだけ多く集まった理由は、節分の日には寄席では豆まきがあるから、ということらしい。
 普通の豆まきは、まず鬼を追っ払ってから、「福は内」とやるけど、寄席では縁起を担いで「福は内」しかやらない。で、舞台から撒かれた豆(さすがに裸ではなく、豆袋に入っているものみたいだけど)客が取り合う。が、あいにく豆の用意がなかったということで、代わりに菊生師匠と雲助師匠の手拭を2本ずつまくことに。
 本当の豆が欲しかった人はこの後、寄席定席に行ったんだろうなぁ……

2007/02/03

節分について(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「今日は節分ですが、あなたは節分にのり巻きを食べたことがありますか?」
鬼打ち豆なら食べたことならあります。
 でも、海苔巻きはないですねぇ……
 恵方巻きって、太巻きを切らずに一気に食べるんでしたっけ?
 一気食いして、胃を悪くしないんだろうか?

きょうは(BlogPet)

きょうは、ぴょんたろが俳句を詠んでみようと思うの

 「来週は 独奏したら 高円寺」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2007/02/02

朱鷺色セレナーデ@スターパインズカフェ

 ここ最近は♪ら~は「落語」のら~、と言う感じだったが、今回は久々に「ライブ」である。
 吉祥寺のスターパインズカフェであった、るりの5枚目のアルバム朱鷺色セレナーデリリース記念ライブである。

 歌った曲は

 ・人間迷路                …④
 ・今日、僕が溶けた           …④
 ・煙草                   …①                  
 ・独~ドク~                …③
 ・春香(ハルカ)              …⑤
 ・虫篭(ムシカゴ)             …⑤
 ・碧(ミドリ)ちゃん             …⑤
 ・僕が君の思い出になってあげよう  …②
 ・傘がない                …②
 (ここで衣装がえ)
 ・虹色ノ森で逢いましょう       …⑤
 ・蒼い目の少女             …⑤
 ・愛の宮殿                …⑤
 ・西荻メリイ               …③
 (メンバー紹介)
 ・鉄人ライダー             …④
 ・桃雪                  …③
 アンコールで
 ・愁ひ                  …①
 ・ボクノホシ               …①

  ※丸数字については追記を参照。

 彼女のライブは3年ぶりくらいに行ったんだが、ほんわかマイペース調のトークは相変わらずだった。彼女は大阪出身だがしゃべるペースは四代目の三遊亭金馬師匠のやる「長短」の長さん(金馬師匠の演出では、マイペースの長さんは関西弁をあやつる)を思わせるものがある。
 ま、それはいいんだけど、兄が妹を、妻が夫をとバラバラ殺人事件のほとぼりがまだ冷めていないのに、「蒼い目の少女」と言う曲が、「佐川君からの手紙」からインスピレーションを得た、とか言う話をするのは、ちと…
 噺家だって、あの事件以後「胴切り男」の噺は洒落にならんからできない、と言っているのにねぇ……
 ま、そこがマイペース人間の彼女らしいところか……

(2007.02.02追記)
 詳細は以下参照。

続きを読む "朱鷺色セレナーデ@スターパインズカフェ" »

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ