Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 菊朗マンスリー24@お江戸両国亭 | トップページ | 今日も満員@黒門亭 »

2006/08/20

吉例納涼住吉踊り@浅草演芸ホール

 8月中席も明日まで。ということは、浅草演芸ホールで毎年行われている吉例納涼住吉踊りも、今日か明日に行かないと来年まで見ることは出来ない。そう思ったら今日はいつもより2時間近く早く起きてしまった。目が覚めただけなら3時間は早かったかもしれないが。

 こりゃもう行くしかないね。というわけで朝から浅草演芸ホールへ。池袋から先は時間はかかるけど乗り換えなしでいける都バスと乗換えが面倒だけど時間の読みやすい電車ルートがあるが、上野まで電車で出てそこから都バスで行くことに決定。全部電車で行けば地下鉄銀座線の田原町駅下車となるが、浅草演芸ホールまで少々歩くし、歩くのは面倒ではないとしても、浅草というところは、なんともσ(^_^;)的にはつかみどころのない町なので、電車で行くよりはアプローチしやすい。それに上野からであれば都バスでも時間はまだ読みやすいし、地下鉄の駅より近くまで行ってくれるから。秋葉原まで出て、つくばエキスプレスの浅草駅(ここは都バスの浅草公園六区停留所すぐそば)でもいいけど、秋葉原まで出てまた戻る感じになるのが気に入らないので、Out of 眼中である。

 さてこの日の演目
 前座
 落語「たらちね」     三遊亭歌すみ
 落語 「子ほめ」     初音家左吉 

 落語           古今亭志ん太
 粋曲           柳家小菊
 落語「お菊の皿」    三遊亭歌る多
 漫才           大空遊平・かほり
 落語「桃太郎」     桂右團治
 落語「紀州」       三遊亭圓王
 
 ここで1回目の仲入り。ちょうどお昼になりました~、と言うわけで弁当を買いに行く人のために便宜を図ったようで。σ(^_^;)は浅草公園六区から浅草演芸ホールへ行く途中にある、250円均一のほか弁屋で弁当を前もって購入していったので、ここでは買わなかったけど。

 曲芸            翁家和楽社中
 講談「伊達家の鬼夫婦」 神田紅
 落語            雷門助六
 漫才            すず風にゃん子・金魚
 落語「鶴の恩返し?」  金原亭世之介
 落語「夕立?」      三遊亭圓窓
 漫才            あしたひろし・順子
 落語「替わり目」     古今亭菊春
 ものまね          江戸家まねき猫
 落語「海老名家の人々」 鈴々舎馬風

 ここで2回目の仲入り 

 落語            橘家圓平
 落語            古今亭志ん駒
 マジック           松旭斎美智・美登
 落語「権助芝居」     入船亭扇遊
 落語             金原亭伯楽

 3回目、番組表上ではここが正式の仲入り。もうおやつの時間です。(笑)

 落語「熊の皮」       古今亭志ん橋
 三味線漫談         三遊亭小円歌
 昼の部主任・落語「豆や」 三遊亭金馬

 そして、
 大喜利           住吉踊り

 大喜利のおかげなのかどうかは知らないけど、落語は全般的に端折り気味。小噺で済ませたり、中には落語というより漫談になってしまった人も多々。演題を書かなかった人はそんな感じだった人。いや、単にこちらの不勉強もありますけどね(^^ゞ。
 浅草演芸ホールは奇数月の上席、下席、偶数月の中席は落語協会の興行だけど、住吉踊りの時は落語芸術協会(芸協)の芸人さんも出てくる。名前が斜体になっている人が落語芸術協会所属の芸人さん。そもそも住吉踊りは先代(8代目)の雷門助六師匠が得意にしていたので、どうしても芸協の人にも入ってもらわないといけないみたい。というか、そんな垣根を取っ払って盛り上げようという感じになるようで。
 住吉踊りにもいろいろあるけれど、中でも圧巻は助六師匠のあやつり踊り。人間が踊っているのではなく、あやつり人形が踊っているように見せるから、まぁ人間業とは思えないような振りが入る。股を思い切り開くところなどは、とてもじゃないけど相当股関節が柔らかでないとできそうにない。σ(^_^;)にやれ、といわれても、σ(^_^;)は体が思い切り硬いからとてもじゃないけどできそうにない。毎日股割りとかやっているのかなぁ……

 

« 菊朗マンスリー24@お江戸両国亭 | トップページ | 今日も満員@黒門亭 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊朗マンスリー24@お江戸両国亭 | トップページ | 今日も満員@黒門亭 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

無料ブログはココログ