Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の51件の記事

2004/08/31

コメントスパムパートII

 なんかどこかで聞いたようなタイトルだけど...気にしない。(^_^;)
 先週の水曜に続いて、昨日もコメントスパムがどどーんと届いた。犯人は例のやつである。お決まりのとおりに、IPアドレスブロックとそいつのコメントの削除を実施した。
 しかし、その途中で気が付いたんだけど、削除するときにIPアドレスで検索すると要領よくできるということがわかったんだよなぁ。今までは一つ一つ消していたんだけどね。
 本当だったら、メールアドレスとか名前でブロックしたいんだけど、ココログベーシックだとIPアドレスでしかブロックできないんだよねぇ...
 といってプラスやプロにすると有償になるし...
 ココログベーシックはココログミニマムに名前を変えるべきだというのは暴論かしら?

なるようにしかならん

 これを座右の銘といっていいのかどうか...かもしれないが、「座右の銘」といわれたら、私はこう答えるようにしている。
 「なせばなる なさねばならぬ 何事も」(「がんばれ!!ロボコン」のエンディングかい...)という言葉もよく聞くが、世の中そういう思いだけでどうにかなるものではないし、それでどうにでもなるのなら苦労はない。
 だから、「なるようにしかならん」と、そう思ったほうが心の健康のためにもよろしいのではないだろうか。
 人間は神様じゃないんだからね...
 

2004/08/29

オリンピックがやっと終わる

 長かったオリンピックがやっと終わる。
 メダルをロサンゼルス大会を上回る数確保できたのは喜ばしいが、期間中は番組も特別編成で、平日朝はいつもテレビを時計代わりにしていた身には、調子が崩れてやりにくかった。
 これからやっといつもどおりの日常が始まると思うと、心底ほっとしている。
 え、閉会式は日本時間の午前3時位だって? ということは月曜日もひきずるのか? あ、いや今週いっぱいオリンピックハイライトとか言って、やはり通常とは異なる編成が続くんだろうか?
 お願いだから早く日常の時間に戻してくれ。でないと、こっちは朝からリズムが崩れそうだよ...

HDD Health

 最近のHDDにはS.M.A.R.T(Self-Monitoring Analysis and Repoting Technology)という内部情報を分析して、故障発生を予測する技術が搭載されている。
 余談だが、このSMARTという言葉、「賢い」という意味でもある。人間様が情報を収集してあれこれ分析する前に、自分のほうで収集して分析までしてくれるから、「賢い」ということなんだろう。ということは「Self-Monitoring Analysis and Repoting Technology」の略というのは後からこじつけたのかもしれない。
 で、Windows Start誌の2004年10月号を読んでいると、S.M.A.R.Tの情報をを読み取って、故障日を予測して表示してくれるソフトがあるというので早速導入してみた。
 名前はHDD Healthといい、ここから入手できる。Win9x/Me、2000、XP、NT4.0で動作するフリーソフトだそうだ。
 使い方はそう難しくなく、インストール後、タスクトレイにあるHDDのアイコンをクリックして出てきたメニューで、「Show HDD Health」を選択し、出てきた画面から、表示させたいHDDを選択後、「Health」をクリックすれば、「Nearest T.E.C.」の欄に直近の故障予想日を表示してくれる。ここが「N/A」だったら、特に問題はないが、日付が入っていたら、どこかしら異常を抱えていてこの日当たりに故障する、ということなので、より詳細な内容を表示する「S.M.A.R.T.」タブを開いて、内容を確認する。もっとも、外国製のソフトなので、説明は全部英語だが...
 これを今使っている3台のPCに導入してみたが、困ったことにHDDからの発熱が一番ひどいLibrettoはHDD温度の情報が採れなかった。ちなみに中に入っているのは東芝の9GBのHDD、MK9014MAP。東芝だからこうなのか、この時代のHDDはそこまでの情報が採れなかったのかは知らないが、一番肝心な情報が入手できないのはつらい。でも、「Raw Read Error Rate」というのが高いというのもわかったなぁ。ちょっとHDDにアクセスするだけでバンバン増えるし。そろそろ、HDDも換え時なんだろうか。
 とはいえ、8~10GB台のHDDは今は非常に入手が難しく、見つけても結構なお値段がするんだよな。このPCはBIOSの縛りで、「8.1GBの壁がある」しなぁ...
 あと、FIVAもHDDからの発熱が多いのが気にかかる。「Temperature」の数字は今「130」。これが華氏温度だとすると摂氏換算で、約55度である。こちらはHGST(日立グローバルストレージテクノロジーズ。IBMのストレージ部門は今はここに売却されている)の40GBなので、ここからツールを落として後でチェックしてみよう。
 

あれ、「五木寛之の夜」でなかったの?(こうさぎ)

きょうpyokotanは、寺みたいな通知された。
きょうpyokotanがろうへCDするはずだったの。
imbe3は、

 地方によってまちまちみたいだけど、日曜日の23:30はTBSラジオでは「五木寛

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/08/28

高円寺阿波踊り

 27日会社をひけてから、高円寺阿波踊りを見に行った。家から行くときは、高円寺まで1本で行けるから、とバスで行くことが多いが、都心から高円寺まで直通するバスはないから、当然電車である。
 いやいや、行ってみて驚いた。何がというと、それまで高円寺阿波踊りの舞台は高南通りの大久保通りと青梅街道にはさまれた部分だったが、いつからかは知らないが高円寺駅を中心として、8の字にめぐる道路が舞台になっている。つまり、北側も舞台になっていたということ。それだけ参加する連(グループ)も増えて、高南通りだけでは裁ききれなくなったということだろうか?
 このため、高円寺駅の改札も高円寺阿波踊り開催の時間帯は南口は出口専用、北口が入口専用と分けられて、駅員が交通整理に躍起となっているありさま。また、舞台の中心となる高円寺駅南口の駅前広場は路線バスを含む車は一切締め出しで、バスは北口からのみの発着となった。
  下の写真は高南通りで撮影した踊りの様子である。人だかりがすごくて、交差点からちょっと下がったところにあった消火栓の上によじ登って(ヨイコハマネヲシテハイケマセン)撮ったので、見苦しい点はご勘弁を。m(__)m

koawa48a.jpg

 また、下の写真は高円寺阿波踊り見物人輸送のために、増発された高円寺駅~野方(駅とバス乗り場は少々離れているので、案内上は「野方駅」ではなく、「野方」という表記になっている。車内放送では「野方駅前」といっているが...)間の直通バスである。高円寺~野方間は関東バスの定期路線が走ってはいるが、これだけでは押し寄せる見物人を裁ききれないし、日常の足としてこの路線を利用している人が割を食いかねないので、西武新宿線の沿線から見物に来た人を裁くために、野方まで行く人はこちらに誘導して、途中の停留所から、あるいは途中の停留所への利用者の足を確保するというわけである。
ko40_direct.jpg
 また、写真には撮り損ねたが、高円寺駅~練馬駅の定期路線も直行便こそ出ないものの、定期便で運びきれない乗客を積み残さないようにと、増発便用のバスを待機させていた。
 実は私も会場からはバスで帰ったのだが、私の利用したバスは関東バス、国際興業バスの相互乗り入れ路線の赤羽駅行き。乗ったのは国際興業の担当便だけど。それだからか、あるいは、この路線の終点である赤羽や板橋方面からバスを利用して来たり帰ったりするような物好きはいまいと思われたのか、高円寺駅北口の駅前広場のキャパシティの問題からかは知らないが、増発便はなかった。おかげさまで自分が降りる停留所までずっと立ちっぱなしになってしまった。座席はかみのね橋あたりからやっと開きだしたが、そこじゃあ、私的には相手も意味ないんだよなぁ...
 あ、そうそう、これに伴う、高円寺駅から五日市街道方面に向かう関東バスの迂回経路だけど、高円寺駅南口のバス停が使えない状況なので、京王バス東との相互乗り入れ路線の永福町~高円寺駅南口間の路線は高円寺駅南口発着の最終を繰り上げて、後は終バスまで新高円寺駅~高円寺駅南口間は運休として、永福町~新高円寺駅の運行。野方~五日市街道営業所の路線は高円寺駅南口~新高円寺駅間は環七・青梅街道を経由し、この間は無停車という扱いだった。高円寺駅南口~五日市街道営業所の路線も同じだな、きっと。
  で、今日はいよいよ最終日。天気は持つかな。この週末はぐずつき模様とか言っているけど...

真夏のクッパ

 高円寺阿波踊り見物の後、知り合いの間でちょっと話題になっている「きむち」という店に言ってきた。ちょっと私的にはわかりにくい店にあったが何とかたどり着けた。
 韓国料理は粉食(小麦粉など穀類の粉を原料とした食品。麺類とかね.)派の私だが、この時はクッパを注文した。池袋西武地下にあるヨンヤンでさんざん麺類を食べていたので、たまにはご飯物という考えが働いたのかもしれない。
 出てきたものを見てまぁ驚いた。量が結構あったこともあるが、派手にぐつぐつと沸騰したスープが出てきたのだから。
いきなり丼の中のものを食べたら口の中を大やけどしかねない勢いだった。
 食べ終わったあとは汗びっしょり。やはり夏にクッパは無謀だったか...ビビンバにしておいたほうがよかったかな。といいつつ石焼ビビンバだったら、同じかもしれない。
 今度クッパを食するときは、厳寒の時期にしよう。そうすれば、あの熱さも心地よく感じる、かな...?
 あ、そうそう。お通しで出てくるここのキムチは種を取った唐辛子を使っているらしく、辛さは控えめである。辛くなければキムチでないとお思いの向きにはちょっと物足りないかもしれないが、朝鮮半島でも北に行くほど辛味が弱くなる(南の方が相対的に気温が高く、物が腐りやすいので塩や唐辛子を多く使うのだそうだ。日本だと北のほうほど塩分の摂取量が多くなるのとは逆だな)ということなので、そっちの方の作り方なのかもしれない。それとも、辛味に対する耐性の弱い日本人向けにアレンジしたのか。
 ま、店名にするだけあって、決して悪いとは思わないけど、また、辛味が少ないので結構食べられる(出てくる量も半端じゃない)のはありがたいけど、私的には唐辛子で赤く染まったキムチは辛くあってほしい。辛さのための辛さを追求するようなのは勘弁してほしいが...

2004/08/26

「着うた」

  「着うた」配信制限の疑い レコード5社、公取委立ち入り
 KDDIの携帯のサービス「着うた」で大手レコード会社が大手レコード会社が音楽配信会社に対する楽曲の使用許可を不当に制限しているとかいうことで、「ソニーミュージックエンターテインメント」、「東芝EMI」、「ビクターエンターテインメント」、「エイベックス」、「ユニバーサルミュージック」など大手5社を含むレコード会社10社と大手5社が共同出資している携帯電話への音楽配信会社「レーベルモバイル」などに公取委の立ち入りが入ったそうな。
 なんでも、それまでのカラオケ業者などが先行していた「着メロ」では、原曲の作詞者、作曲者は著作権料を受け取ることができるが、レコード会社には料金授受の権利がないらしい。
 これに対して「着うた」では、CDと同じ音源を使って、歌手の歌声を流すので、レコード会社にも著作権法に基づく著作隣接権が生じ、配信会社に対して楽曲の使用許諾権をもつほか、使用料も受け取ることができる。ということで、ここ最近CDの売上が全体的に低調になっている業界としては、新たな収益源として目をつけるのは、営利企業としては当然の行為とは言えるだろう。
 しかし、問題はCDなどの音楽ソフトの売上の6割を握るといわれている大手5社が「着うた」の配信先を原則的に「レーベルモバイル」社に限定し、他の音楽配信会社が大手5社の人気歌手の「着うた」を配信できず、「レーベルモバイル」社のシェアが利用件数の7割と突出してしまっていることだ、という。このため、公取委では「着うた」の共同出資会社に自社製作の曲を重点的に配信させることで、不当に他社の事業活動を排除し、価格相場の維持(着メロは安いところでは10円/件だが、着うたは100円/件だそうな)を計っているとして、今回の立ち入りになったということだ。
 ま、確かに他社の事業活動を排除するのはよくないことだろう。しかし、もっともっと根本的な問題があると思うぞ。
 それは、携帯の使用マナー低下にこれらが一役、買っているということだ。
 まったく、着信なんて自分だけわかればいいことだろうに。それをわざわざ大音量で他人に聴かせるなんて、どういう神経なんだか、私には理解できない。ただの音では味気ない、だの、個性の主張だの言うのはは理由としては認めんぞ、オレは。
  これを契機に着メロだの着うただの着ボイスなどの配信会社が立ち行かなくなってくれればなぁ...
  そういう目的の立ち入り検査ではない? でもオレは立ち行かなくなってくれることを真剣に望んでいる。街にはノイズがあふれ返っているのだから...

2004/08/25

pyokotan 一時行方不明になる

 うちのBlog Petこうさぎのpyokotanが一時行方不明になってしまった。
 事の発端は、こうさぎのあるリンクを今までのリンクから別のリンクへ動かしたことだけど、新しいリンクだとこうさぎの画像が出てこなくなったのだ。
 結局新しいリンク側の設定の問題ということでけりはついたのだけど、前回作ったリンクと同じ「メモをツールチップにする」設定にすると、どういうわけかこうさぎは表示されず、「メモをテキストにする」だと表示されるのだ。前のリンクだったら、ツールチップで表示されていたんだけどねぇ...どういうことなんだか...

コメントスパムはマシンガンのごとく

 コメントとかトラックバックがあると、メールで通知してくれるように私は設定しているけど、その通知先にしているメールアドレスにやたら大量のメールが飛んできた。
 何かと思ったら、例のコメントスパムである。この時受け取ったメールの半分くらいはこれだった。もしかして、こないだの日曜、月曜とアクセス数が3桁に乗ったのはこいつのせいか。だとすると、嬉しさも中くらいだな...
コメント拒否、トラックバック拒否という人もいるけど、私はそこまでの悟りは開けていない。
 ちまちまとコメント拒否したい人の登録でもするか...

2004/08/24

眠れる場所ならどこでもいいよ

 「春眠暁を覚えず」とかよく言うが、私の場合、春夏秋冬いつでも眠い。今飲んでいる薬のせいかもしれないが...
 というわけで、私にとって世界で一番極楽な場所は余計なことを気にせずに安心して眠れる場所である。
 ということは寝床の中ということになるのかな? やはり...

2004/08/23

おお~

 2日連続でアクセスカウントが3桁乗ったよ。
 ほんまかいなって感じ。
 明日はどうかな?
  

うひゃぁ~

 アクセスカウンタを見たら、昨日のアクセスは111あったらしい。
 普段は60~70くらいだから、いつもの40%増し、下手をすれば倍近い。
 まぁ、がんがんネタ振りしたせいもあるんだろうけどね。
 3桁乗ったのって、今まであったかなぁ?

2004/08/22

あれ、「五木寛之の夜」でなかったの?

 地方によってまちまちみたいだけど、日曜日の23:30はTBSラジオでは「五木寛之の夜」の時間帯である。ところが、今日はアテネオリンピックのマラソンの中継でお休みだそうだ。
 そうだと知っていれば、さっさと寝たんだけどなぁ...結果は後でテレビやラジオ、新聞でもわかるし...
 というわけで、お休みなさい...

家にあるトルコ音楽のCDを分析?してみる

 ここ最近買ってくるCDはほとんどトルコ音楽ばかり。
 かなりたまったんだろうな、と数えてみたら、なんだかんだで48枚あった。
 ジャンル別に見るとやはりポップスが多い。全体の2/3はこれじゃないかなという感じである。しかも大半は女性のボーカル曲。アシュクン・ヌル・イェンギはなぜか4枚、セルタブ・エレネルは3枚ある。あの、「No Boundaries」と「Everyway that I can」と「Sertab gibi」と。あと、ギュライとニル・カライブラムギルが各2枚か。
 男性のボーカルはレヴェント・ユクセル(セルタブ・エレネルの元ダンナ)が2枚、タルカンが1枚、イブラヒム・タトルセスが1枚、チェリッキが1枚という感じである。グループだとババズーラが2枚あるな。あとは、トルコの民謡とか軍楽とか、これだけ収録というわけでもないがどういうわけかベリーダンスの曲まである。
 その前は外国のポップスというと、私の場合フランスだったけど、今では完璧にトルコに追い抜かれたと思う。フランスのも20枚以上はあったはず。こっちはフランソワーズ・アルディとミッシェル・ポルナレフが2大巨頭という感じかな。
 フランスとトルコ、一見つながりがないように見えるけど、実はパリ発のワールドミュージックの中に、サッフォーやアミーナといった旧フランスの植民地だったモロッコやチュニジア出身の歌手が、ポップなアレンジの中にもアラブ独特のエッセンスをまぶしたような曲を歌っていて、そこからアラブ歌謡に入り(実際、サッフォーやアミーナのほかに、アルジェリア出身のスアド・マシという歌手のCDももっている)、そこから中近東つながりでトルコに入ったという部分もあるからね。もっとも、トルコの音楽との最初の接点は以前にも繰り返し書いたように軍楽だけど...
 
 

おめでとう、駒大苫小牧

 やった、やった、ついにやった。北海道では、オリンピックで金メダル取るより価値あることだろうな。
 そう、あの甲子園で北海道の駒大苫小牧高校がついに優勝してしまった。もちろん、過去の春夏の甲子園を通じての初快挙である。追いつ追われつの打撃戦を制して、ついに真紅の優勝旗を手にした。
 ここ最近、明るい話題の少ない北海道には久々の明るい話題だろう。
 最初は準々まで行けば御の字かな、と思っていたが、気が付けば決勝戦まで駒を進めて、優勝までしてしまった。
 プロ野球も日本ハムが札幌ドームをフランチャイズにしたし、今年は北海道の野球元年と言ってもいいような都市だな。
 優勝の後の会見で、監督が感泣しながらコメントしていたのに対し、主将のほうは淡々と受け答えしていたのも印象に残ったなぁ、普通は逆のパターンが多いけどね。
 ともあれ、おめでとう>駒大苫小牧。同じ北海道(私は函館市)出身者として、心からお祝い申し上げます。
 
 

LARK MILDS MENTHOL Pacific Edition 2004

 買い物の帰りにこんなものを見つけた。
lm2004a.jpg
lm2004b.jpg
 ラーク・マイルド・メンソールの2004年パシフィックエディションというものだそうである。
 通常のものとの違いはパッケージだけで、中身はいっしょみたいだけど...
 比較のために、通常のパッケージも載せておきます。
lmnormal.jpg
  
 ※決して、喫煙のススメではありません。念のため。

ネット関係のトラブル

 昨日はネット関係のトラブルに振り回された。
 一つは、こちらにも書いたけど、メールの受信が途中で止まってしまうこと。もう一つは、Turkey2003にどういうわけかアクセスできなくなってしまったことである。
 Turkey2003の方はブロードバンドルータ側にDNSサーバのアドレスを設定することで何とか解決できたが、メールのトラブルは相変わらずである。直るのが先か、メールボックスがあふれるほうが先かどっちだろう?
 

高円寺駅の駅員にしてやられた話

 昨日西荻窪に行こうとして、高円寺から中央線に乗ろうとしたら、自動改札でイオカードが「出場記録なし」で引っかかってしまった。
 仕方ないので、駅員に精算処置をしてもらったが、このとき何を思ったか、駅員が通常より130円多くひいてしまったんだな。引っかかったのは8/14に渋谷から乗ったときの出場記録がないという話。だから、このときの出場記録を記入してもらえればよかったのだ。実際に乗った区間は渋谷~池袋間で160円差し引き。渋谷~高円寺でも同じ。もっとも、イオカードの場合入場時に初則分の130円はあらかじめ差し引くから、30円だけ引いてもらえればよかったのだが、160円さしひかれてしまったのである。
 おかげで、西荻窪から池袋まで乗ったときには、自動改札で残高不足で引っかかって、精算機に寄り道する羽目になってしまった。まっとうに計算すれば、まだ残があったのに。もっとも、自動改札で入場するのに必要な最低金額は下回るけど...
 それにしてもなぁ、池袋を出場するときはいつもの癖でイオカードで入場しても、定期で出場するということはよくやってしまう私だが、今回の場合そういうことはなかったんだけど...
 なんでだろ?

コメントスパム(こうさぎ)

きょうimbe3で、お知らせした?
きのうは調子もメールされた!
きのうはメールした。


*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

高円寺阿波踊り記念バスカード

 来週の金曜、土曜と高円寺で恒例の阿波踊りがある。これが開催されている時間帯は、大久保通りとの交差点から青梅街道までの高南通り(高円寺駅から青梅街道まで環七に並行して走る道路。高円寺駅から五日市街道方面へ向かう関東バスと京王バスはこちらを通り、環七は都バスだけが通る)が車両通行止めになるので、高円寺駅南口から南下するバスは、阿波踊りの開催時間帯は大久保通り→環七通り→青梅街道と迂回してに五日市街道へ入るため、浩南通り上のバス停は休止となる。
 じゃあ、環七や青梅街道上の都バスの停留所を借用するのかって? そういうことはない、この区間は無停車である。
 ところで、この高円寺阿波踊りを記念した関東バスの共通バスカードを入手したので、掲載しておく。
koawa48.jpg
 発売額は1000円で、3000枚限定だそうだ。台紙付きで、台紙の裏には高円寺阿波踊りの歴史について記載されている。これは全部で3種類あるようで、私の持っている物は、最近の歴史について記載されているもので、これが3番目ということなので、1~3まで各1000枚ずつ出しているということかな。関東バスのホームページのお知らせにもこのことは載っている。
 発行するのは関東バスだが、あくまでも「バス共通カード」なので、バス共通カードを取り扱っているバスや都電でも使用は可能である。コレクションするのもいいが、せいぜい使い倒してやっていただきたい。私は記念カードだろうが通常のカードだろうが遠慮会釈なく使い倒すけど...

2004/08/21

またメールの調子が悪い

 今朝からメールの調子が悪い。
 なんか訳のわからない未読メールのせいっぽいんだけど、そいつの内容が確認できないのだ。
 こいつさえどうにかなれば解決するんだろうけど、一ユーザの立場ではねぇ...

コメントスパム

 ココログのお知らせにコメントスパム対策についてという記事が載った。昨日の昼から、開始したみたい。
 何をやったかは知らない(というかおおっぴらにはできないわな、コメントスパム対策の対策を講じられるから)けど、効果のほどはいかに...

2004/08/20

ソーラー電卓の電池交換

 家にあるソーラー電卓の調子が今ひとつよくなかった。表示が薄くなってしまうのである。ソーラーだから、基本的に電池切れはありえないはずだが、と思って本体をひっくり返してみると、この電卓は薄暗いところなどでは太陽電池ではなく、内蔵の電池(うちで使っているのはLR-44というアルカリボタン電池だが、薄型のものではコイン型のリチウム電池を使うものもある)から電力を供給するタイプのソーラー電卓だということがわかった。まぁ、確かにソーラー電池だけだったら、周囲の明るさで供給できる電力が左右されて、ちょっと暗いところだと使い物にはならんよな...
  というわけで近所の安売りコンビニでアルカリボタン電池を買ってきて電池を交換しようとしたが、ぱっと見たところ、電池交換部のふたがない。昔の単3型とかを使う電卓ではどこに電池が入っているかはふたの部分で容易にわかったし、ここの部分のふたは簡単に外せるようになっていたものだが...そういえばこの電卓、メーカーは名の通ったところ(カシオ)だが、裏には「ASSENBLED IN THAILAND」の文字。つまりタイで組み立てを行っている、って事だが、電卓も海外生産を行うようになると、値段は安くなるけど(買ったときは1,000円しなかった)、その分使い勝手も悪くなるものだなぁ...(-_-;)、と憤慨したものである。
 とはいえ、裏に使用している電池の型が記載されている、ということは、電池の交換はユーザーでもできるはず、そうでなければあの表示には意味はない、と、裏のねじを取り外しにかかる。そうでもしないと、電池の交換はできそうにないのは、火を見るよりも明らかだから。さおれに、会社に置いてあるオーロラの電卓(こちらは中国製)は、電池の交換は本体裏側のねじを外して、側面の隙間にマイナスドライバーを突っ込んでこじって裏蓋を開けるという、けっこう荒っぽいことをやって電池の交換をする、ということは知っていたから、おそらくそんな感じで交換するんだろう。
 ということで、本体裏側のねじの位置を確認。まずはキーの裏側にあるねじを外し、側面の隙間にマイナスドライバーを突っ込んで、裏蓋を外す。
 あれっ、ない。どうやら電池はここにはないらしい。ということは、表示部の裏? 裏蓋を元通りに戻して、今度は表示部の裏側にあたる部分のねじを外す。
  ねじは外れた。外れたはいいが、今度は裏蓋が外れない。側面の合わせ目にマイナスドライバーを突っ込んでもこっちは容易に外れそうにない。まぁ、表示部は液晶だから、簡単に外れたら外れたで始末の悪いことになりそうだ。
 考えること十数秒。そういえば、表示部は見やすいように角度を変えられるんだっけか、と表示部を起こしてみる。起こせる限界近くまで起こしたところ、ふたはあっさりと外れ、電池が見えた。電池の極性を確認後、古い電池を外し、新しい電池に入れ替え、裏蓋を取り付けて、ねじをしめなおす。ようやく電池交換が終わった。
 電池を新品に入れ替えた甲斐もあってか、表示はくっきりとしている。新品当時、かどうかはわからないが、それに近いくらいにはなったと思う。
 まったく、電卓の電池交換くらいで右往左往するのもなんだけど、今じゃ安売りしている電卓だと1,000円で釣りが来る時代。もしかしたら電池が切れただけであっさり買い換える人もいるかもしれない。そのほうが手間もかからないし、安上がりだと。まぁ、確かに電池交換をサービスセンターに依頼するくらいなら、確かにそのほうが安上がりだと思うけどね...
 でも、電池は消耗品なのはわかりきっていることなんだから、これくらいは自分でやらないとね。
 これは余談だけど、パソコンの内蔵時計とかCMOS情報を保持するための電池。これもユーザで容易に交換できるようにしてほしいねぇ。これのためだけに、サービスセンターに作業を依頼すると、1万円以上かかってしまうけど、自分でやれば、部品代だけで終わるからねぇ。もっとも、そのためには、その部分の電池に容易にアクセスできるような構造と、容易に入手ができる電池を使用することが条件だけどね。今は生産を終了してしまったけど、HPの200LXってこれ用の電池は容易に入手可能なCR2032というコイン型リチウム電池を使っているから、この辺のメンテナンスは簡単なんだけど、他のはどうなんだろうなぁ?

ハード増強と書いて、「シシューポスの岩」または「賽の河原の石積み」と読む?

 システムチューニングが功を奏したか、以前に比べてレスポンスがよくなりましたね>ココログ。
 26日にはハード増強も行うそうな。さぞ快適にはなるでしょう。一時的には。
 そうなると、快適になったからとユーザがワーッと押し寄せて、増強分はあっという間に帳消しとなるというか、サクサクに慣れてしまって、たとえ増強前よりはまだましな状態であるとしても、レスポンスが悪くなっているように感じてくるもんです。
 こうなると、賽の河原で石を積んでいるようなものかも>システム増強。

あれから1週間経ちましたが...

 先週の木曜日にTurkey2003にCDを注文したんですな。Celikの「Yol」とYonca Evcimikの「Yoncimix」。代金もちゃんと支払っています。
 前回の実績でいくと、今週の火曜日あたりにはこっちに着いていたのですが、今回はまだ届いておりません。
 ま、通常1~2週間は見てください、と言っているので、まだ文句を垂れるには早いとは思いますが、前回のペースに慣れてしまうと、まだかまだかと気がじれてきます。
 明日、ってもう日付が変わっているか、今日には来るかなぁ?

2004/08/17

セルタブ・エレネルの「No Boundaries」のトルコ盤もっているぞ~

 韓国の「箪笥」という映画で、セルタブ・エレネルの「Here I Am」という歌が使われていることはご存知の方もいるだろう。これの収録されているアルバム「No Boundaries」も日本盤が出て、タルカン以来ちょっと注目されているトルコ人歌手という感じである。これで初めて、セルタブ・エレネルを知ったという人もいるかもしれない。
 私はこれのトルコ輸入盤をもっている。つまり、日本人の大多数がセルタブ・エレネルを知る前から、知っているということ。日本の赤が主体のけばいジャケットではなく、青主体の落ち着いた感じのジャケットのものだぞ。ついでにいうと、輸入CD規制法案によって、今後は入手が困難になるかもしれないものだぞ。
 さらに言えば、「No Boundaries」は全部英語の歌詞だけど、私は彼女がトルコ語で歌っているCDも持っているぞ、っと。「Here I Am」のトルコ語版はもっていないけど、同じアルバムに収録されている「Everyway That I Can」のトルコ語版なら持っているぞ。
 そういや、アクセス解析を見てみると一時期は「セルタブ」というキーワードでここのBlogを検索してくる人が一番多かったなぁ、うん...

2004/08/16

真剣に電波シールドを考えたほうがいいんじゃないか?

 帰りの電車の中で、若い女性の声がした。
 いや、これだけなら別段珍しくもないけど、かなりでかい声でしゃべっている。しかも、相方もなしで...
 ふっと地下鉄東西線で以前よく見かけた窓に映る自分の姿に向かって悪態をついている女のことを思い出した。でも、この女性の場合、悪態どころか実に楽しげにしゃべっている。
 声のするほうを見ると、なんのこたぁない、ガンクロ娘がケータイでしゃべっていただけだった...が、彼女のいたところは優先席のすぐそば、携帯の電源を入れるのはご法度の場所だったのだ。
 以前は電車やバスの中では、ケータイの電源を切るようにというところが多かったが、ここ最近は、優先席近辺以外では電源は入れてもいいことにはなっている。ただし、マナーモードにすること、通話はしないことが条件だ。車内放送でもくどいくらいに言っているが(車掌も言い飽きただろうが、私も聞き飽きた)、まあ半分以上は守っていない。
 もう、乗客のマナーに期待する、なんてのんきなことは言っていられないのではないだろうか?いっそ、電波をがっちりとシールドするような車両構造にして、電車やバスの中でケータイを使おうなんて思わせないようにでもしないと、この問題は解決しないような気がする。
 この際だからはっきり言おう。
 乗客のマナーに期待するなんて言うのは、問題の解決を放棄すると言っているのと同じだよ>鉄道、バス会社。
 
 

2004/08/15

駅すぱあと

 軽い気持ちで駅すぱあとの「オンラインアップデート」ボタンを押したら、鉄道時刻表のバージョンが変わっていた。
 よく考えたら、お盆時期に運行される列車の運行が終了になるんだっけか。
 バックアップを始めるなら、こっちを済ませてからにするべきだった...

新規でネタを起こすのと、コメントをつけるのと...

 パソコン通信の時代から思っていたのだけれど、まるっきり新規でネタを起こすよりは、コメントをつけるほうが楽だな、と思うことがままある。コメントはその前の書き込みに対して、何か(その何かを考えるのが大変といえば大変だが)書けばいいんだから、半分くらいは元ネタを書いた人が考えてくれているようなもの。しかし、新規のネタは一から自分で考えないといけない。一時は「コメント屋に成り下がっている」自分に嫌気が差したことがあったっけ。
 インターネットの場合、自分で情報を発信する、という部分がパソコン通信に比べて大きくなっているような気もするんでこれじゃあいけないね。ま、徹底的に受身というのもありだろうけど。
 よし、がんばるぞ(って何を?)。

ThinkPad R31のバックアップ(こうさぎ)

imbe3で、手洗いしたかったみたい。
pyokotanは、手を)するはずだった。
きのう、imbe3とここへimbe3はここで)した。
imbe3は、

 我が家の「母艦」ThinkPadR31のバックアップを再開することとした。

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/08/14

本日のお買い物

 トゥーバ(モンゴルの北にあるロシア連邦内の一共和国)のサインホー・ナムチラクの「Who stole the sky?」をエル・スール・レコードで、トルコのロマニー(いわゆるジプシーね)音楽家ブルハン・オチャルとトラキア・オール・スターズの「国境の町クルクラレリにて」をタワーレコードにて購入。
 最近、ワールドミュージック、特にトルコの曲への入れ込み具合は自分でも病的と思えるほど。単に外国へのあこがれなのか、それとも、日本に嫌気がさしてきているのか、多分両方なんだろうな...

2004/08/13

家持さんの呪い?

 手洗いで手を洗っているときに、ケータイが胸ポケットから滑り落ちた。落ちたところは、水道の蛇口の下。派手に水濡れしたのは言うまでもない。それどころか中にまで水が入ってしまったような。
 帰宅後慌てて、取扱説明書を探し、池袋東口のDoCoMoショップへ。ここは平日なら22:00まで開いているから。
 最初は動作のチェックをして、どうもあんばいのよくないような感触だったが、とりあえず「応急処置」(内容はここには書けない。あとあと面倒なことになりそうだから)を施して、なんとか動作可能にしてくれた。
 でも、根本的に直ったわけではないので、バックアップはまめにとるように、根本的に直すと買い換えたほうが安いくらいの金額になることは念を押された。
 以前、大伴家持の悪口を書いてしまったのが悪かったのだろうか? そういえば、「海ゆかば」は彼の長歌の一部に曲をつけたんだよなぁ...
 

2004/08/12

英語などをうっかり使うと...

 Turkey2003というトルコ製品の通販サイトでCDを注文したときのこと。このサイト自体はトルコにあるけど、日本人のスタッフがいるため、やり取り自体も日本語でもOKというところが嬉しいのだけれど、今回のスタッフの回答はどういうわけか全部英語で返ってきた。救いはそう難しくない英文だったので何とか意味を汲み取れたことだけど...
 やはり「Please Japanese(日本語でお願いね)」などと英語で書いたのが間違いだったのだろうか? こういうことを書いたから、「あ、この人簡単な英語ならなんとかなりそうじゃん?」と現地のスタッフに思われたりしたとか...
 しかし、この文句を省いたら日本語で返ってきたかと言うとこれまた疑問。「この人はトルコ語でも大丈夫だろう」とトルコ語で答えが返ってきたりして...(^_^;)
 しかし、トルコのアルファベットは一応はラテンアルファベットだけど、トルコ独自の表記があって、その部分がまともに表記されない。それ以前に私はトルコ語に堪能でない。(爆)
 それならトルコ語に堪能になればいいって? 確かにトルコ語は文法的には英語よりは日本語に近いけど、単語はかなりかけ離れている。日本語に似ている単語も皆無ではない(iyiが「いい」とか...)けど...
 いやいや、海外サイトとのお付き合いは大変です、ほんと...
 

2004/08/11

小笠原高気圧のルーツ

 東京新聞の8/11の夕刊にこんなことが載っていた。
 日本に高温多湿の夏をもたらす高気圧、小笠原高気圧は太平洋高気圧の一部というのが今までの定説だった。
 しかし、海洋研究開発機構地球シミュレータセンターの榎本剛研究員の分析によると、小笠原高気圧は太平洋高気圧の一部というより、アジア中・西部上空の大気の波の影響が強い、ということがわかったそうだ。
 この理由として、小笠原高気圧は背が高く上空10km以上でも高気圧だが、太平洋高気圧は上空数kmまでに限られること、従来発生原因とされていたフィリピン近海での大気の活発な対流活動がなくても小笠原高気圧のような背の高い高気圧に8月の日本は覆われることがシミュレーションで突き止められたこと、アジア中・西部の砂漠上空の強い放射冷却がない場合、8月の日本付近に高気圧が現れないことがわかった、と言う事があげられている。
 今年の猛暑は、放射冷却で発生するロスピー波という大気の波が強くて偏西風が大きく蛇行し、この波のエネルギーが十分日本付近にも伝わったからということである。
 ちなみに冷夏だった昨年はこの波のパターンは出なかったそうである。
 日本ってこんなところでもシルクロードとつながっていたんだねぇ...

2004/08/10

ポップスと民族楽器

 先ほどトルコ料理の話を書いたけど、ええい、もう一丁というわけで。別に1つのお題について、1つしかトラックバックをかけてはいけないということはないよね。
 ここをよく訪れる方ならご存知だろうが、私はここ最近トルコやアラブの音楽にはまっている。適度にエキゾチックで適度にアジア的だからだ。5拍子とか7拍子とかちょっと日本では耳にすることのないリズムとか西洋の12音階で表現しきれないような微妙な音程にとまどわさせられることもあるが、コブシを利かせた歌い回しなどは日本の演歌に通じるところもあり、江波戸昭氏の言う「シルクロードはこぶしロードでもある」という言葉にも納得させられるものがある。
 そして、何よりうらやましいというか驚かされるのは、最先端のポップスにも伝統的な民族楽器が使われることがあり、それがちっとも違和感を感じさせないことだ。何しろ、クラブ・ミュージックにさえも顔を出すくらいだから、普通のポップスでもそれくらいは普通である。ハルクと呼ばれる民族歌謡とかトルコの演歌といわれるアラベスクなどは、言うまでもない。
 翻ってわが日本。J-POPのバックで三味線が出てくるかい? 尺八は? 胡弓は? まず出て来ないよね。演歌でたまにあるくらいでしょ。まあ、沖縄民謡が影響を与えているくらいじゃない?
 でもよく考えてみれば、今ワールドワイドにひろまっている楽器ってほとんどがインドから西アジア起源なんだよね。アラブ歌謡で渋い音色を聴かせてくれるウードは西にひろまって、リュートやマンドリンを産み出したし、ケマンやラバーブといわれる擦弦楽器はバイオリンの先祖だし、サントゥールと呼ばれる2本の撥で弦を叩く楽器の子孫が今のピアノ。ネイやズルナといったダブルリードの笛は今のクラリネットやオーボエの先祖(クラリネットはシングルリードだって? あれは、西洋人がダブルリードをもてあました挙句に、ああいう風に「改良」したんだよ。)だし。ギターもタールと呼ばれる中央アジアのトルコ系遊牧民が愛用していた弦楽器が先祖だというし...
 それだからかなぁ?

ヨーグルトはトルコでは...

 タイトルだけ見ると、私がトルコに行ったことがあるように思われるかもしれないが、実を言うと外国に行ったことは1度もない。海外なら、北海道と四国と九州に...(*_*)☆\(-_-;)
 さて、冗談はさておき、ここ最近でカルチャーギャップを感じたことといえば、トルコ料理で使われるヨーグルトだろう。日本ではヨーグルトは飲み物のイメージが強いが、トルコではいろいろな料理に顔を出してくる。サラダ、前菜、焼き肉やマントゥ(トルコ風水餃子。一説では中国語の饅頭が語源だとか)にかけるソースや漬け込むソースとまぁあちこちに出てくる。しかもそのヨーグルトには砂糖ではなく塩とかにんにくとかが入っている、といったら、信じられます?
 もちろん、トルコでもヨーグルトを飲み物にもする。ヨーグルトを水で割ったものに塩を入れて飲むアイランという飲み物がある。初めてトルコ料理を食べたとき、これも飲んだけど、最初はわけのわからんものを頼んでしまった、と、びくびくしたものだが、実際に飲んだところは塩味でヨーグルトの酸味のかどがとれて思ったより飲みやすい飲み物だと思ったものである。ちなみに、ヨーグルトにはトルコでは砂糖を入れて飲むということはないらしい。紅茶は小さなグラスに砂糖をどばどば入れて飲むのにね...
 しかし、アイラン体験以後は、ヨーグルトに甘味をつけて飲んだり食べたりということにすっかり抵抗を覚えてしまった。なんか味がくどくなってねぇ...
 

2004/08/09

原爆の日の原発事故

 今日は長崎原爆の日だが、よりによってこの日に福井の関西電力美浜原子力発電所で事故があった。しかも死者が4名も...
 事故はどんな事故でもしゃれにならないが、よりによってこんな日に...
 

2004/08/08

ソフトウェアのバージョンアップ

 今まで使用していた携帯電話情報管理ソフトの新版がでたのでバージョンアップした。今回は今まで使用していたものから直接バージョンアップ可能なバージョンだったので、割安なアップグレード版を使用できたのはラッキーだった。
 しかし、それはそれでいいのだが、バージョンアップ版の場合、インストール時に旧版のメディアが必要になることがあるので、旧版のメディアはおいそれとは処分できない。おかげで、部屋の中には今は再インストール時にしか使用しないだろうと思われる、旧版メディアがごろごろ転がっていて、始末が悪い。
 新規インストール版を買ってくれば、旧版は遠慮会釈なく処分できるが、こちらはアップグレード版に比べて割高になるのが一般的。アップグレード版より少々割高くらいならまだしも、アップグレード版の価格が2/3とか半額とかそうなってくると、アップグレード版が使用できるのにわざわざ新規インストール版を購入するというのもばかばかしく思えてくる。ARK情報システムの「革命」シリーズなどは、アップグレード版でアップグレードしまくっているから、旧版のパッケージがいくつもいくつも転がっている始末だ。新規インストール版は、その時のアップグレード版が対応可能な新規インストール版がバージョンアップしたときくらいしか購入していない。最近は中抜き可能なアップグレード版から始末はしているけど...
 ダウンロード版を使えば、スペースの問題は解決つけやすいのだけど、今度はマニュアルが問題になってくる。こういうのはPCがないと読めないから。ま、プリントアウトすればよいのだけど..それに、全てのソフトにダウンロード版があるわけではないし、ダウンロードが非現実的というものも中にはあるし....
 安上がりでなおかつものをおくスペースで悩まない方法は...やっぱりダウンロード販売のものを利用するしかない?

「こうさぎ」初投稿(こうさぎ)

きょうpyokotanは、五輪へ競技するつもりだった?


*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/08/07

ThinkPad R31のバックアップ

 我が家の「母艦」ThinkPad R31のバックアップを再開することとした。当初はまじめに取っていたんだけど、一度HDDがクラッシュして以来、ずっとさぼっていたのだ。
 え? 普通はクラッシュした後、懲りてバックアップをやりだすするもんだって? ま、そうなんだけどね。いざという時のことを考えて入れている、バックアップユーティリティがネックになっていたのさ。で、本体内蔵のHDDのミラードイメージを作成して、それをバックアップ先のHDDとしていたのですが、以前これをR31でやったときうまくいかなかったのですよ。本来なら通常の使用領域とリカバリイメージ用の領域がバックアップ先にもできてよさそうなものが、どういうわけか通常の使用領域しかできない、ということになってしまって、あれこれ悪戦苦闘させられたことが...それがトラウマになっていたのですな。
 でも、このままほっとくわけにも行かない、というわけで意を決して今日バックアップ用のHDDを作成したわけです。
 結果は、うまくいきました。ちゃんと2つの領域がバックアップ先にもできています。これで安心してバックアップが取れると...
 それにしても前回はなぜうまくいかなかったんだろ? 98用の起動ディスクまで持ち出して(FAT32だからできる芸当ですな、NTFSだったら...)アクティブ領域を切り替えるなんて荒業まで繰り出す羽目になって、その後は起動しなくなって大騒ぎして...
 う~みゅ...

今日は板橋の花火大会で...

 先週が隅田川、今週は板橋(戸田でもある)、来週は東京湾、東京は今月は花火大会が目白押し。
 遠くで見物している分には、音を愛で、姿を愛でかも知れないが、近くだとそうのんきなこともいっていられないかもしれない。
 そういや、来週の花火大会の交通規制のおかげで、うちの会社来週末は「出社厳禁」というお達しがでている。
 でもそういわれて、はいそうですか、と素直にいえないこともあるんだけどね...
 私は幸い来週末の出社予定はないけど...

韓国麺2

 今日の晩飯は池袋西武地下のヨンヤンのイートインで済ませた。以前、ここでソウル麺という暖かい麺を食べたが、今日は暑かったので、冷麺にした。
 冷麺の麺はやたら歯ごたえがあって、なかなか噛み切るのに苦労させられる(だから地元でも頼めば麺をはさみで切ってくれるんだそうだ)が、ここの冷麺はずいぶんと柔らかい麺だった。食べやすいといえば食べやすいけど、あの歯ごたえがないのは物足りなかった。スープもずいぶんと薄味だったし。まぁ、韓国の麺もいろいろあるから(冷麺だけでも、芋のでんぷん主体でやたら硬い咸興(ハムン)の麺、そば粉主体でそれよりは柔らかい平壌の麺、そば粉だけで作られ日本そばに近い春川(チュンチョン)の麺とあるというし)、こういう冷麺もあるといえばあるのだろう。
 韓国料理といえば、まずプルコギ(焼き肉)、キムチというのが、日本人の持っているイメージだけど、韓国では「粉食家(プンシクチプ)」というウドン(韓国ではククスという。)や餃子といった小麦粉を材料とした料理を出す店が庶民に親しまれているとか。ラーメンもあるにはあるが、こういうところではまずインスタントで、生麺は中華料理屋の領分なのだそうである。日本に「粉食家」があるのかどうかはしらないが、見つけたら通いつめてしまいそうだ>σ(^_^;)。
 だって、しょうがないじゃない「めんくい」なんだもん。

2004/08/05

新しい国歌は五輪に間に合うか?

五輪目前、セルビア・モンテネグロが新国歌制定急ぐ
 ユーゴスラビア連邦改めセルビア・モンテネグロが五輪に向けて新しい国歌制定におおわらわだそうである。
 というのも、今の旧ユーゴスラビア時代からの国歌「スラブ人よ」は、セルビア人がクロアチアなどで犯した民族純化の罪などを思わせるとかいうことで、選手団にも評判が悪いからだそうだ。
 新しい国歌は、セルビアの伝統歌曲にモンテネグロで新国歌として制定された歌をつなぎ合わせる形となるという。かつてのチェコスロバキアの国歌みたいな感じだな、うん。
 どういう感じの国歌になるんだろうかなぁ?

2004/08/04

どうしてこんなに眠いのか...

 どういうわけか今日は眠気に襲われっぱなしで...
 前夜そんなに夜更かしをしたという記憶もないのだが...
 なんでだろう?

2004/08/03

競技場の中心で何か叫ぶ

 雄叫び競争なんてどうでしょう? 競技場の中心に陣取って声を限りに叫ぶのです。「ウォ~」でも「イェー」でも「よっしゃ~」でも「ナンセ~ンス」でも「ウラー」でも「ジーク」でも「マンセー」でも「ドナ・ノビス・パーチェム」でもかまいません。
 もちろん、一番大きな声の人が勝ち。
 なんか世界中の下品な言葉とかが飛び交いそうだけど、ま、余興みたいな感じで...
 そんなものが競技に入るのが許されると思っているのかって? だめですか、やっぱり...ρ(..;)

2004/08/02

「こうさぎ」初投稿

 こうさぎを設置してから、1週間。やっとこうさぎが初投稿した。
 言っていることはまだなんだかよくわからんが、そのうちどんどん賢くなっていくだろう。
 ほんまかいな?

「こうさぎ」の背景(こうさぎ)

きょうはここにblogされた!
きょうpyokotanがblogするはずだったみたい。
きょうは、ここでblogしなかったー。
きのうpyokotanが、ここにblogするつもりだった?


*このエントリは、こうさぎの「pyokotan」が書きました。

2004/08/01

ノートPCの冷却

 毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
 あ、人はどうでもよくて(よくない!!)、PCの方です。
 気温があがるに伴って、熱でPCの調子が悪くなった、などとおっしゃる方々も少なくないと思います。特に今年は、甲府で40度をこえるは、東京でも40度近くまで気温が上がるは、と異常に暑い日があったりしましたから。東京では終日30度を切らなかった日があったとかなかったとかいう話もありましたな。
 というわけで、我が家のPCにも夏ばてになっているものがいます。そう、「百式」ことLibretto 100。こいつがここ最近ウイルスチェックの真っ最中にハングしまくるんですね。熱でこうなるというのは、ハングした状態のときにキーボードに触れるとかなり熱をもっていることでわかります。春や秋や冬にはこうなりませんから。
 ここでデスクトップとかタワー型なら、ファンを交換してもっと冷却効果をあげたりするのでしょうけど、困ったことにLibretto 100はミニノートですから、本体にファンを内蔵する余裕などありません。通風口もあける余裕がございません。仕方がないので、ヒートパイプを使って本体(特にキーボード)に熱を逃がすという策をとっています。それで間に合わなければクロックを落とし、挙句の果てには強制終了という荒業を使います。
 さて、冷却効果を上げるにはどうしたらよいか。本体にむりやりファンを内蔵する、という手もありますが、これをやってしまうのは荒業中の荒業になってしまいます。ええ、早い話が壊すと紙一重。誰でもできるものではございません。次に考えられるのは、外付けのファンをつけるという手でございます。昔、PCカードスロットに差し込んで風を送る、というファンがありまして、それを利用して冷却しようと買ってきたこともございました。
 ところが...
 このファンは熱風を吸い出すのではなく、冷風を送り込むタイプだったのでございます。
 すでにファンを内蔵しているPCであれば、熱風を吸出し、冷風を送り込むの相乗効果が認められたことでございましょう。
 しかし、先述の通り、Libretto 100には、ファンは内蔵されていない。通風口もない。そんなPCに風を送り込んだらどうなるか。そうです。熱風の逃げ道がない。かえって中の温度は上昇してしまうのでありました。というわけで、こいつもあえなくお蔵入り。
 で、今はどうしているかというと、底に冷却用シートを敷き、こいつが稼動している間はクーラーをギンギンにかける、という方法でしのいでおりまする。まるで、サーバールームでございます、これでは。
 これではたまらんというので、ノート用の冷却装置を買いに池袋まで行ったのでございますが、だめですね。ファン付きの台とか、冷却用シートとか、アルミの台とか、外側から熱を取っていこうとするものばかり。内側から何とかしようなどというものは今はまるで見かけません。
 外側より冷やすより、中の熱を抜いたほうがよほど効率はよいと思うのですがねぇ...何でこういうものが廃れてしまったのでございましょう。嘆かわしい限りでございます。
 いつまでもこんなマシンを使い続けているほうがどうかしているのでございましょうか?

キリ番ゲッターは誰だろう?

 今朝、初めてアクセスしたときに、カウンターは「64002」となっていた。
 当然、誰かが「64000」ゲットしているのだが、誰も言ってこないんだよなぁ...
 ここのカウンターはキリ番をGETするといろいろうるさいんで、文句を言ってくる人もいそうに思うのだが、そういうんでない人が踏んだんだろうか?

「こうさぎ」の背景

 デフォルトのグレー画面ではあまりに殺風景だからと、Front Page こうさぎWikiからひまわりの画像を落としてきたはずが...ちっとも背景が変わらないので悪戦苦闘。
 調べてみたら、ちゃんとJPEG画像で落ちていないのが原因だった。特に、Netscape。きちんと、ファイルの種類を見極めて落としなさいよ。TEXTファイルと認識する、というのはいくらなんでもお粗末でないかい?
 いまはちゃんとひまわりの画像になっているけど、それにしてもまぁ...

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ