Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« うかつにも... | トップページ | 息切れ? »

2006/02/04

2/4の池袋演芸場昼席

 客の入りがすごかった。
 満席で立ち見まで出たくらい。開演早々「おひざ送りをお願いします(←一人でも多くの人が座れるように席を詰めてください、と言う意味)」と言うアナウンス。
 扇治師匠だったか円太郎師匠だったか忘れたけど、「池袋演芸場で『おひざ送り』って言葉を聴いたのは久しぶりだ」と言っていたくらいだったから。
 あそこのキャパは93席。プラスパイプ椅子で110席くらい。ということは、百数十人は少なくとも入ったという感じかな。外が寒かったからかなぁ?
 
 

« うかつにも... | トップページ | 息切れ? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 う~ん、池袋だとそういう感じはあまりしないんですよね。上野の鈴本とか新宿の末広亭あたりならそうなんでしょうけど...
 

若い人も寄席に行く時代が来たと、いつだかのワールドビジネスサテライト(テレ東の夜のニュース)でもいっていた気がします。
池袋だと若い人にも敷居が低いのかもしれません。
客層が若返りすると、業界全体の将来の展望が見えてきますから、お客さんいっぱいてのはいいことですね。

ごまめたちが、池袋で池袋演芸などを意味しなかったよ。


 コメントありがとうございます。
 落語を聞く、と言う意味では、何も寄席ではなく、落語会とかそういうのに足を運ぶというのも手です。
 http://www.rakugo-kyokai.or.jp/">落語協会のWebサイトとかhttp://www.geikyo.com/">落語芸術協会のWebサイト、http://www.hosikikaku.co.jp/">星企画のWebサイト(円楽一門)、http://tatekawaryu.at.infoseek.co.jp/">立川流一門会のWebサイトから落語会のスケジュールを見ることは可能です。
 もしかしたら、ご近所でやっているのを見かけるかもしれませんよ。

ごまめさん、おはようございます。
演芸場が近くにあってうらやましいです。
ボクも疲れたときなどは、ゆっくり落語や漫才を聞いたりして、リフレッシュしたい気持ちになります。
でも、ボクが住んでいるところは田舎で、聞こうと思うなら一大決心して都会に行かないといけないので、二の足を踏んでしまいます。
そう言えば、大阪に以前遊びに行ったとき、なんば花月にいき、爆笑したことを思い出します。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2/4の池袋演芸場昼席:

« うかつにも... | トップページ | 息切れ? »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ