Pitta!

Blogのおるすばん

ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

  • ネット通販:アスマル 明日のeマルシェ

Macromill


  • マクロミルへ登録

Lenovo Japan

  • ThinkPad L Series

サントリー森と水のクイズ2011

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ALBAMIM

  • コロスキンラッピング都バス
     ケータイ内蔵カメラとかデジカメで撮った画像の一覧。

PageRanker

らくごカフェ

Twitter

Google AdSense



Firefox

尼尊


Buzzurl

  • powered by Buzzurl

Javari

  • Javari

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月の23件の記事

2004/04/30

えっ、ベリーダンス?

 おととい、阿佐ヶ谷のトルコ料理店「イズミル」で会食があった。とは言ってもいつもの「ドネルML」主催ではなく、別のところが主催だったが。
 で、どういう趣向かと言うと、ベリーダンサーを呼び、特別料理を出して、という感じだった。
 踊り子さんは日本人だった(本場の人じゃなくて残念? いや、本場の人だと中にはすげぇごっつい感じの人もいるんだよ、渋谷のCDショップで見かけたCDのレーベルに載ってた人は、実は女装した男性なんじゃないかという感じだった)けど、きれいな人で安心した。
 で、どうだったかって? 見ている分には目の保養にはなったよ。でも、ベリーダンスってそれだけじゃすまないんだよね、実は。踊り子さんから声がかかったら一緒に踊らなければいけないとか言うルールがあるんだよね、嫌なら断ってもいいんだけど、
 「それじゃつまらないよ」
とベリーダンスを知る人はたいていそう言う。
 「んな、堅苦しく考えなくてもいいんだよ。適当にあわせて踊っておけば」
とも。
 しかし、私的にはあそこでは「そうは言ってもなぁ...」だった。本場のトルコ人もいて、彼らにゃかなわないと思っていたし、あと会場が明るすぎたし...ああいうのは周りが暗い(もちろん、闇夜じゃ困る)方が雰囲気も出るし...明るいところで踊ったほうがいいのはフォークダンスくらいなもんさ。あ、そういうとキャンプファイアの立場がないね...(^_^;)
 とは言いつつ、私も結局はやりましたよ、学生時代とか社会人になりたての頃は同期の友人たちとつるんでディスコに行ったことくらいはあるから。ちょっと気合を入れすぎて(謎)、めがねを壊してしまったけど...その前には風にあおられて傘の骨を2本折ったから、まぁ、この日はよく物を壊した日だった。人格? 大丈夫だと思う、たぶん、きっと、おそらく...
 後で冷やかされたこと冷や汗三斗物であった。幸せ者とまで言われたな。確かに舞台に近いところにはいたから。踊り子さんの投げたベールがもろにかぶさってきたし。でも、かぶされた本人としては喜ぶどころか、
 「な、なんだなんだ、いきなり」
って感じだったんだよ、ほんとに。
 で、「これで懲りたのか」と問われれば、実は密かに「リベンジ」を考えていたりする(あれ?)。
 ちゃんとしたところで、「心の準備」もきちんとしてね...

2004/04/28

またデザインを変えたよん

 今度は山手線だったりする。どこがどう山手線なのかと言うと、黄緑基調だからと言うことらしい。そのうち中央線とか京浜東北線とか常磐線とか出るかなぁ?

2004/04/25

新着記事一覧

 ココログのトップページに新着記事一覧が出るけど、書き込むタイミングが悪いのかどうか、ここに名前が出たことがあまりないような気がする。
 まだかなまだかなと思っていると、押し出されちゃって「もっと新着記事を見る」のところに押し出されていたりして...
 コメントやトラックバックが少ないのはそのせいかなぁ?
 えっ? 内容がないからだって? それは言わない約束では?
 そんなの記憶にない? あうう、いぢめですか? それ...

さて次に買う携帯は...

 私の使っている携帯はDoCoMoのD503iS。使い出してからかれこれ2年半、今の50xシリーズは505iSが最新だからはや2世代前の機種になってしまった。
 さて、いまどきの携帯はカメラ内蔵と言うのが当たり前になっているようだが、このD503iSにはそのようなものはない。ま、携帯電話としての機能は私には必要にして十分だから、携帯電話としてはまだ現役で使いたいところだが、最近のカメラ付携帯の全盛振りを見ていると、「機種変更しようなぁ...」という気持ちが頭をもたげつつあるのは否定できない。
これには2つの理由がある。
 (1)もっと軽いデジカメがほしい
 家にはOLYMPUSのデジカメが2台ある。
 1台はC-800Lで今から7~8年位前に買った機種。モデル末期だったためか81万画素なのに、他の35万画素並の値段で売っていたので思わず飛びついたが、画像は内蔵メモリに記録するのでRS-232Cケーブルがないとパソコンにとりこむことができないは(しかも別売り)、ファインダーと撮影レンズが別々になっているので、一眼レフに慣れた(カメラは中学からずっとOLYMPUS OM-1と言う一眼レフを使っていた)私には思ったような構図で撮影できないは、と言う不満があった。デジカメを買おうと決めたときには、もう銀塩フィルムを使用するカメラには決別しようと言うくらいの気持ちでいたのに、この機種では銀塩フィルムのカメラと併用もやむを得ないかと言う感じになってしまっていた。
 もう1台が同じOLYMPUSのC-2500L。こちらは待望の一眼レフタイプ。 また、画像はスマートメディアまたはコンパクトフラッシュに記録するようになっているので、パソコンへのデータの取り込みは格段に楽になったし、使い慣れた一眼レフタイプなので、構図もほぼ思い通りに取れるようになったのはいいがいかんせん大きくて重い、という問題が出てきた。
 このため、デジカメを持って歩くことが少々難儀に思えてくることもある。しかもこういう時に限って、手ごろな被写体を見つけたりするから始末が悪い。もっと気軽に持ち歩けるデジカメがないものかと思っていたのである。それなら、コンパクトタイプのデジカメを買えばいいじゃないか、って? 確かにそのとおり。でも、次に述べる理由でコンパクトタイプのデジカメを買うのは「待てよ」と言う気持ちになったのだ。
 (2)カメラチェック対策?
 コンサートに足を運んだことがある方なら、ご存知だろう。会場に入るための「儀式」として、カメラチェックと言うのがあることを。要は肖像権とかの問題なんだろうけど、たとえ会場内で撮影する意思はなかったとしても、入口でカメラは預かられる。もちろん、出るときには返してくれるが、この時きちんと受け取れるかどうかは定かではない。係りの人が間違えて返す可能性もあるし、当の本人が「うっかり」受け取り損ねる可能性だってある。
 しかし、カメラ付携帯ならこれをすり抜けることは十分可能である。なぜなら、「これは携帯電話です。」という言い訳が堂々とまかり通るから。実際、昨年の南こうせつの日比谷野音でのコンサートでは、カメラ付携帯でさかんに撮影している人たちが少なからずいたから。ざっと見回しただけで、数十人はいた。ここだけじゃあるまい、他のコンサートでもそうだろう、と思う。それどころか、「会場内では電源を切ってください(言い換えれば『通話禁止』)」とスタッフが何度言おうと、そんなものは平然と無視して電話をかけたり受けたり、しかもかかってくるときには派手な着メロを鳴らして何とも思わない人たちだって少なくない。
 もちろん、こういうことをする人たちの行動を肯定する気はないし、カメラチェックの意味を否定する気もない。しかし、今のカメラチェックは形骸化しているということだけは声を大にして指摘したい。
 おっと、論点がずれてしまったか...

 携帯に内蔵されているカメラの性能がなんぼのもんかは私もよくは知らない。でも、スナップ写真を撮ったり、HPに画像をあげたりするのには必要にして十分位はあるだろうとは思う。実際のところはどうなんだろうな?

2004/04/24

本日のお買い物

 かなり今日はでかい金額の買い物をした。
 一つはメガネ。4/13の検診で今のメガネでは0.5までしか視力が出ないことがわかったから。もう一つはポータブルDVDプレーヤー。家のパソコンでもDVDの再生はできなくもないけど(家のThinkPadはDVD-ROM対応なのだ)、何しろ重いから少しでも軽いものがほしかったから。
 で、出費はメガネは6万1千円強、DVDプレーヤーは4万強。あわせて10万円強の出費である。さすがにメガネはカード2回払いに、DVDプレーヤーもデビットにし、ポイントカードのポイントも全部使い切った。
 まあ、メガネは致し方ないとして、DVDプレーヤーはちと早まったかな? トルコのビデオクリップ入りCDはビデオの部分がなぜか再生できない。まあ、これをパソコンで再生しようとすると、今度はオートランではビデオしか見ることができないし、NilのNil FMというCDは音楽そのものがどういうわけか再生できない。ま、それぞれ使い分ければいいか、とそう自分を納得させるしかないかなぁ?

2004/04/23

どうも...

 買った当初は何を買っても成功したと思うものである。しかし、時間がたつと
 「何でこんなもの買っちまったんだ?>イ奄」
となってしまうことが案外多いもんだ。
 特に切実にそれを感じるのがパソコン関連で、
Libretto 100は「あの大きさでPCカードスロットが2つある(今はA4サイズのノートと言えども、1つしかないものが多いのだよ)」
と言う点にひかれて買ったのに、画面が横長(800×480)なのが気に入らないとか、メモリが最大64MBまでしか増設できない(そのために、Netscape 6や7の導入はあきらめたのだ)とか、気がつくとあら捜しを始めてしまうのだ。今は親父が使っているDynaBook 2550Xも色が65536色までしか出せないとか(1024×768の場合)、OSの上書きインストールがCD-ROMからできないとか...
 母艦のThinkPad R31はあれだけの図体を持ちながら、なぜPCカードが1枚しか使えないのだとか...
 極めつけは今メインで使っているCASIOのMPC-206。買ってから2年のうちにマザーボードが3回入れ替わるは、100MbpsのNICがオンボードである割にはネットワークのレスポンスはよくないは、修理に出せば出したで、言ったところはちゃんと直すけど、新たなトラブルの種を仕込まれるは、私のメガネにかなう代替可能なマシンが他にあったら、さっさと見切って乗り換えてやろうかと思うくらいのできなのだ。とか何とか言いながらも、未だにメインの座を譲らないのはこちらが惚れた弱みか...
 ああ、どこかに重さ1kg台で、PCカードスロットが片方CFでもいいから、2つあって、画面の縦横比が3:4で、海外に持ち出しても保障の効くノートPCはないだろうか? FDDは外付けでもかまわないが、光学ドライブは内蔵してくれたほうがありがたい。
 これって、わがまま?

2004/04/19

パウエルさんの言葉

 パウエルさんは湾岸戦争時の司令官でしたよね。
 それゆえに、戦争の醜さやおろかさを理屈ではなく肌身で知っている部分があるからそういえるのだと思います。
 ブッシュ政権の最後の良心として政権の暴走に歯止めをかけてほしいと思います。

2004/04/18

にがり

 ここ最近にがりがブームだと言う。肌がつるつるになったとか、通じがよくなったとかいろいろ効能があるらしい。
 実は私、皮膚が極めて乾燥しやすく、空気が乾燥する冬場には腕や足の痒みに長年悩まされてきた。で、ある日「週刊モーニング」を読んでいたら、この雑誌に「蕗のお便り」を連載している菅原雅雪氏も同じような悩みを抱えていてにがり水で直したとか。
 というわけで、私もかかりつけの調剤薬局で170ml400円のにがり水を買って飲んでみた。陽気の説明書きにあるように200ccの水に5ccのにがり水を混ぜて。
 「にがり」と言うくらいだから、さぞかし...と思ったら、案外飲みやすかった。豆腐から豆を取り去ったような味と言う感じで。まあ、にがりは豆腐の凝固剤に使われているからそれは当たり前か。もっとも、最近の豆腐は澄まし粉(硫酸カルシウム)を凝固剤に使うことが多いらしいけどね。充填絹ごし豆腐だとグルコノデルタラクトンというのを使うそうだけど。
 このにがり水の瓶を空けたとき、私の体はどうなっているんだろうか?

2004/04/14

めちゃ重くないか?>Windows Update

 昼休みにケータイに届くメルマガを見ていたら、WindowsとOutlook Expressに重大な欠陥が見つかったとのこと。
 早速会社で使用しているPCでWindows Updateサイトに接続してみると、「重要な更新とサービスパック」に5種類の修正モジュールがあがっていたので、適用したが時間帯が時間帯だったせいか、2種類しか適用できなかった。その後、なんどかやり直してみたがWindows Updateサイトからのレスポンスが思い切りよくないので会社のはこれで断念。翌日以降にまわすこととした。
 さて、帰宅してから自宅のPCにもこの修正をあてたがこちらもWindows Updateサイトの反応が鈍い。何度か無応答になるは、ダウンロードの途中で力尽きるは散々だった。普通なら、10分もあれば終わるパッチ修正に1時間近くかかったものなぁ。
 みなさんのところはどうだっただろう? やっぱりこんな感じだった?
 
 
 

2004/04/13

歯医者と眼医者

 今日人間ドックを受診していて思ったのですが...
 歯医者と眼医者ではどちらに行くほうが嫌ですか?
 私は歯医者より眼医者に行くほうが嫌です。目をいじられるのってとっても嫌なんですよ。歯より目のほうが脳味噌に近いからなんでしょうかね?歯は削られようが抜かれようが割と平気なんですが...でも、麻酔なしで抜かれるのは嫌だな...
 こんなんですから、目に水が入るのが嫌だと長らく泳げませんでしたし(それでも小学生のうちには泳げるようにはなりましたが)、目薬を点そうとすると容器で目を突き破りそうな気がするして、こぼしてしまいます。コンタクトレンズなんてとてもとても...一度試しに装着したことがありますが、15「秒」で根をあげました。15「分」ではありません。15「秒」です。以後二度と装着したことはありません。
  皆様のご意見をお待ちしております。では...
 

希望的観測としては

 横浜ベイスターズファンとしてはベイスターズに優勝してもらいたいというのが本音。あの大魔神佐々木も戻って来たし。
 しかし、ベイスターズファンは謙虚に「今年は最下位にはならないようにしようね」というのがお約束だろう。こないだの阪神3連戦は3タテ食らわせたけど、だから「今年は優勝」などと気の早いことを言ってはいけない。「ま、こういうこともあるんだよ」といっておくのが清く正しきベイスターズファンかもしれない。
 と前置きはこれくらいとして、順位予想。
 セ・リーグ
 1位:中日
 2位:阪神
 3位:巨人
 4位:横浜
 5位:ヤクルト
 6位:広島

 パ・リーグ
 1位:西武
 2位:ダイエー
 3位:日本ハム
 4位:近鉄
 5位:ロッテ
 6位:オリックス

かなぁ?
 根拠ですか? 特にないです、はい。

デザインなどを変えてみたりする

 ベージュから紺系に変えてみたんだけど、どうかしらん?

2004/04/12

逆三タテ食らわなくてよかった

 去年のセリーグ優勝チーム、阪神に三タテをくらわせたわれらがベイスターズ、その勢いはどこへいったんだとばかり、今度は広島に2連敗。あわや逆三タテかい、と思ったら、今日の試合は5-2で広島を下した。
 確かこれで貯金1だったかな? 優勝せいとは言わんから、今年は最下位だけにはなるなよ>ベイ。

村山温泉

 東京都下武蔵村山市に村山温泉(厳密には泉温が低いので温泉とは言えないが)がある。山形県ではないので念のため。
 ここの別名がかたくりの湯。なぜこういうかというと、近所の野山北公園にカタクリの自生地があるかららしい。カタクリと聞くとじっとしていられない私は早速野山北公園まで行ってきた。
 ここは丘陵地なので、私がよく行く練馬区の清水山・稲荷山よりは標高は高いはず。ゆえに花のピークは遅いだろうと思っていたが、花のピークは先週末だったとの事。おいおい、これじゃあ清水山・稲荷山といっしょじゃないか。
 そういう意味では残念ではあったが、ここの自生地は斜面を下から見上げる形になるので、花を見下ろす感じになる清水山や稲荷山に比べてカタクリの花の内部は撮りやすそうである。カタクリの花は下向きに咲くから、花の中を撮るのは一苦労させられるのだ。
 ま、ミズバショウとかが見れたことだし良しとするか。来年のシーズンはここもチェックしに行こう。

2004/04/11

野の花を追いかけて

 元「鉄」で今はバスファンの私としては、バスの追っかけと言いたいところである。
 もちろん、それはそれでやるつもりだが、最近凝っているのは花である。といっても育てるのではなく、見るだけ撮るだけだけど(苦笑)。
 今年も南房総まで菜の花を、練馬の清水山、稲荷山までカタクリを、浮間公園まで桜草を見に行った、ま、浮間の桜草はかつては自生していたものが全滅して、今は栽培しているものだけど。そういえば、練馬の光が丘に今や貴重なカントウタンポポ(今都会で見るタンポポはほとんどセイヨウタンポポである)が残っていると言うので、これも見に行かざるを得まい。
 それはそうと最近感動したのはカタバミの花。いわゆる雑草として顧みられることの少ない草だが、これが黄色のなかなか立派な花をつけるのだ。家の近所の板橋区立平和公園で見かけたのだが、思わず足をとめ、写真を撮ってしまったくらいだった。
 栽培されている花は人の好みに合わせて鮮やかな色で、立派な花で、と手を加えられている。確かに見事だ。でも、野の花も地味だけど(実は清水山で雑草のように見えた花が実は日本在来のスミレだったとは知らなかったのだ。花壇の花ばかり眺めていると、わからないものだねぇ)精一杯生きているのだ。そうなると野の花もいとおしい。
 野の花をいとおしむ心、これだけはなくしたくないなぁ。
 天気のよい日はカメラを抱えて、さぁ、どこの花に会いに行こうか?
 

久々に

 飲んで「回生」してしまった。
 トルコ料理愛好者の集まりのお食事会で「ラク」(ウイスキーより強いので一般人は水で割って飲む。逸般人はロックとかストレートで飲む)をがぶ飲みしたのがたたったらしい。今朝もそれが尾を引いているようだ。完全に「回生」していなかったようだし。
 そいやあの時は一本もタバコを吸っていなかったような。あれがいい小休止になっていたんだな、自分的には。
 つか、飲みすぎないのが一番? そのとおりかも。

2004/04/09

旅のお供にパソコン

 はじめまして。
 私も「旅のお供にパソコン」派です。
 出張で、ということはほとんどないですが、プライベートな旅行では列車の時刻を調べたり、地図を見たり、そうそう暇つぶしのゲームなんかも。
 逆にインターネット接続はあまりやりません。PHSはつけっぱなしですが(もはや内蔵に近い)、月額固定の契約ではないので。
 月額固定にしたいところではあるけど、結構いいお値段になるんですよね。また、そのためにPHSも買い替え(今はP-in m@sterを使っています)になるのもねぇ...
 ではでは...

バックオーライ

 とりあえずテストぢゃ、うりゃ...

2004/04/08

邦人3人が人質に

 今流れているイラクの武装組織に男性2人、女性1人の邦人3人が人質にとられたと、カタールの放送局「アル・ジャジーラ」にビデオが送られてきたとか。犯人は「自衛隊が3日以内にイラクから撤退しなければ人質を殺す」とかいっているらしい。
 犯人はおそらくイスラム過激派なんだろうけど、こんなことをすることでどんな益があると思っているのだろう?
 「アメリカのポチは出て行け」ってことなんだろうか?

2004/04/07

トルコ語版「ルージュ」への道

 ルージュの海外カバーバージョンはフェイ・ウォンの中国語カバーを思い浮かべる人が多いだろう。
 それはそれで正解なのだが、トルコ語カバーと言うのも存在するのはご存知だろうか?「アジアンテイスト的中島みゆき」というアルバムをお持ちの方なら、そういうことが解説に書いてあったなぁ、と思い出されるかもしれないが。
 そのトルコ語版カバーの収録されている、Yonca Evcimik(ヨンジャ・エヴジミキ)のアルバムを渋谷のワールドミュージック専門のCDショップにオーダーをかけてはや1月たつが、まだ何の音沙汰もない。
 その店に行くたびに店員に訊くのだが、いつも申し訳なさそうな顔をされるだけだ。最初は1994年に出た方をオーダーしたのだが、さすがに10年も前だと難しいかなと思い(トルコだと、ヒット曲のサイクルは日本と違って結構長いから、そう簡単に廃盤にはならないと言う話だが)、2002年に出たベスト盤の方も保険にかけたのだが...
 やはり気長に待つしかない?

2004/04/05

Turkey2003

 トルコの食品や雑貨の通販サイトです。
 もちろんトルコのサッカーチーム関連商品やCDなどもあります。
 トルコ語の辞書は日本の半分の値段で入手可能です。
 Webに掲載していないものでも可能な限り探してくれますから、トルコの物品に興味のある人には心強いかも。
 URLは、http://www.turkey2003.com/です。

2004/04/04

NiMHとLi-IONの間

 うちの「母艦」ThinkPad R31のNi-MH(ニッケル水素)バッテリーがすっかりへたってしまった。何しろ満充電状態から、一気に充電が必要なレベルまで下がってしまうくらいで。バッテリーリフレッシュも何度かやっては見たが、改善はしないので思い切って交換することにした。
 Ni-MHは交換用で売っていないので、購入したのはLi-ION(リチウムイオン)バッテリー。驚いたことに、今まで表示されなかったバッテリーの詳細情報が表示されるではないか。充電電圧、電流、電力、今までのNi-MHではまず出てこなかった項目である。
 これならもっと早くにバッテリーを交換しておけばよかったかなぁ?

2004/04/02

今度はYahoo Groupで

 配信エラーが出たとかいうことで、配信を一時停止されてしまった。
 通知を受け次第すぐに対処したので、配信は再開されたけど、配信停止になっていたときのメールがWebでしか見れないのがつらいところ。
 他のMLだとコマンドメールで歯抜けの部分を補うとかできるんだけどね...

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

TrackFeed

  • track feed

Blog鑑定書

  • ブログパーツ

サッポロビールほし日記

Blogram

  • blogram投票ボタン

Edita

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

似顔絵イラストメーカー

GEORGIA 男の懺悔室

Chance It!

Blog妖精 ココロ

  • Blog妖精 ココロ

Pingoo!

  • Pingoo!新着記事一覧
    currentBlogList

My Websites

落語国から

無料ブログはココログ