Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« ヨーグルトはトルコでは... | トップページ | 小笠原高気圧のルーツ »

2004/08/10

ポップスと民族楽器

 先ほどトルコ料理の話を書いたけど、ええい、もう一丁というわけで。別に1つのお題について、1つしかトラックバックをかけてはいけないということはないよね。
 ここをよく訪れる方ならご存知だろうが、私はここ最近トルコやアラブの音楽にはまっている。適度にエキゾチックで適度にアジア的だからだ。5拍子とか7拍子とかちょっと日本では耳にすることのないリズムとか西洋の12音階で表現しきれないような微妙な音程にとまどわさせられることもあるが、コブシを利かせた歌い回しなどは日本の演歌に通じるところもあり、江波戸昭氏の言う「シルクロードはこぶしロードでもある」という言葉にも納得させられるものがある。
 そして、何よりうらやましいというか驚かされるのは、最先端のポップスにも伝統的な民族楽器が使われることがあり、それがちっとも違和感を感じさせないことだ。何しろ、クラブ・ミュージックにさえも顔を出すくらいだから、普通のポップスでもそれくらいは普通である。ハルクと呼ばれる民族歌謡とかトルコの演歌といわれるアラベスクなどは、言うまでもない。
 翻ってわが日本。J-POPのバックで三味線が出てくるかい? 尺八は? 胡弓は? まず出て来ないよね。演歌でたまにあるくらいでしょ。まあ、沖縄民謡が影響を与えているくらいじゃない?
 でもよく考えてみれば、今ワールドワイドにひろまっている楽器ってほとんどがインドから西アジア起源なんだよね。アラブ歌謡で渋い音色を聴かせてくれるウードは西にひろまって、リュートやマンドリンを産み出したし、ケマンやラバーブといわれる擦弦楽器はバイオリンの先祖だし、サントゥールと呼ばれる2本の撥で弦を叩く楽器の子孫が今のピアノ。ネイやズルナといったダブルリードの笛は今のクラリネットやオーボエの先祖(クラリネットはシングルリードだって? あれは、西洋人がダブルリードをもてあました挙句に、ああいう風に「改良」したんだよ。)だし。ギターもタールと呼ばれる中央アジアのトルコ系遊牧民が愛用していた弦楽器が先祖だというし...
 それだからかなぁ?

« ヨーグルトはトルコでは... | トップページ | 小笠原高気圧のルーツ »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック野郎」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポップスと民族楽器:

« ヨーグルトはトルコでは... | トップページ | 小笠原高気圧のルーツ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ