Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の15件の記事

2005/11/29

メモリが足りません、って...

 ある人のBlogへのコメントの下調べのために、駅すぱあとを立ち上げて、鉄道時刻表を表示しようとした。
 そうしたら、無常にも「メモリ不足のため、起動できません」と出てしまった。
 リソース不足かと思い、「マイコンピュータ」→「パフォーマンス」でシステムリソースの空きを見ると、45%。うむ、これじゃだめかなと思い、リブートして、すぐにシステムリソースの空きを見たら今度は52%。これでリトライしたが、やはりだめ。
 今までこんなことは無かったので、もう一度動作環境を確かめてみた。
  OS:Win98/Me/2000/XP日本語版であること。実機は日本語版なので、対応する。
  機種;上記OSが動作するPCで、(Pentium200MHzまたはその互換CPU推奨)。実機はCrusoe600MHz+CMS。これで、Celeron 300MHz相当らしいので、たぶん大丈夫。
 メモリ:128MB以上。実機はメモリ192MB (ただ、CPUがCrusoeなので実際に使えるメモリは176MB)だから、OK。
 HDD:最大で300MBの空き必要とのことだが、GB単位であいているから、これも問題ない。
 CD-ROMはインストール時以外は必要ないので、これも問題ない。

 一応は大丈夫なはずなんだがなぁ...今度の休みに、再インストールが必要かな?
 

2005/11/27

失敗したかな、ソフト選び。

 自慢ではありませんが、我が家のPC(現役で都合4台)のうち、2台にはMicrosoft Office(以下はMS-Officeと略記)がインストールされていませんでした。早い話が、Access(これはProffessionalのみ)、Powerpoint(Standard以上にはある)はもちろん、Outlook、Word、Excelもインストールしていませんでした。

 そんなPC今時売っているのか、と思われるでしょうが、自分がその2台のPCを購入したときには、
 1台(CASSIOPEIA Fiva MPC-206)はMS-Officeをインストールした製品そのものの設定自体なし。
 もう1台(IBM Thinkpad R31)はカスタムメードオーダーの選定の都合上、MS-Officeのインストールが選べなかった(予算の壁というのもあったりしますが...)。
という理由で、こうなってしまったと。
 それまでこの2台に関しては、StarsuiteというMS-Office互換のソフトを入れておりました。
 まぁ、MS-Office互換だけで済むだけなら、あえて高価(基本的なものだけ揃えたPersonal版でも、アップグレード版やアカデミックパックでないと4万近くする)なMicrosoft Officeを入れなくてもなんとかなりました。

 ところが、それだけでは済まない事がわかりました。
 実は、MS-Office、その昔一世を風靡した表計算ソフトLotus 1-2-3のワークシートを読み込むことも書き込むこともできます。ところが、Starsuiteでは1-2-3のワークシートを読み込むことはできても、書き込むことができません。まぁ、そこがン万円のソフト(MS-Office)と2千円足らずのソフト(Starsuite)の差だ、と言ってしまえばそれまでですが。

 そこで仕方なく、先週末MS-Office2003を購入しました。ソフトで4万近くの大金を投じるなんて、久々のことですが。やむを得ません。
 で、インストール後に気がついたんですよ。Lotus1-2-3互換にこだわるなら、Excelだけ購入でよかったのではないかと。他はStarsuiteの機能で何とかなるのだったら。

 仕方がないので、使い倒せるだけ使い倒します>MS-Office。
 元を取るのはいつになるかはわかりませんが...

2005/11/26

ったく何考えているんだか...

 こいつの続きね。
 どうやらハードの障害だったらしい、しかもディスクが逝っていたそうだ。運悪く、これに巻き込まれたようだ。
 で、再度アップしようとしたら、FTPができないでやんの。ログインしようとしてもはねられてばっかり。
 さっそくプロバイダに苦情を入れてやりました。自分も社内のシステムの運用にかかわっていたことがあるけど、そのときに比べれば、ずいぶん適当に運用しているような気がした。うちらなんて、影響範囲が社内で収まる部分であっても、障害検知、経過の報知、回復連絡ときっちりやらされたものだけど...
 それに比べれば、ISPの対応ってずいぶんのんきな気がしてならないなぁ。しかもユーザーから金とって。いいご身分ですねぇ、といやみの一つも言ってやりたくなる。
 回答次第だったら、プロバイダの乗り換えも真剣に考えんといかんなぁ...
 

2005/11/24

あらっ!?

 メインのホームページがいつの間にか跡形もなく消えてしまっていた。
 どういうことだ、いったい...

2005/11/23

魔の23時

 このあたりになると、とたんに重くなるんだよね>ココログ。
 一度は何度やってもエラーになるので、そのたびに再アップしていたら、同じ書き込みがいくつもあったりして。
 この時間は外した方が懸命なんだろうな...

2005/11/19

とりあえず一首

 なせばなる
 なるものならば
 もうすでに
 つらい思いは
 過去の思い出

2005/11/17

洗いざらい(BlogPet)

会社とかを洗いざらい話した
「そういう条件なら、重大な決断は言っているがあれから連絡がないこと重大とかを決断しなかったよ」
と、ごまめが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「usamaro」が書きました。

2005/11/16

歯痛...

 昨日あたりから、上の歯が痛む。ちょっと何かをかもうとすると、痛さであごの力を抜きたくなるくらいの。
 虫歯の可能性もあるだろうけど、不思議なのは、この痛みは朝だと何ともなくて、昼過ぎあたりから痛み出すと言うこと。虫歯だったら、昼夜かまわず痛むはずだよなぁ...場合によっては眠れないくらいいたんだりするよなぁ...
 この痛みの正体っていったいなんだろう?

2005/11/13

やはりライオンはトラより

 11/10から始まったプロ野球のアジアリーグは、日本の千葉ロッテマリーンズと韓国のサムスンライオンズの争いになった。
 1回裏にロッテが1点先制したと思ったら、3回表にサムスンが1点取り返し、その裏に2点追加、5回にも2点追加と、日本シリーズ第1回戦、第3回戦の再現を一時は予想した(この試合はどちらも10-1でロッテの勝ち)が、そこは韓国一、毎回のように三振を奪い(サムスンは5投手で15個、ロッテは4投手で9個)、安打数もロッテの6本に対して13本と、韓国最強チームのパワーを見せ付けてくれた。
 極めつけは9回表、4本のヒットで2点を奪い、もしかしたら9回裏もあり? と思わせてくれたところ。小林雅投手が最後の打者を三振に討ち取ったけど。
 それにしても、やはりライオンはトラより強いんだなぁ、と思う一戦だった。
 

 

2005/11/10

洗いざらい

 11月に入って最初の通院日。
 先月、会社に言って人事の人と話したことを洗いざらい話した。
 「条件付の復帰」は認められないこと、前回の診断書は産業医に見せて云々と言っているがあれから連絡がないこと、などなど。
 主治医も「条件付じゃダメなんだ...」と驚いていた。「そういう条件なら、状況を見てそういう診断書は出す」とは言ってくれたが、今の段階で結論を出せそうにないので、次回の通院日に結論を持ち越すことにした。
 鬱の時には、重大な決断はしないほうがいい、とはよく言われるが、実際問題として、そうのんきに構えてはいられない。
 でも、今の状態だと...
 

これは...(BlogPet)

夕は、「これは見なかった場合、後で「服用しなかったことに翌日分の薬を服用し終わった後に「正規の」
位置に移動した
このため、バファリンすればよかった?
場合は、「希死念慮」
といって、抜歯とかなりそうだったらその方が危ないと、入れているの薬は1日分の薬を飲もうとしたらその方が危ないと、ふたを閉めると、しょうを2回に分けて服用しなかったことにしよう
と思うかもしれないで服用し忘れた分については、「昼」→「朝食後」
、ピルケースの薬を服用すると、服用後すぐに.....)と思って、抜歯とかなりそうだったら、そんなことは服用していたかといって、(アレビアチン+
テグレトール+
フェノ
バール+
テグで言うまでもないバールと、服用後すぐに翌日分を入れた..と思って、歯医者に行って、ふたを閉めると、血が止まりにくくなるから


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「usamaro」が書きました。

2005/11/09

まずは足元から

 今月初め、千葉銀行の名を騙ったCD-ROMが送付されて、それからソフトをインストールしたら、口座から覚えのない金を引き落とされたとか、口座に覚えのない入金があった、とか言う話があった。
 実際に被害にあった企業の担当の方の話をTVのニュースで聞いていると、どうもメールの添付ファイルとか、怪しいサイトに関しては、注意を払ってはいるものの、FDとかCD-ROMに関しては、それほど注意は払っていなさそうだ。  もっと簡単に言えば、オンラインには注意を払っている分、オフラインの危険に対する注意が甘かった、ということ。

 確かにここ最近見つかるウイルスとかスパイウェアとかトロイの木馬はメールを介して、とか、Webサイトにアクセスしたら、というのが多い。しかし、昔々、インターネットだのパソコン通信だのというのがそれほど一般的でなかった時代は、この手のものは、FDとかCD-ROMを介して蔓延するのが一般的だった。雑誌の付録のCD-ROMにウイルスに感染したソフトが収録されている、ということがわかって、次号にお詫びの記事が載る、ということが、ままあった。
 極端な例だと、パソコン1台お買い上げごとに、もれなくウイルスが付いて来たなどと言うことも。これはインストール済みのソフトではなく、BIOSという、パソコンが起動するときに最初に起動するソフトがやられていたという、思い切りしゃれにならない事例である。対策はどうやったのだろう。BIOSのROMを差し替えたのだろうか、それとも、BIOSがフラッシュメモリになっているので、BIOS更新用のソフトで書き換えたのだろうか、そこは覚えていない。

 ここ最近、プロバイダ側で追加料金を払えばセキュリティの面倒を見てくれる、というサービスがある。それで安心しきっている人もいる。niftyも確かそれをやっているな。でも、自分はそれを利用する気にはなれない。理由はこれが有効なのは、ネットに接続していることが前提だ、ということだ。
 ネットが24時間365日あるいは366日、絶対に接続している、などということはない。メンテナンスでサーバが止まることもあるだろうし、障害で接続ができない、ということもある。まあ、サーバーは二重化するなりして、極力停止時間を短くはしているだろうけど、その間の経路はどうなんだろうか、という疑念は残る。

 それだから、自分はウイルス対策ソフトを使っているパソコンに導入している。今使っているパソコンは3台。しかも、スペックがそれぞれ違うので出費はけっこうな物だが、そこは安心料と割り切っている。そうでも思わないとやっていられない。フリーウェアのものもあるらしいが、金のかからない分手間隙がかかる(日本語化とか)ので、導入はためらわれる。その辺の手間隙を苦としない人なら、それでもいいだろうが。

 それはそうと、最近のウイルス対策ソフト、セキュリティ対策ソフトに言いたい。あれこれやってくれるのはありがたいが、その分パソコンの性能をどか食いするのは勘弁してほしい。そのために、導入だけしかしないユーザも少なからずいるのだから。あくまでもこの手のソフトは「黒子」的存在であるべきだ。パソコンユーザは、パソコンで仕事をしたり、ネットサーフィンをしたり、ゲームをしたりするために、パソコンを使っているのだ。ウイルス対策ソフト、セキュリティ対策ソフトを使うためにパソコンを使っているのではない。
 これは特にSymantecに言いたい。Symantecの製品には自分はトレンドマイクロとかマカフィーより信頼を置いているが、ユーザーインターフェースのけばけばしさには辟易している。もう少しシンプルにするだけでも、かなり軽く動くのではないだろうか。そういや、2006だととうとう98/Meはお見限りだっけ。親父のパソコンは、OSが98SEなのでNortonの使用はあきらめて、トレンドマイクロにしてしまったよ。
 うちのパソコンでNortonを使いつづけられそうなのは、OSが2000のThinkPadだけになってしまった。これも後何年Nortonが使えるんだろうか。
 
 

2005/11/05

朝も早よから...

 午前中、妹が署名用紙を持ってやってきた。
 内容は簡単に言ってしまえば、「道路整備のため、と称する自動車関係諸税の一般財源への繰り入れに反対する」というもの。
 両親は素直に署名したが、私はちょっと別の意見があるので、署名をためらっていたのだ。それが元での兄妹げんかである。
 別の意見といっても、「まるごと」一般財源への繰り入れは反対。でも、一部を公共交通整備に回す(ある人の意見ではその数%をまわすだけで十分、という話を聞いたことがある。こう言う言い方はあまり好かないが、ヨーロッパだと大都市圏内に事業所をおく企業から、公共交通整備の目的税をとっている所、石油関係の税のかなりの部分を公共交通整備に当てている)ことで、結果的に実が取れればそれでいいのではないか、という気がしているからだ。これがためらった理由。

 もちろん、今の税率が本当にこれでいいのかどうかは別だ。ここ最近は、5ナンバーの新車の種類が減って、やたらに3ナンバー化(VWのゴルフやニュービートル、スバルのレガシィやインプレッサセダンまで3ナンバー化、と言うのには正直言って、二の句が継げなかった)したら、確かにどかどかと税収は上がるだろう。5ナンバーに比べて3ナンバーの法が以前ほどにはないにしろ、税負担は重かったはずだから(今でもそうかもしれない。でも、所得税導入時に簡素化されて、その差は縮まったとか言う記憶がある)。

 結局、あの署名で何を求めたいのだろう?
 「税金が高いから、安くしろ」なのか、「今ある金を使って、ガンガン道路を整備しろ」なのか、「有料道路を無料化しろ」なのか、もっと他にあるのか。
 でも、公団だと本当に必要な道路なのかきちんと見極めずに道路を作ってしまうから、とか言う理由で、道路公団を3つの株式会社に改組(「民営化」と言うマスコミが言葉はあえて使わない。最初は国が100%株式を持つ株式会社で、民間資本が全く入っていない、と言ってもいいものだから。どうしても、使いたいなら国が大株主でなくなったあたり、できれば国の資本が0になったあたりでそういってほしい)したのではなかったか。そのことを折り合いをつけるとしたら、「税金を安くしろ」なのかな、やはり。

2005/11/04

下の親知らずを抜く

 今日は左下にある虫歯の治療の日。
 で、そこでわかったのが、左下の親知らずが虫歯になっていること。
 あわてて抜くほどでもない、ということなのだが、自分はどういうわけだか年末年始にかけて親知らずが虫歯で痛み出す傾向がある。当然、歯医者もどこも休診だから、正月明けまで、虫歯の痛みに七転八倒。そして、松の内が終わったあたりに抜歯。上の親知らずはこの調子で左右とも抜歯した。
 こう言う経験は1度で十分。それを自分は2度やった。もうこりごりだわい、ということで、抜いて済むならとっとと抜いてください、とばかりに抜いてもらうことにした。
 
 で、X線写真を撮って...患者(つまり自分だ)も医者もびっくり仰天。生え方が尋常でないのだ。
 普通、歯は上の歯は歯槽骨から下へ、下の歯は歯槽骨から上に向かって生えているものだ。まぁ、垂直とまでは行かなくともそれに近い角度で。ところが私の下の歯の親知らずは、本人の性格丸出し(悪かったね)で、横倒しのような状態で生えているのだ。

 こりゃあ、まともに引っこ抜くと言うわけにはいかない。やったら、歯槽骨どころかあごの骨までいかれかねない。と言うわけで、まず、まず抜くためのスペースを作ってから抜く、という大作業になった。
 普通なら、5分もあれば済む抜歯が、何分かかっただろう、診察室を出たのが20:20だから、少なくとも20分、もしかしたら40分はかかったかもしれない。

 抜かれた歯はもう血まみれ、歯と言うより、肉塊という感じだった。抜いた歯をもらってきて、写真とって、貼り付けようかと思ったけど、あまりにグロテスクなので、それはやめておく。そもそも、もらってこなかったし。
 そのときの医師の話では、歯を二分割して、上の部分を取り除いた後、そのスペースを利用して、残りを抜いたとか。お世話をおかけしました。
 
 これで、残った親知らずは右下のみ。ただ、こっちはまったくの横倒しなので、抜くとなったら、少なくとも三分割しないと抜けない、と言われた。以前、妹に上の親知らずを抜くより、下の親知らずを抜く方が大変だ、とは聞いてはいたが、確かに、歯を一本抜くだけにしては、えらい騒ぎだったような気がする。

 今度の年末年始は残った親知らずが痛みませんように。
 歯痛を苦に...なんて、悲劇でも、喜劇でもない、茶番だ。いや、茶番ですらもないか...

2005/11/03

これは...

 ピルケースから朝食後の薬を飲もうとした。
 いつもだったら、

 ヒダントール×2、(アレビアチン+テグレトール+フェノバール+メコバラミン+ルジオミール+バファリン)×1

とこれだけ飲む(ただし、翌日歯医者に行くため、バファリンは服用しなかった。これを服用すると、血が止まりにくくなるから。処方医からも、歯医者に行って、抜歯とかなりそうだったら、その日は服用しなくていいとも言われたし)のだが、ピルケースの朝の分から出てきた薬は

 (テグレトール+ベンザリン)×1

 開ける場所を間違えたかなぁ(←字は読めるでしょうに...)と思って、ふたを閉めると、確かに開けたところは「朝」。そう、間違えたのは「入れるべき」場所だった。
 私の場合、今薬を服用するタイミングは、「朝」、「夕」、「寝る前」だが、以前「寝る前」の薬をいっぺんに服用すると、効き過ぎる感があったので。寝る前に飲む薬を2回に分けて服用していた。このため、
 ピルケースの「朝」→「朝食後」、
 ピルケースの「昼」→「夕食後」、
 ピルケースの「夕」→「寝る前(1回目)」、
 ピルケースの「寝る前」→「寝る前(2回目)」
と言う形で使っていた。それが今日は場所がずれていたと言う次第。
 どういうふうにずれていたかと言うと、
 ピルケースの「夕」→「夕食後」
 ピルケースの「寝る前」→「寝る前(1回目)」
 ピルケースの「朝」→「寝る前(2回目)」
 ピルケースの「昼」→「朝食後」
だったかと思う。気づいた後に「正規の」位置に移動したのは言うまでもない。

 翌日分の薬は1日分の薬を服用し終わった後、いつも、入れているがそれが悪かったのだろうか? かといって、服用後すぐに翌日分を入れた場合、後で「服用し忘れた...(汗)」と思うかもしれない。ほとんどが中枢神経に作用する薬だから、下手に服用したらその方が危ないと、服用し忘れた分については、
 「これは見なかったことにしよう」
としているのが本当なのだが...(ぉぃぉぃ)

 うっかりミスと言えばそれまでなのだが、もしかして「希死念慮」と言うものが働いたのだろうか? いや待て、「希死念慮」が本当に働いたとしたら、そんなことは気にしないで服用していたか...

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ