Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« とんで帰る | トップページ | とうとうネムーが »

2005/09/29

パキシル

 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と言われるタイプの抗うつ剤、「パキシル」(塩酸パロキセチン水和物というのが一般名)を妊婦が服用した場合、胎児への先天性異常発生率が他の抗うつ剤に比べて高い、と言う結果が出たらしい。

 中国新聞
 中日新聞
 産経新聞

 とは言っても、抗うつ剤を妊娠3ヶ月までに服用した場合の心臓などへの先天異常発生率は約4%。一般的な先天異常の発生率が約3%。その差は1%。大差ない、とも受け取れそうだし、先天異常発生率が1.3倍になるとも受け取れる発生率だ。
 医者も妊婦への処方は回避するだろう。とはいえ、妊娠していると言うのがわかるのは、だいたい2~3ヶ月かかるだろうから、その間に知らずに処方され服用する可能性はあるか。
 でも、1%でも増えると言うことは事実だから、やはり何らかの警告はいるんだろうなぁ...

« とんで帰る | トップページ | とうとうネムーが »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

そうなんだ。
 それだと、気になるでしょうね。
 でも、そうらしいんだと。

アル♪もパキシル服用してるんだがなぁ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23054/6172414

この記事へのトラックバック一覧です: パキシル:

« とんで帰る | トップページ | とうとうネムーが »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

無料ブログはココログ