Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« くゅとゅぷはーね、オープンいたしました | トップページ | 風呂場からの「生還」 »

2005/12/18

高円寺獅篭の会最終日

ccg051218 偶数月の第3日曜あたりに、杉並区立高円寺会館で行われていた「高円寺獅篭の会」も今日が最終日。今回はおなじみの雷門獅篭の他、弟分の雷門幸福も出演していた。
 出し物は、前半が「知ったかぶり」がテーマ。
 まず幸福が「転失気(てんしき)」と言う負けず嫌いの坊さんがある時、お腹の具合が悪くなって、医者に見てもらったときに「"てんしき"はありますか?」と訊かれて、「あります」とは答えたものの実は"てんしき"が何のことだかわからないので、小僧に「花屋に行って"てんしき"を借りて来い」と言いつける、と言う噺。実は"てんしき"とは、無色透明だけど臭うもののことなんだけどねヾ(^^;)
 続いて獅篭の「浮世根問(うきよねどい)」八つぁんが大家さんを質問攻めにする話。ただ落ち(受験生の皆さんは、見なかったことにして...(^人^))は、鶴と亀がローソク立てになっていると言う原典のものではなく、地獄と極楽は隣り合わせで、仏壇(極楽)の隣に蜘蛛の糸が垂れている、という解釈。これは芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を知らないと、わからないかもしれない。自分もしばらくはわからなかった。

 5分の休憩を挟んで、後半は与太郎物。
 まず、幸福が「孝行糖」。頭の回転は鈍いけど、親孝行であると理由で、お奉行さんからいただいたご褒美のお金を元手に、与太郎が飴売りを始めたはいいけど、水戸のご老公のお屋敷前でそれをやってしまって、門番から散々に折檻される噺。最後のほうでとりなすのが、こっちは通りがかりの人だったけど、自分はご老公自身がとりなす、と言う噺も聞いたことがある。
 続いて獅篭の「釜泥」(かなぁ、自信なし。後で獅篭のブログを見たら、「へっつい盗人」だって)。知り合いが結婚したと言うので、何かひとつお祝い品を持って行きたいが、あいにく金がないので、へっついを盗んで持っていこうという噺。

 続いて恒例のお楽しみ抽選会。で、当たったのが最初にあるサイン入り色紙。いきなり当たったのでびっくりしてしまった。冒頭にある写真が今回当たった色紙。

 最後は三本締めで幕。
 
 一時は落語も受け付けられないほど、お笑いには拒絶反応があったけど、今回はなんとか楽しめた。今日のNHKの「笑いが一番」は色物だけで、落語が無かった分、落語に飢えていたのかもしれないな、たぶん。

« くゅとゅぷはーね、オープンいたしました | トップページ | 風呂場からの「生還」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

tavsanimが、鈍いけど三本締めや、ご老公自身と大本と広い仏壇と、ローソクとか色物を拒絶したかった。


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高円寺獅篭の会最終日:

« くゅとゅぷはーね、オープンいたしました | トップページ | 風呂場からの「生還」 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ