Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の27件の記事

2006/08/31

アキバ石丸亭「落語・秋の夜噺」(第1回)@石丸電気SOFT2

 一時はオフ会とかで足しげく通った秋葉原だが、「PCの街」から「オタクの街」という感じに変わったあたりからすっかり足が遠のいてしまっていた。行くとしたら、カシオのサービスセンターに用事があるときくらいで。そんな秋葉原の石丸電気SOFT2で落語会があるというので、久々に秋葉原で降りてみた。

 番組は以下の通り。

 開口一番      石丸電気の門前さんとプロデューサーの草柳さん

 落語「金明竹」   五街道佐助

 落語「転宅」     桃月庵白酒(とうげつあんはくしゅ)

 入場料は500円と安いのはいいけれど、入場券を手に入れるのに一苦労。入場券は1Fのレジで扱っているなどということは現地に行くまでわからなかった。かわら版の広告にもその辺は載っていなかったし、SOFT2の店頭でもその辺の掲示はどこにもなかった。ビクターの落語CDを買うと招待券がもらえるということで、ほとんどの人がそっちを利用するとでも思っていたのだろうか?(-_-;) せっかくの試みだから、あまりどうこうは言いたくはないが、これは気になった。

 ちなみに、アキバ石丸亭「落語・秋の夜噺」は後2回ある。どちらも開場は18:00、開演は18:30。

 第2回は9/29(金)、出演:柳家ろべえ、五街道弥助
 第3回は10/27(金)、出演:立川談修、立川志ら乃

 その先は、どうなるんだろうなぁ……

ど〜ん

夕方にあった地震、震源は東京湾だったとか。
東京は震度3程度で済んだけど、神奈川県では震度4くらいまでいったとか。
津波がなくてよかった。あったら今頃は……

納涼大会もぶっちして黒門亭(BlogPet)

ストラップとかを旗揚げしなかったよさが出ていたと思う
木曜日多いけど調子など沿って目指せ、ストラップとかを旗揚げしなかったなぁ……


 「笠碁」
    入船亭扇治など聞いたような気がする
昨日、大きい団地や律儀と演目とか最終とは思わなかった?
木曜日多いけど調子のよさが出ていたと思う


 さて、来週は火曜日が池袋演芸場で落語協会二ツ目勉強会、というわけで午後から黒門亭金八の会、木曜日が秋葉原の石丸電気で石丸亭の調子のよさが出ていたと思う
あとおかみさんのできも前座を勤めた人


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2006/08/29

第173回二ツ目勉強会@池袋演芸場

 先週の火曜日はGOLD RUSHだったけど、今日は恒例の二ツ目勉強会。池袋演芸場では毎月下席の火曜日夜の部は二ツ目勉強会の日である。今月は下席(21日~月末日まで。12月を除く大の月は30日まで。12月は29日までだったかな?)が2回あったので、今日が開催日。

 演目は

 「狸賽」台所鬼〆(だいどころおにしめ)

 「湯屋番」柳家さん弥

 「粗忽の使者」春風亭朝也

-仲入り-

 「不動坊」林家ぼたん

 「子別れ・下」古今亭菊可

 開場時間の18:00は無理としても、開演時間の18:30には間に合わせるつもりでいたのに、着いた時には鬼〆さんの「狸賽」のマクラが終わる頃合。もっと早くに会社を出ればよかったなぁ……

続きを読む "第173回二ツ目勉強会@池袋演芸場" »

2006/08/26

納涼大会もぶっちして黒門亭

 8月の最終土曜日はσ(^_^;)の住んでいる団地では納涼大会がある。
 しかし、今のσ(^_^;)は納涼大会より落語、というわけで午後から黒門亭へ。

 演目は

 前座(「子ほめ」三遊亭歌五)

 落語「悋気の独楽」     柳家右太楼
 落語「ちしゃ医者」     古今亭菊龍
 落語「手締屋(てじめや)」 柳家さん生
 落語「笠碁」        入船亭扇治

 歌五さんはこの前のGOLD RUSHの時も前座を勤めた人。まさか週に2回も顔を合わせるとは思わなかったなぁ……

 右太楼さんの「悋気の独楽」は小僧の調子のよさが出ていたと思う。あとおかみさんのできもよかったと思う。

 さん生師匠の「手締屋」やは昨日に引き続いてのもよう(25日はネタ出しだったので)。夜席は金曜日はあるテーマに沿って、土曜日は自由にという感じでやる人が多いけど、律儀なことです。

 菊龍師匠の「ちしゃ医者」も初めて聞いたような気がする。最初は季節柄「夏の医者」かなぁ、と思ったけど……

 「笠碁」はだんな衆の意地の子供っぽい意地の張り合いを楽しむ、と言う感じ。

 さて、来週は火曜日が池袋演芸場で落語協会二ツ目勉強会、水曜日が同じく池袋演芸場でカリスマ三遊亭金八の会、木曜日が秋葉原の石丸電気で石丸亭の旗揚げ。全部付き合いきれるかなぁ……

続きを読む "納涼大会もぶっちして黒門亭" »

2006/08/24

東京新聞2006年8月19日付夕刊の数独

 今回は難解。
 埋められる数字はすべて埋めたけど、そこから先に進めない。
 なんとかなりそうなところでも、解が2つ以上出てきて、ヤマカンで埋めるしかないような感じ。
 今回はギブアップだなぁ……

2006/08/23

えっ、タワーレコードが!?

  アメリカタワーレコード経営破綻

 音楽のネット配信に押されてか、アメリカのタワーレコードがとうとう経営破綻してしまった。
 一瞬、まさか日本のタワーレコードも、という考えが頭をよぎったが、日本のタワーレコードはすでにアメリカのタワーレコードと資本的なつながりはないので、影響はないとのことに一安心。しかし、CDもそこまで売れなくなってきたんだねぇ……

 ともあれ渋谷ワールドミュージックトライアングルが崩れずに済んでよかった。ワールドだとDL配信と言う恩恵になかなかあずかれないからなぁ……

GOLD RUSH~愛すべき男たち~@池袋演芸場

 三遊亭金馬一門の金時、金八、金也の3師匠による落語会。GOLD RUSH
 本日の演目は

 開口一番      前座(三遊亭歌五「子ほめ」)
 
 落語「祇園祭」   三遊亭金八

  落語「かんしゃく」 三遊亭金時

 -仲入り-

 太神楽        翁家和助

 落語「品川心中」 三遊亭金也
 
 この前は土曜日だったので、ほぼ満員だったけど、今日は平日と言うこともあってか、半分入ったかなと言う感じ。
 終わった後は、飲み屋で演者と観客有志で打ち上げ。前回は体調が悪くて行けなかったので、今回はしっかり参加。いろいろ、ここでしか聞けない話も教えてもらったりして、楽しかった。
 
 この次のGOLD RUSHは来年の2月。でも、金八師匠は30日にもまた池袋演芸場で「カリスマ三遊亭金八の会」という落語会をやるそうな。

 そして来週の火曜は恒例の落語協会二ツ目勉強会だ。ぼたんさんがでるから、この日も定時で帰れるようにしておかないと。
 

2006/08/22

ノートPCにマウス繋げるなんてなぁ……

 会社で使用しているPCが入れ替わることになった。今まではデスクトップだったのが今度はノートPCとなる。
 CPUは高速(でもないか、Pentium-Mだから)、メモリもそれまでの4倍(1G)、それはそれでいいのだが、問題はポインティングデバイス。ここ最近の定番、スライドパッドである。
 最初にうちで買ったノートPCのポインティングデバイスこそスライドパッドだったが、ここ最近の家のPCではずっとトラックポイント、またはアキュポイントと言う指先でレバーを動かす方式のものをずっと使っていたので、どうにもこれになじめない。最初に買ったノートPCのそれに比べれば操作性では比較するのも酷に思えるほどほどよくなっているのに……
 仕方がないので、マウスをつなげて使っている。

 今までノートPCにマウスを繋げるなんて、内蔵ポインティングデバイスが故障しているのならいざ知らず、ノートPCユーザの風上にも置けない不埒な振る舞いだと思ってきた。だからこそ、小さくて薄いボタンであっても意地でもマウスを繋げずに(マウスを使えない環境で使うことだってあるのだから)使ってきたのだが、今ではマウスがないとまともな操作が出来なくなっている。
 オレも焼きがまわったかな……

2006/08/20

今日も満員@黒門亭

 今日は日曜日。そして、寄席は8月中席の楽日(最後の日)。浅草演芸ホールの納涼住吉踊りも今日までだから、そっちの方に人は流れるんだろうな~、とか思いながら黒門亭に行った。

 ところが、「よっぽど家にいられない事情がある(by先代鈴々舎馬風)」人(失礼m(__)m)というのも意外に多いのか、今日も満員に近い入り。まぁ、札止めに比べれば入れただけでもありがたいし、タイマン勝負のような形になるのも落ち着かないから、まあいいとしよう。でも、ほとんど演者の真正面という位置で見るにはσ(^_^;)の心臓は毛深くないんだな……

 さてこの日の演題

 前座(「子ほめ」  春風亭一左)

 「紀州」       林家たけ平

 「宮戸川」     柳家太助(金原亭馬吉代演)

 「お菊の皿」    古今亭志ん公

 「井戸の茶碗」  鈴々舎わか馬

 今日聴いた噺のうち、「子ほめ」、「お菊の皿」、「紀州」は昨日今日と続けて聴く羽目に。ま、こういうこともありますわな。(^_^;)
 しかし、今日は若い女性の比率がいつもに比べて高かったような。いつもだと、もっとオジサン・オバサンの比率が高くて、おねーちゃんは片手で余るくらいなんだけど。多いな、と思っても両手で足りる。それが今日はどういうわけか両手でも足りずに足の指まで動員しないと数えられないくらい。
 追っかけとかいたのかな?


 
 

吉例納涼住吉踊り@浅草演芸ホール

 8月中席も明日まで。ということは、浅草演芸ホールで毎年行われている吉例納涼住吉踊りも、今日か明日に行かないと来年まで見ることは出来ない。そう思ったら今日はいつもより2時間近く早く起きてしまった。目が覚めただけなら3時間は早かったかもしれないが。

 こりゃもう行くしかないね。というわけで朝から浅草演芸ホールへ。池袋から先は時間はかかるけど乗り換えなしでいける都バスと乗換えが面倒だけど時間の読みやすい電車ルートがあるが、上野まで電車で出てそこから都バスで行くことに決定。全部電車で行けば地下鉄銀座線の田原町駅下車となるが、浅草演芸ホールまで少々歩くし、歩くのは面倒ではないとしても、浅草というところは、なんともσ(^_^;)的にはつかみどころのない町なので、電車で行くよりはアプローチしやすい。それに上野からであれば都バスでも時間はまだ読みやすいし、地下鉄の駅より近くまで行ってくれるから。秋葉原まで出て、つくばエキスプレスの浅草駅(ここは都バスの浅草公園六区停留所すぐそば)でもいいけど、秋葉原まで出てまた戻る感じになるのが気に入らないので、Out of 眼中である。

 さてこの日の演目
 前座
 落語「たらちね」     三遊亭歌すみ
 落語 「子ほめ」     初音家左吉 

 落語           古今亭志ん太
 粋曲           柳家小菊
 落語「お菊の皿」    三遊亭歌る多
 漫才           大空遊平・かほり
 落語「桃太郎」     桂右團治
 落語「紀州」       三遊亭圓王
 
 ここで1回目の仲入り。ちょうどお昼になりました~、と言うわけで弁当を買いに行く人のために便宜を図ったようで。σ(^_^;)は浅草公園六区から浅草演芸ホールへ行く途中にある、250円均一のほか弁屋で弁当を前もって購入していったので、ここでは買わなかったけど。

 曲芸            翁家和楽社中
 講談「伊達家の鬼夫婦」 神田紅
 落語            雷門助六
 漫才            すず風にゃん子・金魚
 落語「鶴の恩返し?」  金原亭世之介
 落語「夕立?」      三遊亭圓窓
 漫才            あしたひろし・順子
 落語「替わり目」     古今亭菊春
 ものまね          江戸家まねき猫
 落語「海老名家の人々」 鈴々舎馬風

 ここで2回目の仲入り 

 落語            橘家圓平
 落語            古今亭志ん駒
 マジック           松旭斎美智・美登
 落語「権助芝居」     入船亭扇遊
 落語             金原亭伯楽

 3回目、番組表上ではここが正式の仲入り。もうおやつの時間です。(笑)

 落語「熊の皮」       古今亭志ん橋
 三味線漫談         三遊亭小円歌
 昼の部主任・落語「豆や」 三遊亭金馬

 そして、
 大喜利           住吉踊り

 大喜利のおかげなのかどうかは知らないけど、落語は全般的に端折り気味。小噺で済ませたり、中には落語というより漫談になってしまった人も多々。演題を書かなかった人はそんな感じだった人。いや、単にこちらの不勉強もありますけどね(^^ゞ。
 浅草演芸ホールは奇数月の上席、下席、偶数月の中席は落語協会の興行だけど、住吉踊りの時は落語芸術協会(芸協)の芸人さんも出てくる。名前が斜体になっている人が落語芸術協会所属の芸人さん。そもそも住吉踊りは先代(8代目)の雷門助六師匠が得意にしていたので、どうしても芸協の人にも入ってもらわないといけないみたい。というか、そんな垣根を取っ払って盛り上げようという感じになるようで。
 住吉踊りにもいろいろあるけれど、中でも圧巻は助六師匠のあやつり踊り。人間が踊っているのではなく、あやつり人形が踊っているように見せるから、まぁ人間業とは思えないような振りが入る。股を思い切り開くところなどは、とてもじゃないけど相当股関節が柔らかでないとできそうにない。σ(^_^;)にやれ、といわれても、σ(^_^;)は体が思い切り硬いからとてもじゃないけどできそうにない。毎日股割りとかやっているのかなぁ……

 

2006/08/18

菊朗マンスリー24@お江戸両国亭

 隅田川を越えたのは、初詣に西新井大師に行ったとき以来。今日はお江戸両国亭で催された菊朗マンスリーに行ってきた。

 演目は

古今亭菊朗「粗忽長屋」

柳家生ねん「道灌」

古今亭菊朗「しちめんどう(橘家圓蔵ヴァージョン) 」

−中入り−

古今亭菊朗「厩火事」

2007年3月に真打ち昇進が決まり喜びいっばいの菊朗さん。後援会も立ち上げるとのことでそのパンフも入口で配っていた。

菊朗マンスリーは二ツ目の勉強会との位置付けのようで、来年の2月が最終回とのこと。真打ち昇進後は名前も変わるそうです。
真打ち昇進後も今日のような元気な高座を勤めてくれることを期待しています。

続きを読む "菊朗マンスリー24@お江戸両国亭" »

2006/08/17

続・タンスにゴン、便秘に…

 以前、コントレックスで便通の不調を改善しようとたくらんだことがあった。
 しかし、一時的にはよくなったもののすぐに体が慣れてしまったようで、それも効き目がなくなってしまった。さらにコントレックスは500mlで二百いくらとかなり高価なので、そうそう金もかけていられるかと買うのを止めてしまった。

 それなら素直に下剤を服用すればよさそうなものだけど、これ以上服用する薬を増やしたくない、という気もあり、下剤の服用は未だにためらっている。人間ドックで飲んだバリウム粥(水の中に水にほとんど溶けない硫酸バリウムが分散しているもの)ではその中に含まれる緩下剤のおかげで、ひどい目にあったのも一つの原因である。

 さて、コントレックスや下剤に代わるものに何があるか。今朝いいことに気が付いた。

 ここ最近、薬の副作用に伴う眠気をどうにかするため、毎朝コーラを飲むことが日課になっている。眠気覚ましなら、コーヒーがあるじゃないか、カフェイン剤だってあるじゃないか、と言われればそのとおりだが、そんなものではこの眠気は振り切ることはできない。
 そりゃ試しましたよ。カフェインが眠気を覚ますというから、いろいろ。でも、強力エスタロンモカ内服液や名前は忘れたけど1日2本まで服用可能なカフェイン剤(たいていのカフェイン剤は1日1本の制限がある)でもだめだと気が付いたとき、最後にすがりついたのはコーラ。カフェインと炭酸の刺激のおかげでやっと頑固な眠気は取れた。以後、仕事の前のコーラは欠かすことの出来ない儀式である。メタボリックが怖いから、ダイエットコーラにしているけど。

 そのコーラを飲んだ後、来るんですね、お腹に。と言っても下るわけではない。普通の人と同じ状態になるだけ。
冷たさと炭酸ガスの刺激が効くのだろう。よし、というわけで、帰りに500ml缶のサイダーを買いました。明日朝一に飲んでみて効果を検証してみよう。

 とりあえず、人間ドックの検体が取れるように十分である。後はまあ、どうにでも、どうにか……なればいいなぁ……

2年ぶりの人間ドック(BlogPet)

今年は、ぴょんたろが終わった後、猛烈な便意に襲われた

 たいていの最初にすませるであろう検尿が、朝で理由などをしないでもいろいろとかを撮影のは、フラッシュに耐えられなかった後、猛烈な便意にする人が多い理由がわかったような気がする
本当に、仕事どころじゃなかったの♪
 今日は一昨年以来のは、検査が終わった後、猛烈とかできなかったのか最後までできません


 来年は、ぴょんたろが、朝水分を検尿するみたい
後日は多い猛烈とかできなかった

 たいていの、測定不能だから

 たいていの最初にすませるであろう検尿が、朝水分をほとんど取らなかった
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2006/08/16

2年ぶりの人間ドック

 今日は一昨年以来の人間ドック。
 一昨年初めて受診して、昨年はそれどころではなかったので、今年で2回目。
 今年もいろいろと躓いた。
 たいていの最初にすませるであろう検尿が、朝水分をほとんど取らなかったのが悪かったのか最後までできなかった。
 眼底撮影の時は、フラッシュに耐えられなかった(両目続けて出来ます? σ(+_+)は片目ずつしばらく他の検査をはさむとかインターバルを置かないとできません)。
 視力の検査では矯正視力で右目は0.8だけど左目の視力が0.1以下と判定された(裸眼では測らないの、測定不能だから)。
 検便は抗うつ剤の副作用と思われる便秘(中5日くらい便意なし)で、検体の採取ができなかった(後日提出と言うことに)。
 バリウムに入っていた下剤の影響で、検査が終わった後、猛烈な便意に襲われた。
 
 一番辛かったのは、検査前12時間はは絶食(水くらいならいいらしいが)ということで薬を飲む時間がずれ、それが後々まで響いたこと。人間ドックの日は休みにする人が多い理由がわかったような気がする。本当に、仕事どころじゃなかったもんね。

 来年は、ドックの日は仕事をしないでもいいようにしよう、と思うσ(+_+)であった。
 

2006/08/15

人間ドック・イブ

 明日は人間ドックである。
 21時を過ぎたら飲食するなとか、当日は朝食はとるなとか、あれこれやかましい。
 まぁ、あれやこれや検査をするから検査の妨げになるようなことはするな、ってことなんだろうけど、それにしてもまぁ...
 明日朝の薬も当然服用できないから、どうしよう? 昼過ぎにずらすか。
 明日はいつもよりも早めに家を出ないといけないから、今日は早めに寝よう。
 
  あ、検便どうしようかな? 昨日から便意がないから。採れていない。
  いいや、出ないものは仕方ないから、出ませんでした、で済ませようか。
 

2006/08/13

祝・渋谷ワールドミュージックトライアングル復活

 サラーム海上さんのBlog”Musique Nonstop”を見ていたら、リニューアルのため5月31日で一度閉店したエル・スール・レコードが、7月31日にリニューアルオープンしたとのこと。場所は、松屋やプロント、薬ヒグチ、岡三証券が入っている宮益坂ビルの10階。以前店のあった宮益坂岡ビルの並びだけど、駅にはやや近くなった。
 それはいいんだけど、宮益坂岡ビル時代は2Fだったのが宮益坂ビルでは10Fになってしまったんだとか。たどり着くまでは結構大変そう。
 ともあれ、渋谷ワールドミュージックトライアングル(タワーレコード、HMV、エル・スール・レコード)が復活したのはワールドミュージックファン的には喜ばしいこと。何とか時間を見つけて訪れたいものである。
 散財のネタが増えてしまったと言えるかもしれないけど...
 

2006/08/12

寝坊したからさぁ…

 今日は吉例納涼住吉踊りを見に浅草演芸ホールまで行ってくるつもりが起きた時間が10時。浅草演芸ホール8月中席(8/11~8/20)昼の部は11:00開演だから、起き抜けすぐに家を出ても、開演時間になってしまう。ついでに言うと一番太鼓が鳴っている間ならともかく、開演ぎりぎりに行ったら座れないのは目に見えている。いや、今回は特別公演だから、一番太鼓が鳴る前から、行列ができているか。大喜利の住吉踊りまで付き合えば5時間半。その間ずっと立ち見というのは
「冗談言っちゃいけねぇ」
ということで今日は見送り。落語協会のインターネット落語会でお茶を濁すことに。
 午後には落雷で山手線が3時間余りストップした(一度落雷でσ(^_^;)の乗った電車が13分遅れたことはあったけど)というから、出ないで正解だったかもしれないけど。とはいえ、落雷でストップしたのは14:30だから昼の部はもう始まっているな。昼の部の帰りと夜の部を見ようという人には災難かもしれないけど。

 明日はどうしよう。浅草にするか、江古田にするか、住吉踊りは来週の週末でも見れるから、江古田にするかなぁ...

白ワインの思い出

 ある女性落語家主催の落語会の後、簡単な打ち上げがあった。
 打ち上げというと、出てくる飲み物は何はなくともとりあえずビール(下戸の人はウーロン茶かな。でも、ウーロン茶が市民権を得るまでの間はやっぱオレンジジュースだったのかな)というイメージだけど、今回はビールはなしで、赤ワイン、白ワイン、ウーロン茶の三択。赤ワインは見た目も味も好みではないので、散々迷ったあげく白ワインにした。ウーロン茶だと「長屋の花見」みたいだし。もっとも、こっちはお煮花(番茶などを煮出したもの)を水で割ったものを酒のつもりで飲むんだけどね。「この酒はどこの酒だい?」「灘だよ」「灘?宇治かと思った」「味は甘口かい? 辛口かい?」「どっちでもないな、強いて言えば渋口かな」とか言いながら。落語会の後だからちょっとこれはシャレがきつい。

 とか思いつつ飲んだ白ワインには苦い思い出がある。というのも、社会人になって間もない頃、カルバドスと言うりんごから作った蒸留酒を水で割ろうとして、水だと思い込んで白ワインで割ったことがあったのだ。一応臭いをかいで確かめたし、そばにいた人に「これ水ですよね?」と確かめたら、「そうだ」といったから。
 そこへ別の人が「今何飲んでいるの?」と訊いて来たので、「カルバドスの水割り」と言って、水差しを指差したら
 「え? あれは白ワインだよ。カルバドスを白ワインで割ったの?」
 「!!!?」
そう、その時飲んでいたのはカルバドスの水割りではなく、カルバドスと白ワインのチャンポン。そういえば、かすかにアルコールくさい臭いがしたような……その後回生制動がかかったのは言うまでもない。
 
あれ以後、白ワインを見るたびに、あの日の光景を思い出してしまう。トラウマになっていますね。全くよく飲んだものです、昨日は。

2006/08/09

小銭がない

 タバコを買ったら、財布の中に小銭が十数円しか残っていなかった。
 本当にこれだけだったら目も当てられないが、幸い一万円札は1枚残っている。でも、紙幣の使える自販機でもたいていは1,000円どまりなんだよな。百円台のものが多いから、すぐつり銭切れになるだろうし。
 帰りに池袋演芸場によってくればよかったなぁ。8/22にある落語会の前売り券を買いに。
 

2006/08/08

いつの間にアクセス解析(BlogPet)

ごまめが
ということは、「屋とかスーパーとかでは、商魂たくましく本日土用二の丑と言うことで蒲焼のセールをやっていることだろう。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

2006/08/07

「祭りの後症候群」あるいは快楽依存症

 にぎやかだったお祭りの場も、終わってしまえばそれまでの喧騒は夢か現か幻か、という感じにひっそりとする。その楽しさが大きければ大きいほどさびしさもまた大きい。山が高ければ谷が深いように。
 
 普通の人なら遅くとも一晩もすればハレとケのけじめはきちんとつけられるのだろうけど、σ(-_-;)はこれが苦手である。祭りの後、宴の後はしばらく腑抜け同然の状態が続くから。
 何か病気なんじゃないの? うん、そんな気がする。あえて病名をつければ「宴の後症候群」とか「祭りの後症候群」とでも言う感じだろうか? そうならないようにするには、あえて快楽に背を向ける、それくらいしか自分には思いつかない。もちろん、そういうことではいつか精神的に破綻をきたすのは間違いないけれども。

 そしてハレとケの区別をつけるのが苦手だ、ということは、快楽にのみ依存して生きている、ということなのではないかと自問自答してみる。これも「快楽依存症」とか病名をつけようと思えば着くだろう。
 快楽と言う文字を別の言葉で置き換えると……

 自分は廃人の何歩手前にいるのだろう……

2006/08/06

谷中全生庵円朝まつり

 8月11日は江戸落語中興の祖・三遊亭円朝の命日。というわけで、以前は落語協会落語芸術協会が持ち回りで落語界内輪の行事として「円朝忌」として執り行っていたそうな。

 それを従来の円朝忌にある落語奉納や、使い古しの扇子や手ぬぐいのお焚き上げという行事を残しながら「ファン感謝デー」と言う色合いを強めたのが「円朝まつり」。10:00から17:00まで、谷中の全生庵でたっぷりやっていた。
 
 朝起きるのが遅かったのと池袋からバス(巣鴨・竜泉経由浅草雷門行きに乗れば団子坂下まで1本でいける)を使ったのとで、着いたのが昼近くになったけど、芸人さんたちの出している出店をひやかしたりしているだけでも十分楽しかった。金八師匠の冷凍みかんの移動販売では2個食べちゃったし。柳家権太郎師匠の出店では

 「雨の日には雨の日の生きかた」

の一言が決め手になって、帽子(暑かったし)とTシャツ(出店にはLサイズ黄色しか残ってなかったけど、「試作品でよければ」と無理を聞いてくれてありがとうございました、甚語楼師匠)を買ってしまったし、本部では木久蔵師匠の絵入りの扇を買ったし、才賀師匠のところでは芸激隊Tシャツ買って、本屋高尾(東京かわら版の出店、名前は「紺屋高尾」のもじり)では寄席演芸年鑑のバックナンバー購入、とここだけでいくら使っただろう、5,000円は使っていることは間違いないけど……

 むしゃくしゃしている時に衝動買いする、って人の気持ちがなんとなくわかったような。

 最後は住吉踊り、そしてご存じ三本締めでお開き。住吉踊りは話には聞くけど、見たのは初めて。
 浅草の8月中席昼の部の大喜利でやると言うからなんとか都合をつけて見に行こう。

2006/08/04

本日土用二の丑

 今日は土用二の丑。夏の土用の二番目の丑の日だとか。ということは、鰻屋とかスーパーとかでは、商魂たくましく本日土用二の丑と言うことで蒲焼のセールをやっていることだろう。
 土用の丑の日に鰻を食べると言う習慣を根付かせたと言う平賀源内も二の丑まで気に留めていたかどうかは知らないが、今の日本では夏の土用の丑の日は蒲焼のセールをやるのが当たり前になっている。長野県だと寒の土用の丑の日にもウナギの蒲焼を食べることもあるとか。実際、ウナギの旬は冬だとも言う。もっとも、この時期のウナギは脂がかなり載っているので、たれをつける前に蒸さない西日本風の蒲焼には向かないらしいけれど...

 五行思想で春夏秋冬それぞれの季節の終わりの18日間を土用と言う。今のカレンダーではめったに見ないけど、伝統的な日本のカレンダーだと、それぞれの日に十二支の一つが割り当てられる。土用は18日あるから土用の入りが申の日、酉の日、戌の日、亥の日、子の日、丑の日に当たった場合は、土用の丑の日は2回来ることになる。今年は土用の入りが戌の日だったので、7月23日と8月4日が丑の日となったという次第。

 というわけでだろうが、今日の社員食堂では日替わり丼がうな丼。この前のうな丼の日はいつだったかは忘れたけど、1度見送ったのは覚えている。いつもは米の飯は後で眠くなるから、と敬遠していたσ(^_^;)も今日は週末だからも言うのも手伝ってうな丼にした。いつも麺類しか食べないσ(^_^;)が丼物を食べていたのでいつも一緒に昼飯を食べる人も驚いていたりして…(^_^;)

 いいじゃないの、たまには…
 

2006/08/03

ぐったり

 ここ最近朝電車で寝過ごすことが多いような。
 今週も既に2回ほど1駅乗り過ごしたし...
 先週は2駅乗り越したことも。降りるべき駅まで戻るのに15分くらいかかるので、朝の貴重な時間をこんなことで無駄に費やすのは非常にもったいない。
 本当に体力が落ちてきたような。いよいよ夏本番か...

2006/08/02

いつの間にアクセス解析

 いつの間にか、と言う感じで「ココログの」アクセス解析が使えるようになった。σ(^_^;)はベーシックのユーザなのでアクセス解析の内容を見たのは初めてである。
 
 見た感じはかなり細かいところまで解析できているなぁ、と言うところ。今使っているBlog Petのそれより内容が多い。まぁ、ココログのアクセス解析はココログに特化しているから、設置先に応じてカスタマイズを自分でしなければならない部分の多い汎用のアクセス解析に比べて、それくらい出来て当たり前か。

 しかし、アクセス解析見て思ったのはほとんど(95%以上)が一見さんという事実。これはBlog Petのアクセス解析ではわからなかったことだ。
 書きたいことを書きたいように書きなぐっているだけじゃ当たり前か、こりゃ...

2006/08/01

先週の忘れ物(BlogPet)

土曜日、大きい落語を先週は解きそびれてしまった
先々週の答えも合わせようがない
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんたろ」が書きました。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ