Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« NHKvs朝日新聞の仁義なき戦い | トップページ | Blog Petこうさぎの設定が変わったぞ! »

2005/02/13

見てきたぞ、パッチギ!

 タイトルのとおりです。池袋メトロポリタンプラザ8Fのシネ・リーブル池袋で見て参りました。
 とにかくエネルギッシュと言うか、ハチャメチャと言うか...撮っている方、演じている方も大変だったでしょうけど、見ている方もけっこう大変でした。
  「鉄」で「バスマニアン」な奴の目からすると、なんで1968年の京都に昭和58年排ガス規制適応のバス(パンフを見返したら、平成元年規制以降っぽいバスまでいた...)がいるんだ? とか、駅でスケバンと番長の彼女が話を交わすシーン(これが嵐電の北野白梅町で撮ってたのね...さすがに四条大宮じゃ無理だったかな?)で入ってくる電車がなんでいかにも平成製のレトロ電車なんだ、とか、突っ込みいれたいところもあったけど...これは言わない約束か?
  「帰ってきたヨッパライ」で一世を風靡したフォーク・クルセイダーズが「イムジン河」の代わりにリリースしたのが「悲しくてやりきれない」だったというのは、政治の波に翻弄された歌に対する哀悼の気持ちとか歌いたい歌、聴いてほしい歌を聴いてほしい歌をレコードにできなかった(34年後に日の目を見たけど)ことに対する無念さとかさまざまな圧力に対する抗議の気持ちとかがこもっていたんだろうね。何のシーンだったか忘れたけど、この歌が流れたとき涙がこぼれたことだけは覚えている。チェドキが不慮の事故で死んだ葬式のシーンだったかなぁ? ま、これはDVDにでもなったときに確かめよう。
 1968年。幼稚園の年少組だった年だ。懐かしい言葉もいろいろ出てきたなぁ...
 そんなこともあったんだ、ってこともあったけど...

 #五木寛之の「青春の門(筑豊編)」あたりもあわせて読んでおくといいかもね。
 #ちなみに、今コミック化されて「週刊モーニング」で連載中。

« NHKvs朝日新聞の仁義なき戦い | トップページ | Blog Petこうさぎの設定が変わったぞ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てきたぞ、パッチギ!:

» 『パッチギ!』 [京の昼寝〜♪]
■監督 井筒和幸 ■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟    殴り合ったら、同じ色の血が流れた... [続きを読む]

« NHKvs朝日新聞の仁義なき戦い | トップページ | Blog Petこうさぎの設定が変わったぞ! »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ