Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« Blogのタイトルを変更しました | トップページ | 迎撃OFF »

2004/05/22

今改めて問う、「アジア」って?

 アジアという言葉はどこから来ているかご存知だろうか?
 実はアッシリア語の「アス」(「東」とか「日出る国」という意味)から来ているそうである。
 もともとは今のトルコ共和国のアジア部分のアナトリア半島あたりを指す言葉だったが、時代とともに範囲はより東へと拡張され今はユーラシア大陸の中部・東部およびそれに付属する島々を含めてアジアといっている。「元祖」アジアのアナトリアは「小アジア」と特別な名で呼ばれてもいる。
 と何でこういう話を持ち出すのかって? ここ最近、CDショップのワールドミュージックのコーナーにあるアジアンポップスとかアジアン料理とかいうカテゴリに異議があるからだ。
 中国、韓国、台湾、東南アジアだけがアジアか? アジアはそんなに狭くない。まあ、確かに中国の大地は広いけど...
 アジアはアナトリアから日本、シベリア(シベリアの最東部は日本よりさらに東にある)まで延々と続くのだ。アジアといってしまったら、東アジア、東南アジアはもちろん、シベリア、中央アジア(カザフスタンとかウズベキスタンとか「スタン」の付く国々ね)、インド亜大陸、中東まで含めてはじめてアジアである。アジアは多様なのだ。そのごく一部だけを切り取って軽々しく「アジアンなんとか」なんていわないでほしい。
 日本も一応はアジアだけど、それはアジアの概念が東へ東へと拡張されたから、アジアに加えてもらったようなものである。中国や韓国、台湾、東南アジアもしかり。
 もっと「アジア」という言葉にはみんな敏感になってほしい。

« Blogのタイトルを変更しました | トップページ | 迎撃OFF »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今改めて問う、「アジア」って?:

» アジアとヨーロッパ [閉まるドア ]
「アジア」って言葉は「ヨーロッパ」と同じかそれ以上に定義するのが難しい言葉ですね。 人種的にくくると「モンゴリアン人種」のいるところが「アジア」 印欧語をしゃべ... [続きを読む]

« Blogのタイトルを変更しました | トップページ | 迎撃OFF »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ