Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の43件の記事

2005/01/31

「がんばろう!インドネシア」の補足

 「かんばろう!インドネシア」で、スマトラ沖地震の募金にはあえて応じない。それより、インドネシアの商品を購入することでそれに代えたい。と書いた理由について補足しておこうと思う。
 そのきっかけは、古舘伊知郎が週刊漫画ゴラクに書いていた「ボクの細道」というコラムに書いてあったことに由来している。「続」とか「新」がついていたかもしれないけど...
 内容をかいつまんで(って、現物は今ここにないので、記憶を頼りにするしかないが)書くと、東南アジア(どの辺だって? だから、細かいことは覚えてないんだってば...)に旅行したときのこと、ホテルの部屋をノックする音がするので、出てみると、まだいたいけな女の子が立っていたんだそうだ。で、「少女売春」とか言う文字が頭に浮かんで、金を渡して追い返そうとしたら、突っ返してよこす。わけを訊くと、「何もしないで金をもらうのはおもらいさんのすることだ。私はおもらいさんじゃない。だからこの金は受け取れない」とのこと。あれ? 「何もしないで金をもらったとなると、雇い主に怒られる」だったかな? ま、とにかく受け取ってもらえなかったそうだ。
 で、「う~ん、こいつは困ったな」と古舘さん。しばし考えて「実は腰が痛いんだ。マッサージしてくれないかな」と女の子に頼んだそうだ。マッサージの後で、「ありがとう。これは君が働いて稼いだお金だ。だから受け取ってくれるよね」と言って金を渡したら、にっこり笑って受け取ってくれた、って話だった。
 要するに金を渡すほうは善意のつもりなんだけど、受け取る側にとってはそう素直に受け取れない場合もあるということなんだよね。
 募金に応じる人たちが被災者を見下している、と、切って捨てる権利はもちろん私にはないが、募金箱に金を入れるときにちらりとそういう意識が頭をかすめないとも限らない。少なくとも自分にはそういう意識は全くないと言い切る自信がない。
  「けっ、偽善者が」とののしりたければ、2ちゃんねるででもどこでもののしるがいいさ。
 でも、この考えも間違いではないと自分では思っているけどね... 

 2005/02/02補記
 「がんばろう!インドネシア」へのリンクをミスってました。ごめんなさい。m(__)m

松茸が売れる理由は?

 ちょっと固いジョークが続いたので、軽いものを... 

 北朝鮮から日本に輸出しているものの中に、松茸がある。
 その収穫、出荷のシーズンのこと、松茸狩りをしている同志たちがこんな会話を交わしていた。

 同志A「日本人ってほんと松茸が好きだねぇ...」
 同志B「ああ、そうみたいだね...」
 同志A「しかし、いくら好きでもこんなに口に入るかねぇ...」
 そこに同じく松茸狩りをしていた女性の同志が割って入り、
 「ふふっ、口は上だけではなくってよ...」

首相狙撃犯の罪状
(注:この物語はフィクションですが、登場人物は...謎)

 日本の首相が街頭演説中に銃で撃たれた。幸い弾は急所を外れ大事には至らなかったが。
 狙撃犯は居合わせたSPたちによってその場で逮捕された。
 各紙は首相狙撃を号外で知らせたが、それにはこのように書かれていた。
 「首相街頭演説中に撃たれる。犯人は動物愛護法の現行犯で逮捕」

クリスチャンとムスリムの会話

 ムスリム「おい、クリスチャン。右手に持っている本はなんだい?」
 クリスチャン「聖書だよ。」
 ムスリム「ほう、それはありがたい本だね。ところで、左手に隠し持っているものは何?」

2005/01/30

小泉首相が靖国参拝にこだわる本当の?理由

 神田明神に参拝したら、米国の大統領に合わせる顔がないから、とも思われる。
 【理由】
 (1)神田明神には平将門が祭られている。
 (2)大手町にある将門塚のあたりを戦後GHQがモータープールにしようとしたが、事故が続発し断念せざるを得なくなった。
 彼らは本国への報告書へこのように書いたに違いない。
 「我々はトーキョーのオーテマチと言うところにモータープールを作ろうとしているが、生意気にもそれを邪魔するジャップがいる。名前は『マサカド』と言い、ジャップどもの話ではこの国の昔の大酋長だったと言う。ジャップの人夫どもは、モータープールの工事現場で事故が続くのは『マサカドのたたり』だと言って、おびえて仕事にならない。
 仕方がないので、腰抜けのジャップは放っておいて、我々だけで作業を始めたが、マサカドが邪魔ばかりして困っている。
 我々は彼に邪魔をするのをやめるように何度も言ったが、無駄だった。彼はどうも我々の言葉を理解できないらしい。こんな無教養な奴が大酋長だったというのだから、ニッポンという国はどうしようもない。我々の手で、一から作り直さないとダメなようだ」
 (3)「GHQの声は神の声」であった当時としては、これはGHQ、ひいてはその中心であったアメリカに対する重大な反抗である。ゆえに、「平将門は反米的である」と言えないこともない。
 (4)そんなところへ参拝しようものなら、「コイズミは反米的なヤツを祭る神社へ参拝した。口では日米同盟は大事とか言っているが、腹の底では何を考えているかわかったものではない」と言う評判がたちかねない。
 (5)日米関係維持のためなら、他のことは何でも犠牲にしてかまわない(ように見えるんだよな)小泉氏にしたら、そういう評判がたつのは、国内はともかく国際的には命取りである。
 (6)なお、ヤケクソになって参拝するかもしれないが、そのときは「そーり」と言われるのに嫌気がさしたときであろう。
   考えようによっては、この方が却ってヤバイかもしれない。アメリカの機嫌は損ねるだろうし、アジア諸国は薄気味悪がるだろうから...?

とりあえずチェック入れた映画

 大統領の理髪師
 ガタイはでかいが気の小さい床屋をコミカルに演じる、ソン・ガンホに免じて...

 サマリア
 「韓国でこういうのあり?」というストーリーなので...
 実際にあるのかもしれないけどさ、正直言ってよくこういう内容の映画がとれたなぁ、と驚いた...

 パッチギ
 ストーリーが場所と時間をスリップさせた「澪つくし」っぽいけど、「イムジン河」に免じて...

 火火
 予告編の姉さんかぶりの田中裕子を見て、「おしん」かと思った人は、ボク一人ではないはずだ...

2005/01/29

「国会中継」

 子供のとき、この番組が嫌いだった。
 というのも、このために楽しみにしていた「おかあさんといっしょ」が流れることが多かったから。
 今は教育テレビでやっている「おかあさんといっしょ」も昔は総合テレビでやっていた。いつまでだったかは知らないけど...
 しっかりそれがトラウマになったようで、恨み骨髄、五百年(そんな昔にゃラジオもないわ)、三つ子の魂百までも、と言うわけではないが、今も国会中継は嫌いである。品のない野次や怒号の飛び交う番組を長時間に渡って見る気もない、というのもあるし...
 品のない野次や怒号? そういや、テレ朝系でやってる「朝まで生テレビ」ってそんな感じだよな。いっそ、「国会中継」なんてひねりも何にもない名前ではなく、「朝から生テレビ」って言う風にしたらどうだろうか?
 NHKにそこまで要求するのは...無理だろうな...

「がんばろう!インドネシア」

 10年前の阪神・淡路大震災の復興の合い言葉は「がんばろう!神戸」だった。
 昨年の新潟中越地震の時は、何だっけ?「がんばろう!新潟」でよかったかな?(補足:新潟県長岡市に本店のある大光銀行のWebサイトによれば、「元気出していこー!新潟」だった。ちなみにこのスローガンについてのWebサイトはこちら)
 そして、スマトラ沖地震。震源に近かったインドネシアはすごいことになっている。ま、インドネシアだけではないけれど...
 1/28に恵比寿ガーデンシネマに行ったとき、インドネシア映画「ビューティフル・デイズ」の予告をやっていた。ちらりと予告を見ただけだと、いかにもべたべたの青春ものみたいだけど、けっこう面白そうな映画だな、という印象をもった。
 ということは、だ。みんなで見に行けば、それだけ多くの金が最終的にインドネシアに落ちるはず。インドネシア国民の大半はイスラム教徒だからザカート(喜捨)と言うことは知っているはず。スマトラは大変になっているけど、スマトラばかりがインドネシアではない。ジャワ、カリマンタン(ボルネオ)、スラウェシ(セレベス)などは、それほどダメージはないはずだ。
 日本赤十字社とかに直接募金してもいいけど、それは何か自己満足のような気がしないでもない。インドネシアの人たちのプライドを傷つけているような気がするのだ。同じ手を差し伸べられるなら、同じインドネシアの人のほうが受ける側も面子がたちやすいのではないだろうか?
 だから、「ビューティフル・デイズ」を見ることで、募金の代わりにしたいと自分は思っている。
 地震の起こった後の記者会見で、「あの地震は自分が引き起こしたんだ」と思っているんじゃないかと言うような悲痛な顔で、記者会見に臨んだユドヨノ大統領の顔が目に焼き付いて離れないから...

2005/01/28

恵比寿まで映画を見に行ったよ

 環球快樂日記を書かれているlilyさんから紹介のあった、「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」恵比寿ガーデンシネマへ見に行った。
 着いた時は運悪く15:10の上映が始まった後だったので、しばらく恵比寿麦酒記念館で時間をつぶす羽目になったけど...
 平日の日中に見に行ったので、客の入りはぱらぱら。定員の1/10くらいかな? その分落ち着いて見れたけど...
 それにしてもこの映画は、イブラヒムおじさん役のオマール・シャリフの演技が光っていたなぁ...
 あと、フランス映画っぽいエスプリもいっぱい。イブラヒムおじさんの営む食料品店の向かいのアパルトマンに住むユダヤ人の少年モモの筆下ろしのシーンには思わず笑ってしまった。「あのシーン」は見せず(見せるようなら、ここでは上映できまい。でも、昔シネヴィヴァン六本木でみた「肉体の悪魔」では...)に、それを思わせる画像を出して...これ以上は見てのお楽しみとしておこう。
 トルコ人やユダヤ人の描写にステレオタイプを感じさせるところや、ちょっとイライラさせられるストーリー運びとか難点はあるけど、まじめなんだかふまじめなんだかようわからんイブラヒムおじさんとモモに免じてそこには目をつぶろう。
 一度は見て置いて損のない映画だと思うよ。
 こんなにすばらしい映画を紹介してくれたlilyさんに感謝!

ちょっと待て、その一服が...

 寝る前に服用する薬がSSRIのパキシル。これが2錠/回。
 まあ、寝る前とか言いながら、実際は21:30~22:30の間に飲むことが多い。
 今日もいつものように服用しようとしたら、どうも様子が変なのに気が付いた。パッケージを取り出し、しまおうとしたときに目にした文字は...
 な、なにぃ!? 「サイレース」!?
 これ、頓服の睡眠薬じゃん! しかも、1回はとりあえず1/2錠じゃん。指示された量の4倍も服用して大丈夫かよ、おい...
 もちろん、これはパッケージに戻し、正しくパキシルを服用したのは言うまでもない。
 でも、開けてしまったのは仕方ない。今日もサイレースを服用して寝よう。1/2錠だけね。
 こういうことのないようにって、薬ケースを持っているんだけど、これも仕分けをミスったら...
 そもそも服用する薬が多いんだよなぁ...アレビアチン、ヒダントール、テグレトール、フェノバール、バファリン、コバラミン、トレドミン、そして、パキシルとサイレース。
 「4種類以上の薬を服用する人は、医学の領域を越えたところにいる」と家にある木村繁氏の「医者からもらった薬のわかる本」に書いてあったが、果たして私はどこにいるのだろうか?

2005/01/27

鉄道趣味、バス趣味とは...

 今日、池袋のLIBROに本を買いに行ったときのこと。この本は鉄道関係(正確にはバスなんだけど、どういうわけかバス関係の書籍・雑誌は自動車のコーナーではなく、鉄道に分類されることが多い)なので、鉄道関係のコーナーを探した。
 ところが、見つからない。
 というわけで、もう少し上のカテゴリーで見ることにした。探していたのはバス趣味関係だったので、趣味のところを。
 それでもない。
 LIBROはそんじょそこらの町の本屋さんのような小さな本屋ではない。ただ、品揃えが多少いいふりこきなので、こういう関係の書籍や雑誌は扱わないようになったのかもしれない。
 昔はそんなことはなかったのになぁ...と思いつつ、「やっぱ、ジュンク堂かなぁ...」とLIBROを出ようとしたところ、やっと「鉄道」の棚を見つけた。
 さて、このカテゴリーは何のサブカテゴリーだったと思います?
 「自動車・バイク」ではない。「実用書」でもない。もちろん「理工学」でもなく、「語学」でもなく、「スポーツ(←柔道、剣道、合気道、空手道あたりの親戚だと思われたとか)」でもなく、「教育」でも「教養(←茶道、華道、書道あたりの親戚と思われたとか)」でも「芸術」でもなく、「政治経済」でもなく、「文学」でも「芸能」でもない。
 なんと、「健康・ギャンブル」の棚の中にあったのだ...しかも、「ギャンブル」の隣...(+_+)
 (¨)(..)(¨)(..)、いいセンスだよ。鉄道を敷いて、利用してくれるかどうか、儲かるか損するかは確かにギャンブルと言えなくはない。だいたいは儲からないようだけど...

 いやはや、目からうろこが落ちました...
 しかし、そういってしまったら、商品開発とか教育とか株とか債券とかもある意味ギャンブルでないかい、と思うんだけど... 
 

2005/01/26

銀行名とJRの列車名のちょっと興味深い?関係(1)

 私のメインバンクはUFJ銀行とみずほ銀行。
ところで、UFJっての略だったっけ? 
 「Unko FunJatta」? 
 「Usotsukuna Fuzakeruna Jodan'iuna」? 
 「Usotsukide Fumajimekiwamaru Josobu」? 
みずほは
 「みえぼうで ずーずーしいよ ほんとうに」?
 「みろこれを ずっとトラブル ほっといた」?
  「みっともない ずるずるごたごた ほっとけよ」?
  の略だったかな?(*_*)☆\(-_-;)
 失礼いたしました。言葉遊びはこれくらいにして、仕切り直しさせていただきます。m(__)m
 私のメインバンクは三和銀行と富士銀行でした。これが再編でUFJ銀行とみずほ銀行になったのはご存知のとおり。
で、旧第一勧銀と旧富士銀と旧興銀が合併してガラガラポンでみずほ銀行とみずほコーポレート銀行に再編されたときに、あることに気が付いた。
 「おい、こりゃブルトレと逆じゃんか」
 そう、その時JRの特急に「富士」はあるけど、「みずほ」はなかった。逆に銀行名は「富士」が消えて、「みずほ」が残ったというか生まれた。
 そういや、いわゆる都市銀行だと、地域べったりの名ではなく、まあどこに本店があっても不思議のないような名前(たとえば「南国銀行」って名前の銀行の本店が札幌にあったら、変だよねぇ。あ、「南国銀行」って名前の銀行は適当につけました。少なくとも全銀協の会員にはありません。南日本銀行というのはありますけど)が多い。JRの特急も古くからあるものならそうである。「つばめ」とか「はやぶさ」とか「しらさぎ」とかなぜか鳥の名前が多いけど。
 とりあえず、「四大メガバンク」関係で見てみると...

 「さくら」..さくら「銀行」は合併で三井住友銀行となって名前は消えた。
      JRの寝台特急「さくら」はまだ残っている。でも、JRの「さくら」も今年の2月いっぱいで幕を下ろすそうだ。
 「東海」...東海「銀行」はUFJ銀行になって、名前は消えた。
       JRの方は急行から特急になって、まだ残ってはいる。
 「富士」...前述のとおり。
 「みずほ」...これも前述のとおり。
       ただし、かつては鹿児島線経由で西鹿児島(今の鹿児島中央)まで運行していた「はやぶさ」が熊本どまりとなり、.かつての「みずほ」の運転区間となったから、「はやぶさ」と名前を変えたといってもいいのかなぁ...
 「あさひ」...銀行の方は、合併・再編で「りそな」と「埼玉りそな」に。
        JRの列車名は...ありゃ、これもない。昔は上越新幹線でブイブイ言わしていたのにねぇ...
 
 まだあったかな? なお、地銀のほうは別途書き込みますので、そちらをご覧くださいませ。

 #ところで、東京三菱銀行とUFJ銀行が合併したら、とりあえずは2つの銀行名をくっつけるんでしょうねぇ...
 #都銀ではかつての「太陽神戸三井銀行」以来の長い名前になりますねぇ...
 #そのうち名前を変えるんでしょうけど、もしよろしかったら「セマウム(韓国語で「新しい心」の意)銀行」って名前にしません?

 #冒頭の枕、佐高サンとか金融庁の検査官が言ったら、思いっきりしゃれにならんだろうな。
 #佐高サンは旧第一勧銀の略称「DKB」は「DeKunoBo」の略じゃないか、と言った人だから、「UFJ」についても一言を期待したんだけど...

 
 
 

BlogPet

 こうさぎ今日の書き込みを見たら、こうさぎの書き込みの後にはいつも「(こうさぎ)」とあったのが、「(BlogPet)」に変わっていた。
 1/24からサービス拡充計画のために、このように変更するようにしたとか。
 URLもhttp://www.blogpet.net/のように変わるようだ。今のところは従来のものも使えるけど。
 新たなBlogPetは何が出るんだろうか?
 カメ? サル? キツネ?

さよなら、エル・スール

 アクセス解析を見ていたら、検索キーワードの中に「エル・スールが閉店」というものがあった。
 なんのことやらと、エル・スール・レコーズのサイトを見てみると、こんなことが...
 ワールドミュージック専門のCDショップとして頼りにしていただけに、これはかなり痛い。日本ではなかなか紹介されないCDとかもここだと扱っていたりしたからなぁ...
 場所を移転して再開する、という言葉を信じるしかないかなぁ...

眠い、眠いぞ、とにかく眠い。(こうさぎ)(BlogPet)

きのうpyokotanが、imbe3と3したいなぁ。
imbe3は、

pyokotanが予感したかもー。
きのう、曲へ収録したかったみたい。
きょうimb

といってました。

*このエントリは、BlogPetの「pyokotan」が書きました。

油脂となんばん

  「心頭滅却すれば火もまた涼し」と言ったのは、信長に焼き討ちされた信玄の菩提寺、恵林寺(えりんじ)の快川国師(かいせんこくし)。真冬に水攻めにされたら、「心頭滅却すれば水もまた温かし」と言っただろうか。
 それはさておき、かつて写真のところのイラストにあったように見事なる骨体美を誇る私、暑さ寒さは人一倍体にこたえる身である。
 そんな私の寒さを乗り切る手立ては、タイトルにあるとおり。油脂となんばんである。なんばんとは、唐辛子のこと。南蛮漬けと言う料理には唐辛子が入るから、南蛮漬けなのぢゃ! まちがってもとうもろこしとかかぼちゃ(これをなんばん、と言うところもある)を放り込まないように。
 春夏秋は脂っこいものは極力避ける私も冬場は寒さを乗り切ると言う至上命題のために、油脂に関する許容範囲がゆるくなる。ラーメンは塩や醤油はおろか、味噌ラーメンも許容できるし(ただし、よほど冷え込む時以外は絶対だめ)、世田谷のボロ市などでは、牛スジ煮込みが常食となる。
 こいつになんばんをばーっと振りかけてはふはふ言いながら食べる。アブラとカプサイシンの《しじょーさいきょーきょーりょく》(《》内の漢字は適宜当ててください)タッグで寒さを撃退するのだ。
 辛さ、脂っこさの苦手でない人はお試しあれ...って、みんなけっこうやっているのかな?

2005/01/24

なんだ、この圧迫感は?

 1/23の書き込みで、
 本屋に入ったら、頭痛とともにその辺にある本の活字やPOPの文字が自分に押し寄せてくるような感じがしてきたんだよなぁ...
 と書いたけど、今日はお使いに行ったスーパーにあるCDショップで同じ感覚に襲われた。ずら~りと並んだCDのレーベルがバリアを張って近づくのを拒む感じ。もちろん、頭痛もあり。
 家の近所のスーパーでこれでは、ショッピングセンターとかデパートは推して知るべしか?
 しばらくは家でごろごろするしかないのかなぁ?
 

2005/01/23

たまには映画を見に行きたいんだけど...いけるかな

 学生時代から、社会人になって3年くらいまではよく映画を見に行ったものである。一時はユーロスペースやシネセゾンの会員になり、会員割引をいかして見まくったとか。ユーロスペースは会員になるとけっこう入場料を引いてくれたのと、会費が安かったこと(確か3~4回見れば元は取れた)、見たい映画を結構上映してくれたので重宝していた。シネセゾンは私的にはそうでなかったが...
 しかし、そのうち見たい映画が少なくなってみたこと(制作費にいくらかけたかを自慢するような広告を打つような映画はあさましさを感じてそれだけで見る気が失せる)、映画館の中で何時間もじっとしているのがどうも性分に合わなくなってきたことから、遠ざかってしまった。
 最後に見たのはいつだったか、池袋にあった文芸坐でオールナイトのトルコ映画を見た時だったか、記憶も定かではない。もしかしたら10年は遠ざかっていたかもしれない。
 そんな中で、今見たいと思っている映画が、
 邦画では「北の零年
 洋画では「イブラヒムおじさんとコーランの花たち
である。
 北の零年はまだしばらく大丈夫だろうけど、「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」は東京ではあと2週間しかやっていないので、なんとか早めに見ておきたいものだ。
 問題は体調だなぁ...先週、本屋に入ったら、頭痛とともにその辺にある本の活字やPOPの文字が自分に押し寄せてくるような感じがしてきたんだよなぁ...映画館のスピーカーから出てくる音に耐えられるんだろうか? それが心配だ。

2005/01/21

せがれもすなるBlogといふものを、おやぢもしてみんとしてするなり

 関東地方、甲信越地方以外の方にはなんのこっちゃのローカルネタで申し訳ございません。m(__)m
 今日(1/21)の19:30からNHK総合で放送された特報首都圏で、ブログのことが取り上げられていた。
 それを見た親父がBlogを立ち上げてしまった...って実はやらされたのはこっちだが...
 親父はNiftyのユーザではないのでココログではないけど、よろしかったら覗いてやってください。
 名前の候補としては「七十の手習い」とか「おもちゃドクターの診療簿」とか「ごまめのはぎしり」とかあげたんですけど、ことごとく却下されてしまいました。で、今は仮の題名で「とりあえずBlog」です。
 没になった名前のうち、「ごまめのはぎしり」は私が使おうかなぁ...
 

2005/01/20

ぐったり

 ただでさえぐったりすることが多いというのに、ここ最近は変な夢にうなされ、夜中に起きてしまうことが多くなった。
 眠れないときに、と渡されたマイスリーはなるべく飲まないようにしていたが、飲むことが多くなり、飲んでも寝付けないようなこともあった。
 今日病院に行ったら、薬の処方が変わり、パキシルが4錠から2錠に減った代わりに、トレドミンを1日3回飲むことに。
 また頓服用の薬も、マイスリーからサイレースに代わった。
 帰り道は気も体も重かった。
  
 
 

2005/01/19

ネムー試してみよう

 もぐたんさんのBlogで大塚製薬のネムーのことが紹介されていました。
 これを飲むようになってからよく眠れるようになったという話なので、試してみます。
 今日、今晩と明晩の2日分(1本/日)買ってきました。マイスリー(眠れないときにと渡されている頓服用の睡眠薬。でも、ここ最近毎晩飲んでいるんだよな)に頼らずに眠れればいいな...

眠い、眠いぞ、とにかく眠い。(こうさぎ)

pyokotanが予感したかもー。
きのう、曲へ収録したかったみたい。
きょうimbe3で、1したかった。
きょう、ここへ曲も予感した?


*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2005/01/18

マイ・テーマ曲

 1.自分をあらわす曲
 大学時代は中島みゆきのアルバム「予感」に収録されている「ばいばいどくおぶざべい」でした。
 音楽系のサークルにいたのですが、その時左手の指に腱鞘炎を起こしてしまって、途中で止めざるを得なかった自分にこれほど当てはまる曲はなかったと思っていました。この歌の主人公も左手を傷めてギターを捨て鉢になっていたので、傷をなめあうと言う感じで共感できていましたので。
 社会人になって、「彼女の生き方」に変わりました。入社半年でやっかいな病にかかり、それをずるずると引きずることになりましたので。
 そのうち、好みが中島みゆきから山崎ハコに変わり、今は「気分を変えて」と「希望」が「マイ・テーマ」かなぁと思っています。Hiなときは「気分を変えて」、Lowなときは「希望」。あとるりの「憂ひ」、「徘徊」、「ボクノホシ」も加えていいかな。
 
 2.やる気が出る曲
 以前なら、牛若丸三郎太(時任三郎)の「勇気のしるし」とためらうことなく答えられましたが、今は残念ながらありません。
 
 3.リラックスできる曲
 最近の日本の歌ににはありません。
 強いて言えば、EnyaとGülayかな?
 Enyaはともかく、Gülayは知らん人が多いだろうなぁ...
 
 

2005/01/16

世田谷ボロ市(リベンジ編?)

 本当はボロ市には昨日行く予定だった。しかし、雪が降るとか言う話だったのでこの日は見送って今日行ってきた。
 あいにくの雨で、人は12月のときよりは少ないようだったが、傘を差して歩く人が多いせいか歩きにくいことはいつもと変わらなかったような気がした。そうそう、最終日のせいか、天気のせいか露店がいつもより少なかったようなのも気になった。
 雨は降るし風は強いしで冷え切った体を、亜瑪羅亭(あばらてい)という焼き肉屋の前で売っていたチゲで暖める。どんなものかと思っていたら、汁に唐辛子が入っているところ以外は、いわゆる「牛スジ煮込み」だったので、肩透かしを食らった気分だったけど。ま、唐辛子パワーで体がほかほかしたから許そう。(~_~;)
 そういや、チャプチェの屋台はついに見なかったなぁ...何年か前にはあったんだけどね...

2005/01/15

e-casioはしみったれ

 我が家のCASSIOPEIA FIVA MPC-206(げ、いつの間にかCasioのサイトから消えてる)のバッテリーがへたって来た(満充電時の容量は新品時の1/3になっている)ので、替えのものを購入する必要が出てきたが、困ったことになかなか見かけない。価格.comとかを見ても、載っていない。カシオのオンラインショップ、e-casioですら、一時は在庫切れとなっていたくらいだし...
 はは、これで新しいPCを買ういい動機ができたわい、このPCはマザーを3回も交換したし、ネットワークの接続速度はベラボーに遅いしと、思っていた。
 で、今日何気なしにe-casioを覗いてみると、ず~っと在庫切れだった、MPC-206用の大容量バッテリーがあるではないか。う~む、どうするか。もう見限りたいPCだから、ほっておくか。いや、これを逃したら次はいつ買えるかわからんぞ、う~む...
 というわけで買ってしまった。金に余裕があれば2~3本買っておこうかとも思ったが、そんな余裕はないので1本だけ。ちなみに、本体価格は23,000円。これに消費税が5%のっかって、24,150円かぁ~。え? e-casio会員なら会員特別価格? そういや、私は会員だったな、と言うわけで、会員のページへログイン。
 さて、会員特別価格は非会員よりいくら安いかな? 10%くらい安いかな?と思ってみると、会員ページで表示された会員特別価格は、22,770円。税込みで23,909円
 確かに非会員よりは安い。けど、その差は...えっ? たった1%しか違わないんですか?
 普通会員特別価格ったら、10%くらいは違わないかい? IBMのオンラインショップはこれくらいは違ったと思うんだけど...
 10%が無理なら5%とか... 1%なら会員特別価格なんて言えないじゃん。
 これって消耗品だからか? だとしたら足元見ているとしか言いようがないような...
 

2005/01/14

キーワードは「気合だ」?

 どういうわけか今週は調子が悪い日が続いた。何せ1日の半分は寝る日が続いたもんで...
 今日も例によって朝食後に寝てしまったが、その後でコーヒーをがぶ飲みしたのが効いたか、ずっとごろごろしすぎてお出かけ虫が騒ぎ出したか、突然善福寺公園にでも行ってこようと家を出た。
 南常盤台バス停で乗ろうと思っていたバスに行かれてしまい、一瞬くじけかけたが、めげずに待って次に来たバスで高円寺まで出て、そこから中央線で西荻窪へ。そこから、SOFAというトルコ雑貨の専門店へ立ち寄って、Yonca Evcimik(ヨンジャ・エヴジミキ)の新作アルバムAşka Hazır(おーい、リンクミスってるぞ>公式サイト)を購入。2,100円と割と安いなと思ったら、それもそのはず。ミニアルバムだった。(/_)/
 そこから一番街バス停まで歩いたところで大泉学園駅行きのバスが来たので、桃井第四小学校までそれに乗る。桃井第四小学校の交差点で交わる道を下って行けば、そこが善福寺公園。この交差している道には実を言うと荻窪駅から善福寺公園を横切ってターンテーブルのある終点南善福寺まで行くバスが通っているんだけどね。
 公園に来たら、何をするでもない。池の周りをぐるっと歩く。何も考えず、ただぼーっと歩く。上の池を回り、下の池を回り、池の周囲を一周したところで善福寺公園のバス停から荻窪駅へ。そこから、高円寺へ出て、行きと逆ルートで帰宅。
 いや、こんなに遠くへ出たのは久々だなぁ...世田谷のボロ市以来かもしれない。あ、明日もそうだっけ。
 でも、明日あさっては雪だという話だって。まぢっすかぁ?
 
 

2005/01/13

本日も...

 日が昇っている間は、ほとんど寝ておりました。
 目が覚めたのは(午前)5時だったのですがね...
 え? こんなことしないでさっさと寝ろって?
 はい、そういたします。
 くっそ~、明日こそは...

2005/01/12

眠い、眠いぞ、とにかく眠い。

 ちょっと前までは、眠くても眠れず、起きたくても眠れなかった。
 今は、眠れるようにはなったが、起きたくても起き上がれなくなっている。1日の2/3は寝ている感じ。
 眠れるようになっただけ進歩した、ととるか、起き上がれないのは困ったものだ、ととるか、さぁどうしたものだろう?
 目が覚めたら、布団の中でいつまでもぐずぐずしないで、えいや、と起き上がってしまうのがやはりいいんだろうか?
 そうしたところで、また飯食ったら寝ちゃうんだろうけどさ...

2005/01/11

初万当籤

 すでに一度書いたことなのですが、でも初めてのことなのでやっぱこれにしましょう。
 初夢宝くじで初めて10,000円当てたことですね。これまでだと最高で3,000円しか出したことがなかったので、最高記録です。
 このくじを買った日が大安吉日だったせいもあるのでしょうが、それにしても今まで当てたことのない金額を当てたのはいい気分です。今度のグリーンジャンボも大安吉日を狙って買ったら、いいことあるかな?

こがね虫(こうさぎ)

きのうpyokotanが、ここでimbe3は関連すればよかった?
imbe3は、

 「かぶと虫」とか「てんとう虫」ならわかるが、「こがね虫」ならわかるが、「こがね虫」ってなんだって? え

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2005/01/10

かんてん麺なんていうものを食してみる

 私の弟の勤務先はマヨネーズで有名な食品メーカーである。今はその関連会社にいるけど。出向なのか転籍なのかは覚えていない。
 この会社はすごく律儀な会社で、社員の家族にお歳暮とお中元を毎年贈ってくれるのだ。うちの親はもう感激してしまって、マヨネーズとドレッシングはここのものしか買わないくらいである。
 ここの製品にダイエット宣言 かんてん麺と称するものがある。家にも贈られてきた。でも、家にはダイエットが必要な人間はいないので、誰も手をつける人がいなかった。
 というわけで、誰も手をつけないのなら、というのもあるし、「ワシのモットーは『一日一麺』ぢゃぁ」というのもあって、昼にこれを食べた。ちなみに食べたのは、「和風仕立てのかんてん麺きつね」というものである。
 これ、見た目は普通のカップめんと大差ない。だから、普通にお湯を注いで3分待って、でいいんだよな。とお湯を沸かしていざふたを取ってみると...
 麺はどこだ!?...
 普通のカップめんって、スープと具材が別袋と言うのは言うのはあっても、麺はあらかじめカップに入っている、というのがほとんどでしょう? カップヌードルだったら、全部カップの中にあらかじめぶちまけてあって、お湯注ぐだけでいいようになっているでしょう? こちらはそうなっていない。麺までご丁寧に袋に入っていて、全部カップに自分でぶちまけないといけない、というのだ。で、きつねどん兵衛はたしかこうだったよなぁ、という感じで、麺をあけ、おあげをあけ、スープをあけ、お湯を注いだ。
 食べた感じ? うん、スープとおあげはこんなもんかな? という感じ。でも、麺には腰はあるけど味がない。ま、寒天だからそう言うもんだといってしまえばそれまでだが、たまにならともかく、毎度毎度ならちょっと辛いかな...
 あとけっこう値段も張るんだよね。普通のカップめんの倍くらいの値段がするから。これは寒天に麺の食感をもたせるためのコストがかかっているんだろうなぁ...
 カップめんの食べすぎで腹が出てきたような人は、たまにはこういうのを食べたほうがいいと思うけど、常食は...ね...
 

2005/01/08

久々のパスタ

 突然ですが、私は「めん食い」です(本当に唐突な書き出しだこと)。
 「めん」は「面」でもあり、「麺」でもあります。
 といいつつ、ここしばらくは麺類とは遠い生活を送っておりました。かつては土日祝日以外は、夕食は麺類と言うことが多く、「一日一麺」などとほざいていたのは、どこのどいつだ、というくらいです。やれ「五右衛門」だの「Don'a」だの「赤とんぼ」だの「マイアミガーデン」だの「パスタハウスジロー」だのの看板を見ても、以前ならふらふらと入っていったところが、「ふ~ん」と言う感じで通り過ぎて、通り過ぎていたのですから(これ、全部パスタじゃん)。
 でも、今晩は久々にパスタを食しました。妹がうにスパを作ってくれたので...ちょっと出かけていたので、冷めてだんごになりかかっていたのですが、うまかったです。
 思えば、11月以来、麺類を食する機会がめっきり減りました。この前だと、年越しそばと病院からの帰りに1度日高屋の塩ラーメンを食べただけですから。
 麺類がもりもり食べられるようになりたいよぉ~、と叫びつつ、本日はここまで...
 

2005/01/07

求めよ、さらば与えられん...(違)

 2004年の年末にこんなことを書いたせいかどうかは知らんが、第1887回東京都宝くじ(初夢宝くじ)で、とんでもないことがあった。
 いや、宝くじの当籤金の記録を更新してしまったんですよ。初めて万単位の当籤金が手にできました。いえ、1万円なんですけどね。
 買ったのは、12月30日だったのですが、この日は大安。売り込みも熱心だったと言うことで、例によってバラ10で購入。ま、ど~せ、200円は戻ってくるしぃ、と。
 そしたら、これです。もうねぇ、結果と手元のくじを何度も見返しました。年末ジャンボの敵を初夢宝くじで討ったという感じですかねぇ...年末ジャンボと初夢宝くじへの投資(?)額を差し引いても、5500円プラスでございます。 10,000+200+300-(2,000+3,000)=5,500 計算間違えていないですよね?
 とはいえ、今までの投資額考えたら、まだ累積赤字があるんですよねぇ...累損はいつ一掃できるのでしょうか?
 理想は、宝くじの当籤金で、次の宝くじが買えることなんですけど...
 

眠れない、起きれない...

 最近困っていることはこれである。
 布団についてもなかなか眠れない。眠ったと思っても、夜中の2時とか3時に目が覚めてしまう。
 仕方がないので、頓服薬でもらっている導眠剤を飲むと眠れるが今度は起き上がれない。目は何とか7時台に覚めても、実際に布団から抜け出すのは早くて8時。まあ、9時に起きれれば上々、という感じである。
 で、朝食をとるとまた眠くなる。午前中はほとんど寝ているんじゃないの、って? うん、そうかもしれない。目が覚めるように、とコーヒーを何杯飲んでもだめだ。これでも通院日はなんとか気が張っておきているんだが、それ以外はぜんぜんだめ。
 日没後はコーヒーは飲まないようにしようかなぁ? でも、お茶じゃ物足りないんだよなぁ...
 さぁ、どうするべよ?
 
 

2005/01/06

某大学病院精神神経科外来待合室にて...

 予約時間が12:30だったのに、実際に診療を受けられたのは14:00近かった...というのは、時間ぎりぎりに行った自分にも落ち度があったということで、まぁ、不問にせざるを得まい。
 意味不明の奇声をあげながら手をあれこれ動かしていた人は、声に出して会話ができないから手話で会話していたのだ、ということで、これも納得するしかない。
 耐えられなかったのは、診察室前の窓口で看護士にからんでいた(ように私には見えた)おっさんだった。 
 たかだか診療の申し込みをするだけで、なんであんなに時間をかけるんだ? 何があったんだかわからんけどさ。
 こっちはあんたの声聞いているだけで、気が変になりそうだったよ。病気を治しに来たのだか、悪くしに来たんだかわからなくなったよ。
 気にしまい、気にしまいと雑誌に目を通していたけどさ...

2005/01/05

こがね虫

 「かぶと虫」とか「てんとう虫」ならわかるが、「こがね虫」ってなんだって?
 えー、これはですね。現行の日産「マーチ」に私がささげる愛称でございます。
 あのフォルムって、古の大ベストセラーカー、フォルクスワーゲン・ビートルを思わせるものがありませんか? もっとも、ビートルより小さいですが。
 そしてこれまた古の軽の大ベストセラーカー、スバル360、こいつがビートルに似ているけど、小さいから「てんとう虫」と呼ばれていたのは、これまた多くの人がご存知のことでしょう。マーチはコンパクトカーですので、これよりは大きい。
 となると、てんとう虫より大きくて、かぶと虫より小さい甲虫で、比較的体高がある虫というと...おお、こがね虫がいるではないか、というわけで、こがね虫なのであります。
 何かご質問は?
 

23区内の国際興業バス、料金箱新札対応状況(2)

 昨日の続きです。
 池袋営業所もまだ未対応でした。
 都内の4営業所(池袋、練馬、志村、赤羽)では、所属台数的に言うと、赤羽>志村>練馬>池袋となるので、まず一番台数の少ない池袋で手慣らししておいて、とか思ったのですが...
 うみゅ、よ~わかりませんな...

2005/01/04

23区内の国際興業バス、料金箱新札対応状況(1)

 赤羽営業所はほぼ完了と言う感じ。
 志村営業所、練馬営業所はまだまだ。
 池袋営業所は乗る機会が少ないので未確認...
 ちなみに、新札対応の料金箱はNEC製からレシップ製のNF-3に変わった模様です。ついでに、停留所案内もテープから音声合成放送装置に変わっています。
 放送用のテープも今は生産終了になったから、ついに、と言う感じかな?

備えあれば憂い...あったよ...凸(-"-;)(こうさぎ)

きょうpyokotanが磁気に5するはずだった。
きのうは帰りみたいな)したよ♪
きのうpyokotanが、有楽町で)しなかった。
pyokotanが5しなかった?
pyokotanが有楽町にJRしたの?
imbe3は、

 直前に書いたことと書き出しがかぶるが、有楽町の北海道どさんこプラザからの帰り

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2005/01/03

さよなら、磁気式イオカ

iokajk 左の写真にもあるように、JR東日本のストアドフェアカード、イオカの磁気式のものが今年の3月いっぱいで発売を終了。今後はICカード方式のSuicaイオカードに一本化する。来年の1月くらいまでは磁気式のものは自動改札に直接投入できるけれど、その後は自動券売機や精算機のみの対応となるそうだ。
 これで使い古しのイオカの始末に困る、ということはなくなるけれど、残額の確認がやりにくくなる(磁気式の場合、自動改札で入出場すれば裏面に記録が残るけれど、Suicaの場合、機械にかけないとわからない)のが難点である。ま、私は都度別に記録しているけれど。
 あとはICカードの情報記録容量の大きさを生かして、パスネット、バス共通カード、せたまると共通化してくれれば御の字だけれど、これにはまだしばらくかかるんだろうなぁ...

2005/01/02

晴れ着のアナ

 昨日、NHKの7時のニュースを見ていると、気象予報士の女性が晴れ着で出ていた。
 一瞬、違和感を感じたけれど、すぐに「あ~、正月だからねぇ。それもありか」と思い直したが...
 一方、ニュースを読む男性アナはいつものように背広にネクタイ。見慣れた安心感はあるとはいえ、何か変わり映えはしないという感じではあった。
 思うのだが、たまには男性アナも紋付袴で出演してはどうだろうか? もちろん、元日くらいでいい。全員そうしろとは言わないが、一人か二人くらいそういうアナがいてもいいと思うのだが...
 もしかしたら民放(中でも日テレとかフジあたり)にはそういう人いたのかな?
 

「朝」日が「鮮」やかに昇る国

 さて、この国はどこでしょう?

 ヒントその1:日本ではありません。
 ヒントその2:しかし、地理的、意味的には日本に近いです。
 ヒントその3:実は、答えが書いてあります。

 正解は日本の隣国、「朝鮮」です。あえて括弧書きにしたのは、南の方では「朝鮮」と言う言葉は嫌われるから。特にチョッパリ(あの辺で、日本人をののしって言う言葉。日本人の履いている足袋が、親指とその他の指で別れるので「豚の足」と言う意味のこの言葉を使うんだとか)にそう言われるのは我慢ならないようだ。
  「朝日が鮮やかに昇る」、と言うことは、言い換えれば、「これからますます栄えていく」と言うおめでたい名前でもあるような気がする。それが軽蔑する用語のように聞こえてしまうと言うのはどこか不幸だ。
 まぁ、そんな風にしてしまった一因が日本にあることは確かなのだろうが...
 
 
 

もうすぐ元日も終わりますが、新年のごあいざつをば

 西暦2005年、皇紀2665年、仏暦...わからん(おい)、イスラム暦...太陰暦だから今日が元日かどうかわからんなぁ...
 ま、とにかく明けましておめでとうございます。
 例によって例のごとく、地元の城山熊野神社と西新井大師の駆け足初詣。ここ最近、他の家族は西新井大師には行かないので、相変わらず私が一家総代(わ、えらそ~)で行っている。でも、お参りするだけで、お守り買ってくるわけじゃないけどね。そうそう、赤羽から西新井大師方面に行くバス、環七経由と荒川大橋を渡って一旦川口市に入る路線の2つがあるけど、荒川大橋を渡るほうも、東武バスの西新井車庫バス停のところに大師前交差点北というバス停ができて、西新井大師までがぐんと近くなった。今までだと、お大師さんまではちょっと離れたところにしかバス停がなかったんだよな>荒川大橋経由の路線。
 で、西新井大師詣でのもう一つの目的が草だんご。私はたぐちやのをずっと買っていたんだけど、たぐちやは草だんごを扱わなくなったと言うことで、正門前の清水屋で今回は購入。そういや、たぐちやの売り子のおばさんの一人で細木数子にどこか似た感じの人がいた。親戚筋なのか他人の空似なのかは知らんけど。実は本人が売り子に化けて...なんてことがあったら、ちょっと怖い...下手に値切ったりしたら、「あんた、地獄に落ちるよ」とか言われたりして...(>_<)
 西新井大師に出ている屋台は相変わらずそれなりの賑わい。餡餅(シャーペイまたはシャーピン。中国風おやき)の他にドネルサンドやチャプチェ(韓国の五目春雨。前々から気になっているんだけど、感じではどう書くんだろう? チャプは「雑」と見当はつくんだけど、「チェ」がわからん。「崔」じゃないよなぁ...)も健在。あと、米国産牛肉禁輸のあおりを受けてか、「チキンステーキ」というのがやたらに目に付いた。
 元日は昼食は初詣に出る時間が時間なので、西新井大師の屋台で済ませている。去年までは安価で腹持ちもよい餡餅だったけど、今年はドネルサンドに変更。屋台とか移動販売のドネルはチキンのことが多いけど、ここはビーフ。肉のまだ焼けていない断面を見たらかなり赤かったので、チキンではないでしょう。屋台も国際色豊かになっています。さて今度はどこの国のファーストフードが屋台に出るでしょうか? 楽しみです。

 だらだら書き散らかしてきましたが(しかも日付変わってるぞ)、本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
 
 
 

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ