Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の37件の記事

2004/12/31

あと1時間弱ありますが、皆様よいお年を...

 タイトルだけエラソーだけど、実質グチにすぎぬことをこの間書いてしまったが、いやほんと今年はいいことなさ過ぎ。
 昨日は地下鉄に乗ったら、正規の運賃より130円多く払ってしまったし、今日は今日で年末ジャンボがスカだったし...何より、健康を思い切り害したのは大きなマイナスだったなぁ...そんな2004年ももうすぐ終わりだ。
 今年いいことがあった方も、なかった方も、来年はいい年にしましょうね。
 これを2004年最後の書き込みにしたいと思います。
 それでは皆様よいお年を...

先生(;_;)/、たからくじはどうしてたからくじというんですか?

 もう2004年も1日切ってしまいましたねぇ...
 今日12/31は、紅白歌合戦の日であると同時に、年末ジャンボ宝くじの抽選日でもあります。第484回全国自治宝くじの結果が出ました。
 私の戦果ですか? ええ、ものの見事に6等だけしか当たっておりません。(号泣)
5等3000円も、年末ラッキー賞1万円もなしです。親父も年末ジャンボは買ったのですが、こちらも6等のみ。
 あ、あんまりじゃござんせんか...orz
あたしゃ思わず、「全国こども電話相談室」に相談したくなりましたよ。「先生、宝くじってどうしてなかなかあたらないんですか?」って...(何歳だよ>オレ)
 おそらく永六輔氏あたりがこう答えるのかなぁ?
 「あれはね、外れのくじ、これを空くじというんだけど、その空くじがいっぱいあるでしょ。だから、本当は空くじが多い、って多いってことで、多空くじって書くのが本当なのね。あ、『た』は多数の多ね。でも、そういう名前じゃ誰も買いたいと思わないでしょ。だから、宝物の『宝』という字にして、『買うといいことがあるかもしれませんよ』とみんなに思わせてるの...(以下はちょっとやばいことを書きそうなので省略)」
 私がこの番組を聞いていた頃だと、こういう問題は無着成恭氏の独断場という感じだったけど...
 

2004/12/30

備えあれば憂い...あったよ...凸(-"-;)

 直前に書いたことと書き出しがかぶるが、有楽町の北海道どさんこプラザからの帰り...
 有楽町から池袋までは、JRと地下鉄の両方のルートがある。このうち、JRなら、私の場合定期が使えるが、なにぶんぐるっと回り込むようなルートで、時間がかかるので、地下鉄で帰ることとした。
 このときパスネットの残が初乗り運賃分(東京だと初乗り運賃分は残ってないと、入口でひっかかるのです)残っているかどうか怪しかったので、2枚まとめて自動改札に突っ込んだのだが、ひっかかってしまった。たまたま自動改札のメンテナンスをしていたお兄さんが、「そこは2枚対応じゃないですよ」と教えてくれたので、改めて2枚対応のところから入場しようとしたら、ここでもひっかかる。
 しょうがないので、1枚のみ突っ込んだら、実は残は初乗り運賃(この場合160円)ぴったりだった。orz
 で、無事出場できれば、こんなことは書かない。しかし、悲劇は池袋で再び起こった。
 有楽町から池袋では確か運賃は190円のはず。ということは、最初に入ったときのパスネットでは不足で、乗り越し分を現金なりもう1枚のパスネットで精算する必要がある。私は残のあるパスネットで精算するつもりでいたのだが、自動改札でこれまたひっかかってしまった。もちろん、2枚対応のところでである。精算機でもこれまただめ。結局有人改札で対応してもらったが、後で見返すと190円で済むところが320円引かれる羽目になっていた。差し引き130円東京メトロに寄付してやった、ってこと。
 変に気を回さずに、1枚だけ突っ込んでいれば、こうはならなかったんだよなぁ...orz

落とし前は年を越す前に...

 有楽町の北海道どさんこプラザまで、松前漬けを買いに行って帰って来ると、両親がTVの前にくぎ付けになっていた。
 
 それはこういうこと。

 奈良女児誘拐殺害、36歳の新聞配達員を逮捕(日本経済新聞)
 36歳男を逮捕 奈良県警 女児誘拐殺害事件(朝日新聞)
 36歳男、誘拐容疑で逮捕/女児殺害追及へ(四国新聞)
 奈良女児誘拐殺害: 36歳の男を誘拐容疑で逮捕(毎日新聞)

 ニュースをしばらく見ていると、かなり捜査に手こずっていて、犯人逮捕は越年かなぁ、という感じもあったけど、なんとか年内に容疑者を押さえる事ができたようだ。もろもろの情報提供とか捜査員の執念とかいろいろあっただろうけど、やはり「ケリを付けなければ年は越せない」っていう捜査員の執念というのがあったんだろうね。
 亡くなった女の子はもう戻ってこないけど、とりあえずのケリはついたので、よしとするしかないだろう。
 捜査員の方々お疲れ様でした。そして、亡くなった女の子の冥福を改めてお祈り申し上げます。 

2004/12/29

今度はスマトラ沖で...

 新潟中越地震の記憶もまだ覚めやらぬ(28日も余震があったそうだが...)うちに、今度はインドネシアのスマトラ沖で「巨大地震の中の巨大地震」と言われる地震が起こった。地震波は地球を3周し、津波ははるかインドやアフリカのソマリアやケニアまで押し寄せたと言う。まあ、1960年に南米チリで起きた地震による津波が日本にまで押し寄せたことがあるのだから、インドネシアの地震による津波がアフリカまで行くのも考えられない話ではないのかもしれない。
 この津波で、スリランカで1万人以上、インドネシアなど東南アジア諸国やインドでで数千人規模の人々が命を落とした。その一因として、津波警報を伝えるシステムの未整備があげられている。インド洋でもこのようなシステムがあれば、人的、物的被害をゼロにはできないまでも(済めば万々歳だが、そうはいかないだろう)、もう少し抑えられただろうということだ。
 確かに、そのとおりかもしれない。しかし、太平洋と同じレベルをインド洋にも求められるか、というとそこには疑問が残る。システムそのものは、日本とかアメリカとかカナダとかが援助なりなんなりして整えられるかもしれないが、システムを構築してもそれが機能しなければ、「仏作って魂入れず」となってしまうから。インド洋沿岸諸国となると、太平洋沿岸ほど金持ち国はないし、中にはソマリアのように内戦状態が続く「最貧国」レベルの国もある。そんな国でも使えるようなシステムを作るとなると、あんまり贅沢なことを狙っても意味がないようにも思える。
 とはいえ、手を拱いていいという理由には決してならんけど...
 ともあれ、犠牲になられた方(タイ国王のお孫さんも亡くなられたとか...)のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。
 この程度しかできなくて申し訳ありませんが...

2004/12/28

過去は振り返るまい、未来に向かって歩くだけさ...

 もうさんざんな1年だった>2004年。
 前半は体がぼろぼろ、後半は心がぼろぼろ。振り返るのもおそろしいほどだ。そして今は自宅で療養中の身である。
 だから2004年のことはとやかく言いたくは無い。どうせあと3日余りのこと。
 せめて2005年は心安らかに迎えられ、終えられることをただ願うのみである。あれこれおねだりしても仕方ない。
 そう、心安らかに...

韓流ブームと言うけれど...(こうさぎ)

きのう、Jするつもりだった。
きょうpyokotanがimbe3がメールしなかったー。
きのう、プレゼントするつもりだった。
きのうpyokotanが、Freecomするはずだったの。


*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/12/27

ココログ・アフィリエイト

 どうして本だけしかないんだろうねぇ?
 個人的には、CDがあると嬉しいんだけど...

2004/12/26

クリスマスが終わったので...

 テンプレートをチャイナに戻しました。
 やはり見慣れたものは落ち着きますね。

2004/12/25

レッズ無念...

 2004年のJリーグチャンピオンシップを逃した浦和レッズ。天皇杯は是が非でも取りたかったろうが、準決勝でジュビロに負けた。
 チャンピオンシップでは横浜F・マリノスを応援した私だが、天皇杯ではレッズを応援するつもりでいたのに当てが外れてしまった。オフィス・サンビーニャの社長も、さぞやがっくりきているだろうなぁ...
 

2004/12/24

Freecomいまだ復活せず。

 昨日から使用できないFreecomのメールは今日もだめ。
 メールサーバからpingは帰ってくるのだけれど、tracertしたら途中で応答が返ってこなくなっている。
 復活は来週かなぁ? 土日はWeb Mailでしのぐしかなさそう...

クリスマス・イブですから...

 一時的に、テンプレートをクリスマス仕様にしてみました。
 いや~、一面真っ白。これだけ白が多いのもまた強烈です。
 私のサイトは背景が暗色系なのが多いですが、たまにはこういうのもいいですよね?

2004/12/23

メンテナンスの翌朝は...

 昨夜から今日未明にかけて、Freecomでメールシステムのメンテナンスがあった。
 ここは、無料でメーラーとWeb Mailの両方が使え、かつ、自社以外のアクセスポイントからでもアクセスできるので、けっこう重宝しているのだけれど、メンテナンス終了後から何度ログインしてもはねられてしまうのだ。
 パスワードも確認したし、設定も見直したし、今使っているメーラー(Netscape Communicator 4.78)がメンテナンス後も使用できるか確認してOK(正確には4.75なら、ユーザーから使用OKの報告があった、と言う話だったが)のはずなんだけど...
 だりか、Netscape Communicator 4.7xでFreecomを使っている人、設定の方法を教えて~~。
 

2004/12/22

韓流ブームと言うけれど...

 今更言うまでもないことだが、昨今の韓流ブームのおかげで、韓国の映画、TVドラマ、ポップス(歌謡曲と言ってしまうと演歌が通奏低音になってしまうけど)のCDやDVDをいたるところで目にする。「ヨン様追っかけオバサン」のパワーもすごいこと。1/1,000でいいから、σ(^^;)に分けてくれぇ、と言う感じ。
 料理は焼き肉、キムチがかなり前からまぁがっちり食い込んでいる。文学でも、一定のポジションを占めているかな?
でもそれは「在日」の人だっけ?
 そんな中で今ひとつ元気が無いように思えるのは、コミック。これだけ「韓流」がもてはやされているのだから、もっと目にしてもいいと思うのだけど、なかなか見かけない。ちょっとググって見たら、電子ブックではあるみたいだけど...
 一時期韓国のみならず、諸外国の漫画家の漫画の掲載に積極的だった週刊モーニングでも最近はさっぱりである。けっこう読まれた方だと言う黄美那(ファン・ミナ)の「ユニ(允姫)」は絶版だし、「李(イ)さん家の物語」も「品切重版未定」になっている。「李さん家の物語」は3巻までは持っているけど、4巻は未だ入手できていない。そもそも、出たのかどうかさえ怪しい...と言う感じである。モーニングは毎週読んでいるけど、単行本の4巻が出たなんて見た覚えが無い。安壽吉(アン・スギル)の「虎物語」も。出たら、とっとと買いに走っているもんね。
 一時はけっこうはやったのにねぇ...今は「蒼天航路」くらいか? あれの原案は韓国人だよなぁ。もう死んだけど。
 あの韓国漫画ブームは今の韓流ブームの露払いに過ぎなかったのか、それとも、ただのフロックだったのか、ふと考えてしまういんべさんなのであった。
 

イ・ジョンヒョンが紅白で歌うのは...

 第55回紅白歌合戦の曲目がやっと発表された。
 イ・ジョンヒョンが何を歌うのか楽しみにしていたら、「Heaven2004」とのこと。ドラマ「美しき日々」の挿入歌ですな。「2004」が付いているところを見ると、何か「サプライズ」があるのかもしれないけど、「ああ、そんなところでしょうな。」という感じの選曲という気もしなくもない。
 「パックォ」じゃあ、今だと洒落にならないか...
 

2004/12/21

プレゼントは安上がり?

 家族の間では私へのプレゼントは安上がりで済むことになっているらしい。
 以前、親父がヨーロッパへ研修旅行に言ったときには、各都市の交通路線図と切符、弟や妹だとタバコだったりするから。特に弟や妹は「アニキ(=σ(^^;))へのプレゼントに迷ったら、タバコを買っておけばまあ間違いない」と思っているようだ。おかげで、マルボロメンソール(ライトでないほう)を国内発売前に吸うことができた。
 国内だと、これにチョロQが加わったりする。各地のバス会社の出すオリジナルのものを渡せば喜んでいたりするから。
 親父には「本当にこんなのでいいのか?」と念を押されたけど、「いい」と言ったら、「安上がりで済んだよ」と感謝されたよ。(苦笑) 

Blogる時(こうさぎ)

きょうは道新で常用した。
imbe3は、

 だいたいが夕方から夜にかけて。
ねたは書きたいことを適当に書いているという感じ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/12/20

函館の商店街で火災

 なして道新(北海道新聞)が出て来ないんだべか?
 
 日刊スポーツの記事
 河北新報の記事
 朝日新聞の記事
 NHKの記事
 読売新聞の記事
 日本経済新聞の記事
 熊本日日新聞の記事
 四国新聞の記事

 ...と思ったら、やっとあった。
 北海道新聞の記事

 地元なのになんで?
  

 

2004/12/19

来年からバス雑誌は毎月出るようになる。

 今まで「バスラマ」、「バスマガジン」とも偶数月の月末発売だった。
 それが来年より、「バスマガジン」が奇数月の27日に発売日が変更になる。「バスラマ」は今まで通り偶数月。これで雑誌ベースの情報も鉄道並みに月刊ペースで入手可能になるのは嬉しいことだ。
 バス趣味界は鉄道趣味界に比べてまだまだパイが小さいから、「バスマガジン」の「英断」をここでは評価したい。これからも、バス趣味界の反映に大いに力を尽くしていただきたいところだ。
 
 

2004/12/17

変えろ(바꿔)

 ん~、ハングル入力は大変だ。
 日本語だったら、ローマ字かな変換を常用しているσ(^_^;)。子音字母と母音字母が左右だけでなく、上下にも結合するハングルだったらなおさらローマ字からの変換が有利だろうと思っていたら、韓国ではハングルダイレクト入力が普通でローマ字変換はほとんどないんだってね。
 という話はさておき、今回は李貞賢(イ・ジョンヒョン)のお話。長年にわたって「東亜日報」や「朝鮮日報」、「文化日報」などに「コバウおじさん」を連載し続けた漫画家、金星煥(キム・ソンファン)氏と朝日新聞記者の植村隆氏の共著「マンガ韓国現代史 コバウおじさんの50年」に2000年4月に行われた韓国の総選挙の話が載っていて、その時行われていた「落選運動」のキャンペーンソング「変えろ(パックォ)」を彼女が歌っていたことを知ってである。
 その記事に添えられていた漫画には落選運動で名指しを受けて気落ちしている政治家を奥さんが慰めようと酒を持ってきて、テレビを付けたら、ちょうどその時イ・ジョンヒョンが「変えろ」を歌っているシーンが写って、傷に塩を擦り込む結果になった、というものだった。
 興味があったので、今日池袋のWaveでそれの収録されているCD「Let's gO to My Star」を買って聴いてみたけど、確かにこの曲、気分がブルーな時に聴くにはかなり勇気の要りそうな感じの曲だという印象を受けた。私も1月前だったらとても聴けそうになかったなぁ...

2004/12/16

んで、世田谷ボロ市

 何年ぶりだろうか、世田谷ボロ市に出かけた。今回はどうやっていこうか迷った挙句、渋谷まで電車で出て上町駅行きの東急バスを利用。このバスの渋谷駅の乗り場は、渋谷駅西口を出てすぐのところにあるので便利である。
 人手は相変わらず。でも、今まで見かけた東急電鉄、東急バスの屋台は見つからなかった。廃車発生品とかその他のグッズを期待していたのに...それとバナナの叩き売りも見なくなって久しい。見物人で渋滞するのが難点だったけど。
 今回は、妙におもちゃの露店を気にして歩いていたような気がする。先月生まれた甥のことで気を取られすぎか。いや、気に入ったバスのミニカーを探していたというのもあったんだけどさ。
 今日の夕飯はおでんだと聞いていたので、世田谷信金の敷地で世田谷ゆかりの地から出張ってきている露店で、萩のたいちくわ(鯛のすり身を使っているというちくわ)というのを売っていたので、一本買ったら、露店のおじさんの剣幕に負けてその場で食べてしまった。残念。
 それと震災にもめげずに出店してきた柏崎の露店のものを何も買ってこなかったのは心残り。せめてしょうゆおこわでも買って来ればよかった、と後悔。シャーピン(おやきの中国版)をいきなり食べたのは失敗だったかなぁ...
 さて、来月の15日、16日はと見ると、なんと土日ではないか。こうなったらリベンジだね。

2004/12/15

東京板橋バスセンターって...

 名前だけは立派だが、実態は板橋区の外れの工場とか倉庫とかが林立しているようなところにあったりする。広島とか福岡にあるようなものを想像していると、拍子抜けするよ。
 これに近いものをあげると、そうねぇ、函館バスの函館バスセンターが近いかな?

2004/12/14

Blogる時

 だいたいが夕方から夜にかけて。ねたは書きたいことを適当に書いているという感じ...と終わらせてもいいのだが、これではいくらなんでもあんまりか。書いても書かなくとも一緒だな。
 もともとは自分のメインのページのコラムのページのつもりで始めたココログだけど、とにもかくにもお手軽にできてしまうもんで今はメインのページそっちのけでこっちにはまっている。
なんと言っても多くの人が結構見てくれているというのが励みになっているかな? よそだと、一桁/日で、二桁/日だと「うわ~こんなに...」という感じなのに、ここだと少なくとも二桁/日。ピークだと1日で2000Hitなんてこともあったし。とあるフリーソフトの紹介記事なんだけど、いくつかのBlogで引用され、さらにはそこで「使い方はここを見て」などと紹介されたから。きわめて大雑把なことしか書いていないけど。あと、韓国映画「箪笥」のキャンペーンソングがらみでも、結構注目を集めたかな?
 毎日は必ずしも書いてはいないけど、見るだけなら毎日見ているなぁ。すっかりもう生活の一部に組み込まれているという感じだ。あなおそろしや...
 何しろお手軽だもんなぁ...いっそ、全部Blogにしちゃおうかな?

ココログ1周年奉祝\(^O^)/(こうさぎ)

pyokotanは名古屋でimbe3と杉並におのを1したかったの♪


*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/12/13

そろそろ世田谷ボロ市

maneki01 12月と1月の15日、16日は世田谷ボロ市。以前は1月15日が成人の日だったので、少なくとも1日は行けたのだが、「ハッピーマンデー法」施行以来、しばらく足が遠のいている。
 部屋にいる招き猫(右の写真)もそろそろ引退時期だと思うが、ずっと前から変えていないし、久々に行ってくるかな?鯖寿司もしばらくご無沙汰だし。
 
 世田谷のボロ市(東京都世田谷区のHPより)
 

2004/12/12

アラベスクは出ないかな?

 昨日、ココログのデザインをチャイナに変えてみた。一昨日のノートに比べてずいぶんデザインに無理がなくなったし、うちのトレードマークのガイコツ君も無事表示できた。ま、これは設定のミスだったんだけど...(^^ゞ
 当面はこれで行こうと思うけど、本音を言うと、アラブ・トルコ風が出ないかなぁと思っている。多分水色(水の象徴であると同時に、厄除けの色ということになっているそうだ。男の子の赤ちゃんウェアにこの色が多いのもそのせいだとか)か緑(植物、これは富の象徴だそうだ)ベースなんだろうけど。
 で、バックにアラビア文字で...いやいやこれはやりすぎか。せいぜい月と星でとどめておくべきかな?

2004/12/11

乗り物のおもちゃ

 川口の書泉ブックドームへ行った帰りに、赤羽のイトーヨーカドーへ。本当はリンスだけ買ってとっとと帰るつもりだったのだが、ついでにおもちゃ売り場にも寄ってきた。
 そこでいろいろ甥っ子のおもちゃを見繕っていたんだけど、そこで見て驚いたのは、ほとんどの乗り物のおもちゃは対象年齢が3歳以上だってこと。チョロQにいたっては、ジャンボチョロQでも6歳以上だって。スタンダードならわからなくもないけど、ジャンボチョロQだったら、どうやったら誤嚥できる?ってサイズなのに。
 うちに遊びにきたら何で遊べばいいんだろう?
 

2004/12/10

ちょいとデザイン変えてみた。

 akizoさんに刺激されたわけじゃないけれど、テンプレートのデザインを変えてみた。けっこうすっきりしてしまったなぁ...
 トレードマークのガイコツがいなくなったのと、カウンター周りのデザインが変になっちゃったのは失敗だったなぁ...
 明日、チャイナに変えてみよう。

2004/12/09

İşkembe Çorbası(イシュケンベ チョルバス)

iskembe トルコ語のアルファベットが入っているので最初のほうが文字化けしていたらごめんなさいですが、昨日の渋谷のトルコ料理店、Hilalでやった忘年会で%タイトル%にあるものをいただいてまいりました。
 直訳すると羊の胃(İşkembe:まあ、羊に限らず反芻する動物の第1胃をトルコではこういう)のスープ(Çorbası:本当はÇorbaだけでスープと言う意味になるが、トルコ語では名詞で名詞を修飾する場合、修飾される側の名詞に(s)ı,(s)i,(s)u,(s)üという語尾が付く。(s)は母音で終わる語の場合は、介入子音としてsが入るということ。どれが付くかは名詞の最後の母音によって異なる。なお、「水」の意味のsuはどういうわけかsusuとならずに、suyuとなる。)となります。現地では二日酔いに効く言うことで、「う~む、昨日は飲みすぎたぜい」とか言うときに飲むとか。日本人にとっての蜆の味噌汁とかお粥みたいなものです。
 「え? トルコってイスラム教の国でしょ? 酒は大丈夫なの?」って? ええ、確かにイスラム教国ではあるのですが、この国の場合、内陸アジアで遊牧をやっていた時代に厳しい冬の寒さを乗り切るためには酒が欠かせなかったという伝統があったので、その辺はまあイスラム教国にしてはゆるいです。ま、オスマン帝国時代のスルタンにも大酒のみは少なくなかったし、今のトルコ共和国憲法がコーランやシャリーアよりも世俗法優先というの国情もあるでしょうけど。
 さて、İşkembe Çorbası平たく言えばモツのスープなのですが、モツは細かく刻まれてスープの中に散っていますので、日本のモツ鍋みたいにモツが入っていると言う感じはしません。もっとも、歯ざわりはモツそのものですが。
 ちなみに、ここでİşkembe Çorbasıをオーダーしたい場合は、
 6人以上くらいのグループで、4日くらい前には予約してほしい
とのことだそうです。というのも、モツの入手の問題と作るのに丸1日かかるので、オーダーを受けてすぐ出せると言うものではないから、ということで。
 二日酔いに効くかどうかはともかく、体は温まりますよ、これ。

2004/12/07

人事を尽くせど天命は...

 工事担任者アナログ第3種の試験を受けたときのことです。これは運転免許で言えば原付免許レベルのものなんですが...
 皆さんそうだと思いますが、一発で合格を決めるべく必死になって勉強をしたつもりでした。ええ、寝る間も惜しんでやりましたとも。当日は「どこからでもかかってきなさいっ!!」くらいの気持ちで試験会場に向かいました。
 さて、試験開始。問題を見たとたん頭が真っ白。それまで必死になって覚えたことが全て頭から消えてしまったのです。しばらくは問題も手につかないありさまです。問題用紙を真っ白のまま出すのも癪なので、適当なことを書いて提出しましたが、当然結果は「推して知るべし」でした。「人事を尽くして天命を待つ」とはよく言いますが、この時は「人事を尽くせど天命は...」という感じでした。
 ま、その後、2回受けて、この資格をとる事はできたのですが、それにしてもなぁ...

シートベルト(こうさぎ)

きょうは杉並へ乗務しなかったー。
きょうpyokotanはimbe3は調子は離着陸しないです。
imbe3は、

 飛行機に乗ると、離着陸時とか乱気流に巻き込まれたときとかその他乗務員の指示があ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/12/06

おぢバカと笑わば笑えこのオレを(2)

 姪も5歳になり、幼稚園に通うようになった。冬休みが終わった後の話題として出て来そうなのはこんなことだろう。
 「クリスマスプレゼント何もらった?」
 「冬休みどこ行った?」
 「お年玉いくらもらった?」
 まあ、クリスマスは冬休みが始まる前に話題になるかもしれないけど、おじとして気になるのは、
 「お年玉いくら出そうか」
である。幼稚園児に1000円は多いかなぁ、という気がするし、かといって100円じゃ今時ではガムやキャンディーを買ったら終わりだろう。そうなると500円かなぁ?
 今時、幼稚園児へのお年玉の相場っていくらなんだろう?

2004/12/05

おぢバカと笑わば笑えこのオレを

 弟夫婦のところに生まれた2番目の子が今日で生まれて1ヶ月を迎えた。体重も生まれたときの1.5倍になり、顔もだいぶふっくらしてきたと、弟からのメールにあった。
 ここ最近はおもちゃ屋を見かけるとふっと中に立ち寄ってしまう。男の子だから車あたりが喜ぶかなぁとか思いながら。
 まだ1ヶ月じゃあそんなものはわからないだろうけど。
 といって下手に買うと、弟夫婦のうんざりした顔も目に浮かんでしまう。この間行ったときも上の子(こちらは女の子)のおもちゃが部屋中に散らかっていて、弟には「もうお土産におもちゃは買わないで(;人;)」と哀願されたからなぁ...
 とはいえ、弟の嫁さんの実家のほうはともかく、うちの両親にとっては孫は弟夫婦のところのところしかいないから、つい溺愛してしまうのはいたしかたないところかもしれない。すみませんねぇ、嫁さんもらう気配も見せないで...
 

2004/12/04

STAR OHSU ~名国の逆襲~?

 杉並区立高円寺会館と言うところで名古屋の大須演芸場を根城にしている芸人さん6組の寄席があった。
 客の入りは会場の1/3くらい。まあ天気が悪かったせいもあるだろう。天気がよければ半分はいったんじゃないかな?
 私のお目当ては漫画家としても有名(こっちのほうが稼ぎになっているとか)な立川志加吾(たてかわしかご)改め雷門獅篭(かみなりもんしかご)。かつて落語界の内幕を暴露した?漫画「風とマンダラ」を「週刊モーニング」に連載していたことでも有名である。名古屋を舞台にした古典落語をやっていた。あまりおもしろくないし、覚えるのは大変だし、終わったら体が痛くなる、と言う落語をやっていたが、どうしてどうして私はけっこう楽しめた。師匠の雷門小福(かみなりもんこふく)のやっていた落語よりおもしろかった。
 あと、圧倒されたのは大東両(だいとうりょう)の紙切り芸。最初は足元がふらついていて「大丈夫かなぁ」と思ったが、舞台の真中に立つと、マイクなしで朗々と口上を述べるは、浪曲をやりながら紙切りをやるは。さすが芸暦60年。残念だったのはこの人しかできないと言う、後手で紙切りをやる「座頭切り」が見れなかったことだなぁ。
 前半はちょっとだれ気味だったけど、後半はけっこう盛り上がったような気がする。名古屋に行く口実がまた一つできたかもしれない。
 
 これを知った東京新聞の記事はこちら
 雷門小福一門のホームページはこちら

ココログ1周年奉祝\(^O^)/

 始まってもう1年経ったのですか? 早いものですね。
 σ(^_^;)は今年の3月から始めた(そういやNiftyのTTYも3月からだった)のですが、お手軽さからそれまでのメインのページをほったらかしにして今やここがメインになっています。(汗)
 こんなことでいいのかなぁ、と思いつつ(^^ゞ、これからもココログは使っていくんだろうな。まっ、いいか...
 というわけで、これからもよろしく~。m(__)m

IBMがPCから撤退へ

 今朝の新聞を見て、真っ先に目に飛び込んできた記事がこれ。

 IBM、パソコン撤退へ 中国最大手に事業売却交渉
 
 市場シェアの低迷(Dell 16%、HP 15%に対し、IBMは5%)と、自社事業に占めるPCの割合が低いこと、PC事業は収益が低いということが理由らしい。で、事業譲渡先に東芝も上がったそうだが、東芝のほうでは買収額に対して事業拡大に対する利点が少ない(確かに主力のノートPCは市場がかぶる)ということで東芝の方で断ったとか。
 ThinkPadの名前は残るんだろうけど、今後はどういう製品になってしまうんだろう。DynaBookの二の舞を踏まなければいいんだけどねぇ...
 

2004/12/02

梁塵秘抄のはずが韓国ジョークに化ける

 図書館にそれまで借りていた東海林さだおのエッセイを返して、梁塵秘抄を借りてこようと思ったのだが、残念ながらそこにはなかった。
 その代わりと言うわけでもないが、『韓国ジョークの世界』と言う本と『朝鮮ユーモア文学傑作選笑いの三千里』と言う本を借りてきた。
 それにしても、韓国のギャグってエグイわ...
 

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ